ラグナシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラグナシア
LAGUNASIA
ラグナシア入場ゲート
ラグナシア入場ゲート
施設情報
愛称 ラグーナ
テーマ
事業主体 ラグーナテンボス
面積 30万㎡(ラグーナテンボス全域)
来園者数 約100万人
開園 2002年平成14年)4月25日
所在地 443-0014
愛知県蒲郡市海陽町2丁目
位置 北緯34度48分31.74秒 東経137度16分17.9秒 / 北緯34.8088167度 東経137.271639度 / 34.8088167; 137.271639座標: 北緯34度48分31.74秒 東経137度16分17.9秒 / 北緯34.8088167度 東経137.271639度 / 34.8088167; 137.271639
公式サイト ラグナシア
テンプレートを表示
ラグナシアの位置(日本内)
ラグナシア
ラグナシア

ラグナシア(LAGUNASIA)は、愛知県蒲郡市海陽町にあるテーマにしたテーマパーク2002年平成14年)4月25日に開園した。シーサイドリゾートラグーナテンボス」の中にある。

概要[編集]

ラグナシアのテーマは、海。大航海時代や海洋冒険譚をイメージしたパークで、その全体が地中海の交易で栄えた中世のアドリア海に面した港町という設定になっている。スペインからイタリアギリシアの文化や雰囲気が渾然一体となったもので、パークの中心にウォーターパーク、大規模プールがあり、夏はプール、秋冬はカヌーやボート体験ができるようになっており、秋は「ラグーナハッピーハロウィーン」や「世界のビールとワインまつり」、冬はイルミネーションやプロジェクションマッピングに富んだ「史上最光の冬ラグーナ」が開催される。道路を挟んだ場所に、おさかな市場・ラグーナアウトレット・レストランなどの商業施設が入居する「ラグーナフェスティバルマーケット」がある。フェスティバルマーケット(2009年に増床・全面リニューアル)とラグナシアはペデストリアンデッキ(連絡通路)で繋がっている。エレベーター・エスカレーター(フェスティバルマーケット内のみ)は全て三菱製。機種は2002年開業エリアにはエレパック、2004年開業エリアにはエレパック・アイが設置されている。なお、エスカレーターの機種はJシリーズ。

施設[編集]

  • アトラクション、ショッピング、レストラン等の全ての施設を水着のままで利用することができ(一部上着着用あり)、それを売りにしている。
  • 屋内型アトラクションが多く、雨の日でも多くのアトラクションが楽しめる。
  • 夏は伝説の港町が「ジョイア マーレの浜辺」、「ルナポルト」、「ゼウスの稲妻」などの合計6つのプールとなり、水着のままアトラクションに乗ることが可能。更に、2019年7月13日「やどかりさんの海」及び「ポレールの船」は「JULAGOON」(ジュラグーン)となった。
  • ゲルストラウアー社(ドイツ)の日本における初の設置となるローラーコースター「アクアウィンド」、ボック型ライドアトラクション「マジカル パウダー」、お菓子工場が秘密基地の「キャンディ ファクトリー」が登場(2004年4月24日)。
  • 屋根付きの多目的ホール「セロシアホール」と新アトラクション「パイレーツブラスト」(トレジャーハンティングのリニューアル)が登場(2007年3月17日)。投資額5億円(パイレーツブラストとセロシアホールの合計)。
  • 日本初登場の実体験RPG空間アトラクション「マジクエスト」がオープン。子供向けゾーン「ステラパーク」にもガトーのサイクルモノレール「パラレルウォーク」・噴水「ジャンピンウォーター」・幼児向けアスレッチク遊具「パラレルデッキ」が同時オープン(2008年3月20日)。投資額5億円(ステラパークとマジクエストの投資額)。
  • 新エリアにフラワーラグーン(変な森)・ラグーナテンボスアートシアター・変なホテルラグーナテンボスがオープン。2015年の史上最光の冬ラグーナより、新エリアにてカーアクションマッピング「AMAZE」(アメイズ)とイルミネーション「光の草原」、その新エリアへの架け橋に「幸福のレインボーアーチ」が追加された。
    • フラワーラグーン-四季折々の花が楽しめた。2022年7月2日、アスレチック「変な森」としてリニューアルオープン
    • アートシアター - 面積約700m2、客席数216席の独立型劇場。2016年4月29日に開場[1][2]。イベント等で多目的利用されている。
  • パイレーツブラストのコースターに乗りながらVRで仮想空間を探検できるVRアドベンチャーがオープンした。[3]

アトラクション[編集]

パイレーツ ブラスト

暗闇の中トロッコに乗って洞穴をめぐる半屋内型コースター。最後に屋内から外へ抜け出すといった特徴がある。

レジェンド オブ ラビリンス

丸太のボートに乗って高さ10メートルから降りる急流すべり型アトラクション。水しぶき対策としてポンチョが売られている。

アクア ウィンド

日本初登場のドイツ製コースターが特徴的なトロッコ型コースター。冒頭に「シュワルツコフカーブ」と呼ばれる急降下ポイントがある。

しまじろう シーパーク ガオガオさんのかいていけんきゅうじょ[4]

