オオコノハズク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オオコノハズク
Otus lempiji by DaijuAzuma.jpg
ネオパークオキナワでの生体展示
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: フクロウ目 Strigiformes
: フクロウ科 Strigidae
: Otus
: オオコノハズク
O. lempiji
学名
Otus lempiji
(Horsfield, 1821)
英名
Sunda Scops-owl
亜種

リュウキュウオオコノハズク O.l.pryeri

オオコノハズク(大木葉木菟、学名Otus lempiji)はフクロウ目フクロウ科の鳥である。

分布[編集]

ロシア東部の沿海州からサハリン、中国東部、東南アジアに分布する。北方で生息する個体は、冬期は南方へ渡る。

日本では、北海道においては夏鳥として飛来し、それ以外の地域では留鳥として生息する。琉球諸島に生息するのは、亜種のリュウキュウオオコノハズク(O. l. pryeri)である。

形態[編集]

体長は約24cmで、翼を広げた幅は約57cm。コノハズクと似ているがやや大きい。体色は褐色、灰色、黒色の複雑で細かい斑で、後ろ側に灰白色の斑がある。目は橙色である。

生態[編集]

平地から山地の林に住み、秋冬には雑木林や竹林の中で数羽集まっていることがある。夜行性で、ネズミなどの哺乳類鳥類昆虫などを捕食する。

繁殖期に雄は「ウォッウォ」「ポ ポ ポ」と続けてやや甲高い声で鳴くほか、地鳴きとして「ミャ~オ」と猫のような声も発する。

保全状態評価[編集]

亜種 リュウキュウオオコノハズク Otus lempiji pryeri

関連項目[編集]