日光江戸村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日光江戸村(にっこうえどむら)は、江戸時代の文化や生活を集大成したテーマパークである。

株式会社時代村が運営する「江戸ワンダーランド」の一つ。正式名称は2003年より「江戸ワンダーランド 日光江戸村」となった。1986年4月23日栃木県塩谷郡藤原町(現在の日光市鬼怒川地区)に開設された。総敷地面積は495,000m2(15万坪)。

園内は江戸時代中期(元禄から享保年間)の町並みを再現し、忍者活劇や華麗な花魁道中などのアトラクションが呼び物である。近年では、キャラクターニャンまげ」を用いたテレビCMが有名。時代劇撮影ができるオープンセットもある。逃走中戦闘中などのテレビ番組でも使われている。

子供向けの施設であるため、ミニショーなどが多い分、他の時代をテーマとしたテーマパークよりも入場料が4700円とかなり高めに設定してある(博物館明治村等は2000円ほどで入場料できる)。また同じく他の施設よりもコスプレも値段設定が高めである。

入場料は前売り券を買うことで少々値引きすることができる。 また、アトラクションも子供向けであるため建物が構造的に小さく、高い場所や狭い場所などもあるため、スカートなどを履かずに動きやすい服が推奨される。

日光江戸村劇団[編集]

園内アトラクションを行う俳優たちを「日光江戸村劇団」として自前で抱えており、特定俳優のファンも多く存在している。劇団員の大部分は、時代村の関連会社「ジャングル」と雇用関係にある「会社員」である。江戸村でのアトラクションのほかにも、テレビ映画に出演したり、地方の町おこしイベントにも参加している。

関連施設[編集]

博物館明治村
日本昭和村
日本大正村

全て時代に関するテーマパークや博物館等である。運営の関係がある訳では無い。

江戸ワンダーランド
その他
2002年4月、当時の親会社「大新東株式会社」が茨城県の第三セクター「メディアパークつくば」より運営全般を受託(アウトソーシング

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度47分32秒 東経139度41分46.7秒