カワウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カワウ
Cormorant (Phalacrocorax carbo) (14).JPG
カワウ Phalacrocorax carbo
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カツオドリ目 Suliformes
: ウ科 Phalacrocoracidae
: ウ属 Phalacrocorax
: カワウ P. carbo
学名
Phalacrocorax carbo
Linnaeus, 1758
和名
カワウ
英名
Great Cormorant
亜種
  • P. c. carbo
  • P. c. sinensis
  • P. c. hanedae カワウ[2]
  • P. c. maroccanus
  • P. c. lucidus
  • P. c. novaehollandiae

カワウ河鵜、川鵜、学名: Phalacrocorax carbo)は、カツオドリ目(以前はペリカン目に分類された[3]Sibley分類ではコウノトリ目に属する)ウ科に分類される鳥類の一種。名前の由来は文字通り「河(川)」に生息する「鵜」である。ただし、河川のみならず、河口付近や湖沼、浅海域でも普通に見ることができる。

分布[編集]

アフリカ大陸ユーラシア大陸オーストラリア大陸ニュージーランド北アメリカ大陸東部沿岸、グリーンランドの一部など広い範囲に分布する[4]

日本では主として本州、四国、九州に繁殖地があり、留鳥(または漂鳥[5])として生息する[2]。本州北部では夏鳥として繁殖し、青森県の下北半島に位置する六ヶ所湖沼群が繁殖の北限とされていたが[6]、2001年(平成13年)には北海道でも繁殖が確認された[7][8]。北海道には夏鳥(3月中旬-11月上旬)として飛来するほか[9]、冬鳥として九州、対馬伊豆諸島小笠原諸島聟島父島母島)、奄美群島琉球諸島(沖縄島、久米島、伊是名島、渡嘉敷島、宮古島、石垣島、西表島、与那国島、波照間島)、大東諸島北大東島南大東島)が知られている[2]

分布と個体数の変動[編集]

日本においては、1920年代以前には本州、四国、九州に広く生息していたが、1970年代には3000羽以下まで減少し、1971年(昭和46年)の繁殖地は、愛知県鵜の山、東京都不忍池、大分県大黒島の3か所のみとなった[10]。1980年代[11]初頭の繁殖地は下北半島(青森県)、上野公園の不忍池(東京都)、知多半島(愛知県)、南伊勢町五ヶ所浦(三重県)、 沖黒島(大分県)などであった[12]。その後、1980年代には2万-2万5000羽、2000年(平成12年)末には5万-6万羽までに増加した[10]。公害規制による河川水質の向上で餌となる魚が増え、1990年代以降[4]、その数は飛躍的に増加した。現在6万羽以上に増えたと推測される。

亜種[編集]

カワウ(オーストラリア)
繁殖羽(インド)

形態[編集]

全長約82cm[12] (80-101cm[14])、翼開長約135cm[12] (130-160cm[14])。体重1.81-2.81kg[15]。嘴峰長5.9-6.9cm、跗蹠長5.7-6.0cm、尾長15.1-16.1cm[12]。大形で全身がほとんど黒色のウ類であり、大きさ、色ともウミウに似るが、背や翼には褐色みがあり、くちばしの基部の黄色い口角部分には丸みがある。ウ類の特徴としてくちばしの先はかぎ状で、足は全蹼の水かきを持つ[5]。雌雄同色で、全体に黒い羽色だが、繁殖期には婚姻色(繁殖羽)として頭部が白くなり、腰の両側に白斑が出る。若鳥は全体に淡褐色で、胸などの下面が淡くて白っぽい個体もいる。

日本の亜種カワウ P. c. handae は最も小形で、ウミウよりもやや小さい[4]

生態[編集]

繁殖地のカワウ
藤前干潟に留まるカワウの群れ

主に河川部や湖沼などに生息し、近年は個体数が増加した影響からか海上でも見られる。本種の主なエサであるコイなどが、人の手による無計画な放流により上流域にも生息するようになったので、本種もまた山間部など上流域に進出している。

