養老天命反転地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

養老天命反転地(ようろうてんめいはんてんち)とは岐阜県養老町にある養老公園内の有料施設である。荒川修作マドリン・ギンズによる構想を公園施設として作った。作品の中を回遊し体験することで作品を鑑賞するモダンアート。芸術作品であり、博物館法に定める博物館美術館ではない。

養老天命反転地 楕円形のフィールド

概要[編集]

1995年開園。荒川修作マドリン・ギンズ (en) のプロジェクトを実現させたもので、作品は『極限で似るものの家』と『楕円形のフィールド』から成る。『極限で似るものの家』と『楕円形のフィールド』を結ぶ溝状の道には、彼らのメインテーマであった〈死なないため〉と言う言葉を取り、『死なないための道』と名付けられている。『楕円形のフィールド』には大小様々な5つの日本列島があり、最大のものには24種の薬草が植えられていた。公園の有料施設部分には、作品の他に養老天命反転地記念館、昆虫山脈、不死門が含まれている。これらの付属する施設も荒川修作とマドリン・ギンズによる。

開園当初から非常にユニークなテーマ性が高く評価されてきた。『極限で似るものの家』は、建物内の机や壁・天井が上下左右を全く無視した場所に配置されており、視覚的な錯覚を体全体で楽しむ施設である。『楕円形のフィールド』は、日本列島をモチーフとした屋外施設だが、起伏に富んだ地面が不思議な感じに構成されており(通路の床面がいつのまにか壁面となる、など)、これも感覚の不安定さ・危うさを体全体で楽しむことを目的とした施設である。こうした日常生活では触れる機会の少ない錯覚感、不安定な感覚を体全体で味わうことにより、人間本来の感覚を再確認することを主要なテーマの一つとしている。また、例えば子供連れの場合、危険そうで子供から目が離せない等、お互いの存在を常に意識しながら過ごすため、人と人とのつながりのあり方やバリアフリーについての問いかけも行われている。

先述のように斜面や起伏が多いため、運動靴で来園することが望ましいが、靴やヘルメットの貸し出しを行っている。

訪問者は年間約9万人[1]

各施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “養老天命反転地:故・荒川修作さん思い、田中泯さんが「場踊り」 岐阜・養老で19日”. 毎日jp. (2012年5月10日). http://mainichi.jp/feature/news/20120510dde018040037000c.html 2013年9月7日閲覧。 

外部リンク[編集]