桐生が岡公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
桐生が岡公園
桐生が岡公園 遊園地全景.JPG
桐生が岡公園の位置(群馬県内)
桐生が岡公園
分類 都市公園(総合公園)
所在地
群馬県桐生市宮本町二、三、四丁目、西久方町二丁目
座標 北緯36度25分25.4秒 東経139度20分27.6秒 / 北緯36.423722度 東経139.341000度 / 36.423722; 139.341000座標: 北緯36度25分25.4秒 東経139度20分27.6秒 / 北緯36.423722度 東経139.341000度 / 36.423722; 139.341000
面積 10.80ha
運営者 桐生市(桐生が岡遊園地は、指定管理者の公益財団法人桐生市スポーツ文化事業団[1]
公式サイト 桐生が岡動物園 桐生が岡遊園地
噴水と観覧車

桐生が岡公園(きりゅうがおかこうえん)は、群馬県桐生市宮本町西久方町に位置している桐生市立の都市公園(総合公園)である[2]

公園は、桐生市が直営で管理する動物園指定管理者の財団法人桐生市スポーツ文化事業団が管理する遊園地からなっており、の名所として知られる。市民からは「岡公園」と略称されることが多い。

概要[編集]

桐生市中心部にある丘陵地に位置する。展望台や観覧車からは市内を一望できる。公園の名称は西安楽土から下久方にかけての丘陵地一帯を桐生が岡と呼んだことに由来する。

動物園は1952年(昭和27年)に、全国に先駆け野生動物救護の取り組みを始めた事から、桐生が岡動物園が日本最初の鳥獣保護センターとされている。

歴史[編集]

  • 1916年大正5年) - 桐生町営公園として開園。
  • 1952年昭和27年) - 野生動物救護の取り組みを開始。
  • 1953年(昭和28年) - 桐生が岡動物園が開園。
  • 1971年(昭和46年) - 桐生が岡遊園地が開園。
  • 2007年平成19年) - テレビドラマ『未来遊園地』『未来遊園地II』の撮影にロケ地として動物園を除く園内が使用された。この際「番組スポンサーが遊園地内の一部施設の改装費用も出資する」という試みがなされた撮影だったため、実際に改修された。また、ドラマ放映後、ストーリー内で行われたイベントを再現する形で、花火や祭りが行われた。
  • 2009年(平成21年) - テレビドラマ『鉄道捜査官スペシャル』の撮影に使われる。
  • 2014年(平成26年) - テレビドラマ『セーラーゾンビ』(テレビ東京系)の撮影に使われる。
  • 2017年(平成29年)4月4日 - アジアゾウのイズミが国内最年長(推定年齢61歳11カ月)で亡くなる[3]
  • 2018年(平成30年) - テレビドラマ『探偵が早すぎる』(日本テレビ系)の撮影に使われる。

桐生が岡動物園[編集]

動物園施設・動物一覧[編集]

過去展示していた動物[編集]

アジアゾウワラビーチャップマンシマウマニホンイノシシニホンツキノワグマカワウソアライグマハクビシンニホンアナグマホンドギツネキジバトオナガキジアローカナウコッケイマガモアメリカオシコクチョウオオハクチョウバリケンガチョウウミウノスリグリーンイグアナノドジロオオトカゲキバラガメミシシッピアカミミガメギリシャリクガメツチガエルなども飼育されていた。

桐生が岡遊園地[編集]

遊園地施設[編集]

かつて存在した施設[編集]

  • アストロジェット
  • 銀河鉄道
  • コーヒーカップ
  • スイマー
  • チェンタワー
  • トラバンド

交通[編集]

鉄道[編集]

自動車[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桐生市指定管理者制度について 桐生市役所 2016年(平成28年)4月6日更新、同年7月10日閲覧。
  2. ^ 都市公園一覧 桐生市役所 平成28年6月24日更新、同年7月10日閲覧。
  3. ^ “「新たなゾウ 難しい制約」 イズミの死で桐生市長”. 上毛新聞. (2017年4月18日). http://www.jomo-news.co.jp/ns/6814924420652792/news.html 2017年4月22日閲覧。 
  4. ^ 桐生が岡動物園について 桐生市役所 平成28年7月1日更新、同年7月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]