V字飛行

カワウは群れで溜まる場所をいくつか持っており、ここで休息と睡眠をとる。夜明けには採餌のために隊列を成して餌場に向かい、夕方になると再び群れでねぐらに戻る。群れでの飛翔時には、V字形に編隊を組んで高く飛ぶことが多い。1日の移動距離は10-20kmとされる[16]

巣(オーストラリア)

このねぐらの内からコロニーを水辺に形成し、繁殖を行う。この群れは数十羽から数千羽にまで及ぶこともある。季節を問わず冬でも繁殖できるが、営巣活動は春先と秋に特に活発である。一夫一妻で、枯れ枝などを利用して樹上や鉄塔などに皿形の巣を作る。淡青色で無斑の卵を通常3-4個(1-6個[17])産み、雌雄交代で抱卵する[12]。卵の大きさは長径5.7-6.7cm、短径3.7-4.18cm[12]。卵は約1か月[4](抱卵期間24-28日[11])で孵化し、雌雄で育雛する。雛は通常およそ30-45日で巣立つ[11][16]

鳴き声は、「グルルルル」「グワワワ」「ゲレレレ」など、コロニーにおいて、喉を震わせて何度も鳴き、時に「グワッグワッ」「グワー」という短い声や伸ばす声も発する[6]。雛は高い声で「ピューユイ、ピューユイ、ピー」と鳴いて親鳥に給餌を求める[6]。営巣地以外ではあまり鳴かず、飛翔時に鳴き声を聞くこともほとんどない。

餌となるのはほとんど魚類で、潜水して捕食する。捕獲する際には時に1分以上、水深10m近くまで潜水することもある。1羽で1日500gの魚を食べるとされ[16]、魚種の選択性はない[17]。近縁種のウミウも同様に巧みな捕食者で、鵜飼いにも利用されるのはよく知られている。大正より前にはウミウと混同されていた[4]

長時間、小刻みに震わせを乾かすカワウ(2008年8月24日千葉県下の一級河川

ウ類の翼羽は油分が少なくあまり水をはじかないため、長時間、同じ姿勢を保ち濡れたを広げ小刻みに震わせ翼を乾かす習性を持つ。

分布拡大による問題点[編集]

カワウは営巣時、生木の枝を折り取るため、コロニーでは樹木の枯死が広範囲にわたって起こることが多い。また、多量の真っ白な糞によりコロニーや採餌場所では水質・土壌汚染、悪臭、景観の悪化など招く。日本の大コロニーとしては、不忍池琵琶湖竹生島が知られているが、後者は1983年(昭和58年)の生息確認から、わずか10年近くで3万羽を数えるまでに拡大したことで注目を集めている。竹生島のコロニーからは、若い個体が日本各地へ巣立ちをしており、中には九州にまで到達した個体も確認されている。こうした生息域の広がりは、地域固有の環境を破壊したり、漁協などによって人為的に放流されたアユアマゴなどの漁業被害を与えるなど深刻な状況となっている。

江戸時代にもカワウの糞による樹木の枯死が嫌悪されていたとされるものの、生息数そのものは現在の「増加した状態」と変わらなかったものとされ、現在殊更に問題視されるようになったのは、当時は森林が広大で、営巣地が枯死した後に他の場所へ移動して、その間に樹木が回復するサイクルが出来ていたのであろうとされる。また後述されるように糞が肥料として好まれた点もある[18]

2007年(平成19年)3月、環境省鳥獣保護法に基づく狩猟対象にする方針を決め[19]2007年6月1日以降には狩猟鳥となり[20]狩猟可能な期間と地域であれば特別な許可なく捕獲できるようになった。新たに狩猟鳥に加えられたのには、全国で70億円を超すとされる本種による農林水産業被害に拠るところが大きいが、本種の形成するコロニーにより、その周囲の生態系がかく乱されるのを防止することも重視されたようである。

しかし江戸時代以前から本種はその肉にも羽毛にもたいした利用価値はなく、現在もその状況は変わらないので、狩猟鳥になったといってもハンターが積極的に本種を狩猟するかどうかには疑わしいものがあり、ゆえに狩猟による個体数の減少を期待するのは見当違いである、といった意見もある。ただし、狩猟鳥となったことで被害を理由とした駆除の許可を得やすくなったことは確かである。