2022年7月16日オープンのキッズ・パーク。3階建ての施設で遊びながら海の生き物や海をきれいにする方法が学べるようになっている。最後には限定シールがプレゼントされる。

マジカル パウダー

ボックス型ライドに乗ってラグナシアに住む妖精の物語を楽しむシアター型アトラクションベビーカーのまま利用することができる。ライドにはそれぞれアレン、ボブ、キャロル、ディーン、エディー、フレディ、ジョージ、ハリー、イザック、ジュリエット、ケント、ルイスという名前がついている。[5]

しまじろう シ―パーク[6]

巨大ネットやお寿司屋さんごっこ体験などで遊ぶことのできる全天候型キッズ・パーク。「はじめましてのうみエリア」、「あわあわラグーンエリア」、「かいていガーデンエリア」の三つで構成されている。「はじめましてのうみ」内では「もしもしせんすいかん」、「かにかにバランス」、「こばんざめクライミング」、「おしゃれやどかり」、「なぞなぞアンコウ」のアトラクションがあり「あわあわラグーンエリア」内ではネット遊具やボールプールで遊ぶことができる。「かいていガーデンエリア」内のステージでは「しまじろうのシーパーク・セレびれーション」が催されている。

ドリーミングクエスト

青い涙と呼ばれる携帯ツールを持ち園内を巡って宝探しを行うモバイルラリー。最後にもらえる「冒険の書」に「ラッキー」の文字があるとプレゼントがもらえる。

ラグナシア 伝説冒険ツアー

5つのアトラクションを巡り、ラグナシアのバックストーリーを読み解くパスポート所有者限定のアトラクション。5つのアトラクションを巡ると限定カードがもらえる。

ファイア ファイア NEXT~レビヤタンの逆襲~

3Dプロジェクションマッピングを搭載したシューティングライド。上位3位の得点はアトラクション外の画面へ映し出される。

プエルプエラ

カラフルな室内が特徴的なキッズ向けプレイルーム。

アルキン ベーダー[7]

最大10人で遊ぶことのできるスペースインベーダー。壁と床に投影されたインベーダーの大群を足を使って撃ち落とす。

観覧車

ラグーナフェスティバルマーケットにある高さ65mの観覧車三河湾が一望できる。

3D水族館

自分で書いたイラストを巨大なスクリーンで泳がせることのできるシアター型アトラクション。2Dエリアと3Dエリアに分かれている。

たまご調査隊 不思議なたまごの謎

ラグナシア内を巡りながらなぞ解きをするウォークラリー。クリアすることができれば限定ステッカーをもらうことができる。

ウォーターアクティビティ

プールオフ期限定で楽しむことのできるアクティビティ。電動ボートや足漕ぎボートに乗ってプールを周遊することができる。

アスレチックパーク「変な森」[8]

フラワーラグーンの跡地に設置された2022年7月2日オープンの新アスレチックエリア。「ハラハラ櫓」、「ドキドキ砦」、「ワクワク城」の三つで構成されている。「ワクワク城」内ではスタンプラリーが実施されている。

びーくるらんど

室内に設置されたゲームやコインライドで遊ぶことのできるコーナー。

ジュラグーン

恐竜や卵をモチーフにしたネットアスレチック。迷路のような構造が特徴的である。

ステラパーク内のアトラクション[編集]

ステラコースター

八色のクジラに乗って走るジェットコースター

セイル アウェイ

帆船をモチーフにした左右回転アトラクション

スイム&スイング

32人同時に乗ることができる回転ブランコ

キッズ パイロット

上下に操縦することのできる回転飛行機

パラレル ウォーク

ラグナシアキャラクター「ガトー」のサイクルモノレール。高さは3m、全長130m。

しまじろう シーパーク ぷくぷく トレイン[9]

2021年3月6日オープンの6つのポイントを巡るミニサイズ汽車

マーメイド カルーセル

海の生き物に乗るメリーゴーランド

キャラクター[編集]

ラグナシア開業時にはキャラクターは設定されなかった。2004年(平成16年)4月24日の新施設「ビバ・ピアッツァ」完成とともに、「ガトー」、「ピート」、「モルサ」が誕生した。

その後、ラグナシア10周年を記念して女の子のキャラクター「ルナ」が追加された。

彼らは『パラレル海賊団』を結成しており、パラレルワールドから来た設定[10]

ガトー
『パラレル海賊団』のリーダーである、航海士の格好をした猫の男の子。性格は好奇心旺盛なイタズラっ子で、責任感が強く仲間思い。首にかけている「魔法の羅針盤」が宝物。
ピート
ペリカンの男の子。性格はせっかちなお節介で怖がり。博学。
モルサ
セイウチの男の子。性格は温厚でおっとりした忘れん坊。潜水とどこでも寝られることが特技。
ルナ
ラグナシア10周年を記念して登場した猫の女の子。性格はちょっとおてんばで好奇心旺盛。心優しく仲間思い。好きなものは夜空を眺めること、歌、詩、宝石、スイーツ。

