ラグナシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラグナシア
LAGUNASIA
ラグナシア入場ゲート
ラグナシア入場ゲート
施設情報
愛称 ラグーナ
テーマ
事業主体 ラグーナテンボス
面積 30万㎡(ラグーナテンボス全域)
来園者数 約100万人
開園 2002年平成14年)4月25日
所在地 443-0014
愛知県蒲郡市海陽町2丁目
位置 北緯34度48分31.74秒
東経137度16分17.9秒
座標: 北緯34度48分31.74秒 東経137度16分17.9秒
公式サイト ラグナシア
テンプレートを表示

ラグナシア(LAGUNASIA)は、愛知県蒲郡市海陽町にあるテーマにしたテーマパーク2002年平成14年)4月25日に開園した。シーサイドリゾートラグーナテンボス」の中にある。

概要[編集]

ラグナシアのテーマは、海。大航海時代や海洋冒険譚をイメージしたパークで、その全体が地中海の交易で栄えた中世のアドリア海に面した港町という設定になっている。スペインからイタリアギリシアの文化や雰囲気が渾然一体となったもので、パークの中心にウォーターパーク、大規模プールがあり、夏はプール、秋冬はカヌーやボート体験ができるようになっている。道路を挟んだ場所に、おさかな市場・ラグーナアウトレット・レストランなどの商業施設が入居する「ラグーナフェスティバルマーケット」がある。フェスティバルマーケット(2009年に増床・全面リニューアル)とラグナシアはペデストリアンデッキ(連絡通路)で繋がっている。

施設[編集]

  • アトラクション、ショッピング、レストラン等の全ての施設を水着のままで利用することができ(一部上着着用あり)、それを売りにしている。
  • 屋内型アトラクションが多く、雨の日でも多くのアトラクションが楽しめる。
  • 夏は伝説の港町が「ジョイア マーレの浜辺」、「ルナポルト」、「ゼウスの稲妻」などの合計6つのプールとなり、水着のままアトラクションに乗ることが可能。
  • ゲルストラウアー社(ドイツ)の日本における初の設置となるローラーコースター「アクアウィンド」、ボック型ライドアトラクション「マジカル パウダー」、お菓子工場が秘密基地の「キャンディ ファクトリー」が登場(2004年4月24日)。
  • 屋根付きの多目的ホール「セロシアホール」と新アトラクション「パイレーツブラスト」(トレジャーハンティングのリニューアル)が登場(2007年3月17日)。投資額5億円(パイレーツブラストとセロシアホールの合計)。
  • 日本初登場の実体験RPG空間アトラクション「マジクエスト」がオープン。子供向けゾーン「ステラパーク」にもガトーのサイクルモノレール「パラレルウォーク」・噴水「ジャンピンウォーター」・幼児向けアスレッチク遊具「パラレルデッキ」が同時オープン(2008年3月20日)。投資額5億円(ステラパークとマジクエストの投資額)。
  • 新エリアにフラワーラグーン・ラグーナテンボスアートシアター・変なホテルラグーナテンボスがオープン。
    • フラワーラグーン-四季折々の花が楽しめる。ラグナシア入園料(大人2150円)で追加料金なしで入場可能である。(2017年4月現在)
    • アートシアター - 面積約700m2、客席数216席の独立型劇場。2016年4月29日に開場[1][2]ハウステンボス歌劇団が1日2回の公演を行う。ラグナシア来園者は無料で観劇できるが、一部有料席となっている(プレミアム席:1,000円、SS席:500円)[2]
  • パイレーツブラストのコースターに乗りながらVRで仮想空間を探検できるVRアドベンチャーがオープンした。

キャラクター[編集]

ラグナシア開業時にはキャラクターは設定されなかった。2004年(平成16年)4月24日の新施設「ビバ・ピアッツァ」完成とともに、「ガトー」、「ピート」、「モルサ」が誕生した。 その後、ラグナシア10周年を記念して女の子のキャラクター「ルナ」が追加された

その他[編集]

沿革[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]