一方、愛知県知多郡では古くに糞が農業肥料用に重用され、町の財源を潤した。その代価で小学校が建設されたこともあり[21]、現在でもカワウは町のシンボルである。美浜町の繁殖地「鵜の山」は国の天然記念物として1934年(昭和9年)1月22日に指定された[22]

保全状況評価[編集]

国際自然保護連合 (IUCN) により、レッドリスト軽度懸念 (LC) の指定を受けている[1]

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.1. (Phalacrocorax carbo)” (英語). IUCN. 2013年10月12日閲覧。
  2. ^ a b c d 『日本鳥類目録 改訂第7版』 日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会2012年、71-72頁。ISBN 978-4-930975-00-3
  3. ^ 『日本鳥類目録 改訂第6版』 日本鳥類目録編集委員会編、日本鳥学会、2000年、19頁。
  4. ^ a b c d e 『三省堂 世界鳥名事典』 吉井正・三省堂編修所、三省堂2005年、142-143頁。ISBN 4-385-15378-7
  5. ^ a b 小宮輝之・杉田平三 『鳥の足型・足跡ハンドブック』 文一総合出版2012年、20-21頁。ISBN 978-4-8299-8105-4
  6. ^ a b c 蒲谷鶴彦・松田道夫 『日本野鳥大鑑 鳴き声333 (上)』 小学館1996年、30頁。
  7. ^ 北海道野鳥愛護会広報部「カワウ営巣道内初確認 一新聞情報から-」、『北海道野鳥だより』第129号、北海道野鳥愛護会、2002年9月、 12-13頁。
  8. ^ 河井大輔・川崎康広・島田明英・諸橋淳 『新訂 北海道野鳥図鑑』 亜璃西社、2003年、229頁。ISBN 978-4-906740-03-1
  9. ^ 日本野鳥の会北海道ブロック協議会「北海道におけるカワウとミヤマガラスの最近の生息状況」、『Strix』第25巻、日本野鳥の会2007年、 109-117頁。
  10. ^ a b 福田道雄・成末雅恵・加藤七枝「日本におけるカワウの生息状況の変遷」、『日本鳥学会誌』第51巻、日本鳥学会2002年、 4-11頁。
  11. ^ a b c 『山溪カラー名鑑 日本の野鳥』 高野伸二、山と溪谷社1985年、30-31頁。ISBN ISBN 4-635-09018-3
  12. ^ a b c d e f 高野伸二 『カラー写真による 日本産鳥類図鑑』 東海大学出版会1981年、201-202頁。
  13. ^ a b c d e f Clements, James (2007). The Clements Checklist of the Birds of the World (6th ed.). Ithaca, NY: Cornell University Press. p. 16. ISBN 978-0-8014-4501-9. 
  14. ^ a b Harrison, Peter (1985). SEABIRDS an Identification Guide (Revised ed.). New York: Houghton Mifflin. p. 295. ISBN 0-395-60291-2. 
  15. ^ Brazil, Mark (2009). Birds of East Asia. Princeton University Press. p. 114. ISBN 978-0-691-13926-5. 
  16. ^ a b c カワウ Phalacrocorax carbo (ファラクロコラクス・カルボ) (PDF)”. 環境省. 2013年10月12日閲覧。
  17. ^ a b 加藤ななえ (2005年1月12日). “生態図鑑 カワウ (PDF)”. バードリサーチニュース 2005年1月号 Vor.2 No.1. バードリサーチ. pp. 4-5. 2013年10月13日閲覧。
  18. ^ カワウの保護管理の背景”. カワウの保護管理ぽーたるサイト. 環境省. 2013年1月9日閲覧。
  19. ^ 朝日新聞2007年3月24日夕刊[リンク切れ]
  20. ^ 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則の一部を改正する省令について”. 環境省 (2007年5月25日). 2013年10月12日閲覧。
  21. ^ 石田 朗 (2001年11月). “カワウと人とのかかわり”. 野鳥 No.647 カワウとの共生を目指して. 日本野鳥の会. pp. 4-6. 2013年10月12日閲覧。
  22. ^ 『自然紀行 日本の天然記念物』 講談社2003年、201頁。ISBN 4-06-211899-8

参考文献[編集]

外部リンク[編集]