るなぱあく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
るなぱあく
Luna Park
Lunar Park (Maebashi).JPG
施設情報
事業主体 前橋市
管理運営 株式会社オリエンタル群馬
面積 8,815㎡
来園者数 約450,000人(2008年(平成20年)1月[1]
開園 1954年(昭和29年)
所在地 371-0026
群馬県前橋市大手町三丁目16-3
位置 北緯36度23分43.08秒
東経139度03分47.05秒
座標: 北緯36度23分43.08秒 東経139度03分47.05秒
公式サイト 前橋市中央児童遊園るなぱあく
テンプレートを表示
るなぱあく(群馬県庁展望ホールより見下ろす)

るなぱあくは、群馬県前橋市にある遊園地。正式名称は「前橋市中央児童遊園」[2]で、1954年(昭和29年)11月に開園した前橋市立の遊園地である。2004年(平成16年)4月、市民公募によって「前橋るなぱあく」の愛称が付けられた。コンセプトは「にっぽんいちなつかしいゆうえんち」。

概要[編集]

るなぱあくの前身は、1954年(昭和29年)11月、前橋市が周辺町村と合併した記念に開設された「前橋市中央児童遊園」である。2006年(平成18年)までは、市が競輪場の利益で運営していた[1]が、2006年(平成18年)4月1日以降は指定管理者制度により運営されている。面積はサッカー場2面ほど、飛行塔、豆汽車、ミニヘリコプター、豆自動車、メリーゴーラウンド、くじらの波乗り、ウエブスターライド、くるくるサーキットの8種の大型遊具、木馬5台、小型遊具11台という小さな遊園地である。

入園料は無料[1]、大型遊具が一人1回50円、木馬[1]と小型遊具は1回10円で、雑誌『アクティブじゃらん』によると、日本一安い遊園地とのことである。3歳以下の子供に付き添う大人は無料[1]で、これは、低年齢児の安全確保のために、付添者の添乗を義務付けている代わりに、料金を取らないという安全対策を優先しており全国でも珍しい。

遊具の中には、全国的に貴重なものが多数ある。まず、もくば館とそこに設置されている5台の電動木馬は1954年(昭和29年)製[3]で、2007年(平成19年)に、国の登録有形文化財に登録された。全国の遊園地で、稼働中の遊具で登録文化財となっている唯一のものである。自走式ジェットコースターであるウエブスターライドは、8人乗りという極めて小さなものである[1]

2016年(平成28年)度の延べ利用者数は約146万人で、1954年(昭和29年)の開園以来、最多を記録[4]

2017年(平成29年)度の延べ利用者数は約171万人と、更に最多利用者数を更新。

るなぱあくのキャッチコピーは「日本一なつかしい遊園地」で、「ゆっくり大きくなる子どもたちのために」をモットーに運営を行っており、支持を拡大している。

指定管理者[編集]

2006年(平成18年)4月1日 - 2009年(平成21年)3月31日
NPO法人波宜亭倶楽部(理事長 - 野本文幸)
  • 園長 - 佐藤恭一(2006年(平成18年)4月1日 - 2008年(平成20年)3月31日)
  • 副園長 - 佐々木正二(2006年(平成18年)4月1日 - 2009年(平成21年)3月31日)
2009年(平成21年)4月1日 - 2014年(平成26年)3月31日
NPO法人まやはし (理事長 - 野本文幸)
  • 園長 - 田原学(2008年(平成20年)4月1日 - 2015年(平成27年)3月31日)
  • 副園長 - 中村楯夫 他多数(2009年(平成21年)4月1日 - 2015年(平成27年)3月31日)
2014年(平成26年)4月1日 - 2015年(平成27年)3月31日
一般財団法人前橋振興公社(理事長 - 吉澤幸男)
2015年(平成27年)4月1日以降
株式会社オリエンタル群馬(代表取締役 - 中埜智親)
  • 園長 - 原澤宏治(2015年(平成27年)4月1日 - )
  • 副園長 - 井階渉(2015年(平成27年)4月1日 - )

利用情報[編集]

開園時間[編集]

  • 3月〜10月…9:30〜17:00
  • 11月〜2月…9:30〜16:00
  • 夏休み期間(7月20日〜8月31日)…9:30〜18:00

  ※利用者の増減等により、夏休み期間の開園時間は開園年度により変更あり確認が必要

  なお完全屋外施設である事から、雨天時は閉園となる可能性が大きい。

割引[編集]

  • 平日の団体割引(5名以上での申込):土日、祝日を除く平日限定。団体で利用する人向けの一日券。大型遊具は乗り放題。一人400円/日。年齢・人数の上限はなし。前日までに電話での予約が必要。
  • 減免:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳 等の提示が必要。回数券、利用券共に通常料金の半額となる。

愛称の由来[編集]

公募で決まった「前橋るなぱあく」の愛称は、萩原朔太郎の詩集『遊園地にて』からである。この詩の「遊園地」という言葉に"ルナパーク"とルビがふられているため、命名の由来は、萩原朔太郎ゆかりの公園から選ばれた[5]

利用料の歴史[編集]

木馬は1954年(昭和29年)の開園以来、利用料は変わらず10円。

大型遊具は1954年(昭和29年)の開園当初は10円、1973年(昭和48年)から20円、1976年(昭和51年)から40円、2002年(平成14年)から現在の50円に変わり、チケットもそれに併せて変わって来た。

前橋市が発行したチケット(有効期限未設定のもの)は現在でも利用が可能であるが、指定管理者制度が導入されてからのチケットは、原則として現管理者発行のチケットのみ利用が可能である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f “日本一なつかしい遊園地 木馬10円、前橋るなぱあく”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年1月5日). オリジナル2014年4月14日時点によるアーカイブ。. https://archive.today/20140414003836/http://www.47news.jp/CN/200801/CN2008010501000127.html 2017年12月27日閲覧。 
  2. ^ 前橋市中央児童遊園条例
  3. ^ 2009年には、(中村製作所製ではなく)昭和鉄工(東京)製と判明した(「るなぱあく」の「10円木馬」、半世紀ぶりに“生みの親”と再会 群馬・前橋 産経新聞[リンク切れ])。
  4. ^ 「日本一懐かしい遊園地」るなぱあくが人気 企画続々”. 上毛新聞ニュース (2017年5月28日). 2017年5月28日閲覧。
  5. ^ 前橋市発行の広報誌である「広報まえばし」2007年12月15日号No.1354の5ページにおいて確認済み

関連項目[編集]

外部リンク[編集]