アオバズク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アオバズク
アオバズク
アオバズク Ninox japonica
保全状況評価[1][2]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: フクロウ目 Strigiformes
: フクロウ科 Strigidae
: アオバズク属 Ninox
: アオバズク N. japonica
学名
Ninox japonica
(Temminck & Schlegel, 1845)[2][3]
和名
アオバズク[4]
英名
Northern boobook[2][3]

アオバズク (Ninox japonica) は、鳥綱フクロウ目フクロウ科アオバズク属に分類される鳥類。

分布[編集]

インドネシア大韓民国中華人民共和国台湾香港朝鮮民主主義人民共和国日本フィリピンブルネイマレーシアロシア南東部[2]

夏季に中華人民共和国、日本、朝鮮半島、ウスリーで繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し越冬する。インドやスリランカ、中華人民共和国南部、東南アジアでは周年生息する。日本では亜種アオバズクが九州以北に繁殖のため飛来(夏鳥)する。和名は青葉が芽生える季節に飛来することが由来。亜種リュウキュウアオバズクが奄美大島以南の南西諸島に周年生息(留鳥)する。

形態[編集]

全長27-30.5cm。翼開張66-70.5cm。頭部から背面は黒褐色の羽毛で覆われる。下面の羽毛は白く、褐色の縦縞が入る。顔を縁取るような羽毛(顔盤)は不明瞭。

虹彩は黄色。嘴の色彩は黒い。後肢の色彩は黄色。

オスはメスに比べて相対的に翼長が長く、腹面の縦縞が太くなる傾向がある。

鳴き声は基本的に「ホッ、ホッ」と二回ずつで規則正しく分かりやすい。

分類[編集]

以前は本種の学名がNinox scutulataとされていた。2002年にNinox scutulata(分割後の和名はフーアアオバズク)から、本種を分割し独立種とする説が提唱された[3]

以下の亜種の分類・分布は、IOC World Bird List(v 10.2)に従う[3]

Ninox japonica japonica (Temminck & Schlegel, 1845)
日本、朝鮮半島南部
Ninox japonica florensis (Wallace, 1864)
中華人民共和国北東部・東部、シベリア南東部、朝鮮半島北部
Ninox japonica totogo Momiyama, 1930
琉球諸島、台湾

生態[編集]

平地から低山地にかけての森林や農耕地に生息し、越冬地ではマングローブ林などでも見られる。群れは形成せず単独もしくはペアで生活する。夜行性で、昼間は樹上で休む。

昆虫、両生類、爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類などを食べる。

繁殖形態は卵生。樹洞(時には庭石の間や巣箱)に巣を作り、1回に2-5個の卵を産む。抱卵はメスのみが行い、オスは見張りをしたりメスに獲物を運んだりする。抱卵期間は約25日、巣立ちまでの日数は約28日。雛は巣立ち後、徐々に営巣木から周辺の林へ移動する。

人間との関係[編集]

大木の樹洞に巣を作るため社寺林に飛来したり、昆虫を食べるため夜間に街灯に飛来することもあり、日本では最も人間にとって身近なフクロウと言っていい。近年は営巣木の伐採や越冬地での開発により個体数を減らしている。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Appendices I, II and III (valid from 28 August 2020)<https://cites.org/eng> (downroad 09/28/2020)
  2. ^ a b c d BirdLife International. 2016. Ninox japonica. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22725653A94898452. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22725653A94898452.en. Downloaded on 28 September 2020.
  3. ^ a b c d Owls, Gill, F & D Donsker (Eds). 2020. IOC World Bird List (v10.2). https://doi.org/10.14344/IOC.ML.10.2. (Downloaded 28 September 2020)
  4. ^ 山崎剛史・亀谷辰朗・太田紀子 「フクロウ目の新しい種和名」『山階鳥類学雑誌』第49巻 1号、山階鳥類研究所、2017年、31 - 40頁。

関連項目[編集]