その他[編集]

沿革[編集]

  • 2002年平成14年)4月25日 - ウォータースポーツパーク「ラグナシア」(海をテーマにしたアミューズメントパーク)オープン。
  • 2003年(平成15年)1月7日 - 映画「ゲロッパ!」の撮影が行われる。
  • 2004年(平成16年)4月24日 - リゾートエリア「ビバ・ピアッツァ」(お祭り広場)を新設。
  • 2007年(平成19年)3月17日 - 多目的ホール「セロシアホール」と新アトラクションが登場。
  • 2008年(平成20年)3月20日 - 日本初登場の体験型RPGアトラクション「マジクエスト」などが登場。
  • 2014年(平成26年)8月1日 - 施設運営が、蒲郡海洋開発からHISが設立した新会社「ラグーナテンボス」へ譲渡される[11][12]
  • 2016年(平成28年)4月29日 - 独立型劇場「ラグーナテンボスアートシアター」が開場。こけら落とし公演はハウステンボス歌劇団の「こけら落とし特別公演」[1]
  • 2016年(平成28年)7月16日 - パイレーツブラストを使った「VRアドベンチャー」がオープン[13]。第一弾は「未来都市〜High up in the sky〜」[13]
  • 2017年(平成29年) - セロシアホールをリニューアル、「avex360°3Dシアター」としてオープン。
  • 2019年令和元年)7月20日 - リアル脱出ゲーム×劇場版しまじろうのわお!しまじろうとまほうのゆうえんち』蒲郡公演開催。

不祥事[編集]

  • 2022年4月23日、水上ショー「セイレーン・サーガ」を行っている際に水上バイクが運転を誤って観客席に突入する事故が発生し、観客2人が負傷した。これを受け、運営会社は当面の間、ショーの実施を取りやめることを発表した[14]
  • また、前述の水上ショーのスタッフ8人が2021年10月から2022年2月までの間、操縦免許(特殊小型船舶操縦士)を持たずに運転していたことが同年4月に報じられた。国土交通省では安全対策が講じられた遊園地などでは免許がなくても水上バイクを操縦できる例外規定を設けているが、ラグナシアはその例外規定の対象外だった[15]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ラグナシアに劇場がオープン!ハウステンボス歌劇団がこけら落とし公演”. ステージナタリー (2016年3月2日). 2016年3月2日閲覧。
  2. ^ 愛知)ラグーナテンボスにシアター 歌劇団がショー”. 朝日新聞デジタル (2016年4月30日). 2016年5月1日閲覧。
  3. ^ 2021年6月20日をもって運営を終了している 次世代アトラクション「VRコースター」
  4. ^ しまじろう シーパーク ガオガオさんのかいていけんきゅうじょ特設ページ
  5. ^ ラグナシアブログ マジカルパウダー②
  6. ^ しまじろうシ―パーク特設ページ
  7. ^ アルキンベーダ― in ラグナシア特設ページ
  8. ^ アスレチックパーク 変な森特設ページ
  9. ^ しまじろう シーパーク ぷくぷく トレイン特設ページ
  10. ^ キャラクター|ラグナシア|ラグーナテンボス”. lagunatenbosch.co.jp. 2021年11月5日閲覧。
  11. ^ “海洋リゾート施設「ラグーナ蒲郡」、8月からHIS運営”. 日本経済新聞. (2014年6月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO73262930U4A620C1L91000/ 
  12. ^ “当社グループによるラグーナ蒲郡の主要事業承継に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), HIS, (2012年6月24日), http://www.his.co.jp/material/pdf/n_co_20140624.pdf 
  13. ^ a b “ラグナシアに次世代アトラクション「VRアドベンチャー」7月16日(土)登場!” (プレスリリース), 株式会社ラグーナテンボス, (2016年6月10日), https://www.lagunatenbosch.co.jp/laguna/company/news/n_img/re_20160610.pdf 2021年6月6日閲覧。 
  14. ^ 8の字描いた水上バイク、客席に突っ込む…観客の女子中学生と母が負傷”. 読売新聞 (2022年4月23日). 2022年4月27日閲覧。
  15. ^ 水上バイク無免許でショー出演 事故のテーマパーク、8人が2月まで”. 毎日新聞 (2022年4月26日). 2022年4月27日閲覧。
  16. ^ a b c 公共交通機関をご利用の場合 交通アクセス”. ラグーナテンボス (2015年1月19日). 2015年3月6日閲覧。
  17. ^ 蒲郡市内の路線バスについてご案内します”. 交通防犯課. 蒲郡市 (2017年7月1日). 2018年4月22日閲覧。
  18. ^ a b お車をご利用の場合 交通アクセス”. ラグーナテンボス (2015年1月19日). 2015年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]