須磨浦山上遊園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梅林と西部展望台
回転展望閣から須磨浦を望む
回転展望閣
回転展望閣2F内部
ふんすいランド

須磨浦山上遊園(すまうらさんじょうゆうえん)は兵庫県神戸市須磨区鉢伏山と旗振山の山頂一帯に広がる須磨浦公園内の植物園遊園地を含む緑ゆたかな公園である。山陽電気鉄道の子会社「須磨浦遊園株式会社」が運営する。1959年に開園した。

山陽須磨浦公園駅に直結する須磨浦ロープウェイカーレーター(勾配25度のゴンドラ)を乗り継ぐと山頂エリアに着く。山頂エリアには須磨海岸~紀淡海峡から六甲山地まで360度のパノラマを楽しめる回転展望閣や林間の散策路があり、さらに観光リフトで谷を渡ったところにはふんすいランド、サイクルモノレール等が設置された遊園地がある。施設の殆どは開園時(1959年)からのもので、レトロ感を楽しむことができる。その西に、名所として知られる梅林、ハマナス園、フジの園といった植物園が広がる。

また園内には六甲全山縦走路が通っており、ハイキングする人のための登山道や周遊路も整備されている。

なお、以前は同地に「ドレミファ噴水パレス」という、噴水・光線・音響効果をミックスさせて観客を楽しませたホールがあったが、老朽化や利用者の減少で1987年11月に閉館し、建物も既に解体されている。

山上の施設[編集]

  • カーレーター - 全長91m、勾配25度のゴンドラ
  • 回転展望閣 - 1階:源平コーナー・ジュークボックス、2階:ゲームコーナー、3階:喫茶「コスモス」(360度の眺望が楽しめる)、屋上展望台
  • 観光リフト - せっつ駅とはりま駅を結ぶ全長268mのリフト。ほぼ中間地点で摂津国播磨国の国境を越える
  • ふんすいランド - かつての「ドレミファ噴水パレス」跡地。噴水池のサイドのバーベキューテラスから明石海峡大橋を望むことが出来る
  • チビッコ広場
  • ミニカーランド
  • サイクルモノレール
  • 日時計と青葉の笛広場
  • 西部展望台 - 名所の梅林を見下ろす
  • 句碑の細道
  • 旗振茶屋 - 与謝蕪村が「春の海ひねもすのたりのたりかな」の句を詠んだ場所
  • 旗振毘沙門堂

開園情報[編集]

  • 入園料― 無料
  • 営業時間― 10:00~17:00 (季節により延長)

所在地[編集]

  • 〒654-0068 兵庫県神戸市須磨区西須磨字鉄拐
  • 〒654-0076 兵庫県神戸市須磨区一ノ谷町五丁目3-2(ロープウェイ須磨浦公園駅改札横事務所)

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度38分30.6秒 東経135度5分34.1秒