名神高速道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高速自動車国道
(有料)

名神高速道路

名神高速道路
地図
Location MeishinExpwayJp.jpg
路線延長 189.6 km
開通年 1963年 - 1965年
起点 小牧市小牧IC
主な
経由都市
一宮市大垣市彦根市
栗東市大津市京都市
吹田市尼崎市
終点 西宮市西宮IC
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
起点小牧IC航空写真。画面中央から左。右半分は東名。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
終点西宮IC航空写真。画面右上から来て画面中央が終点である。右下から左上にのびるのは阪神高速3号神戸線国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
名神の起点標識
(小牧IC下り線本線上)

名神高速道路(めいしんこうそくどうろ、MEISHIN EXPRESSWAY)は、愛知県小牧市小牧ICを起点とし、岐阜県滋賀県京都府大阪府経由兵庫県西宮市西宮ICへ至る、高速道路高速自動車国道)である。通称名神高速(めいしんこうそく、MEISHIN EXPWY)、名神(めいしん)など。国土開発幹線自動車道の法定路線名は中央自動車道西宮線であり、この一部区間である[1]。なお、小牧インターチェンジ(IC) - 吹田ジャンクション(JCT)間は アジアハイウェイ1号線にも指定されている。

概要[編集]

東名高速道路新東名高速道路中央自動車道新名神高速道路東名阪自動車道名阪国道西名阪自動車道とともに、東京名古屋大阪を結ぶ日本の大動脈の一つである。路線はほぼ中山道に沿って建設されている。

小牧ICで東名高速道路(東名)と直結し、かつ車線変更・合流・分岐が不要な形での直通が可能な構造で、ICの番号やキロポスト東京ICからの通しとなっているため、実質的には東名と合わせて一つの高速道路と見なして「東名神」(とうめいしん)と呼ばれることもある。便宜上、東名名古屋ICまたは小牧JCT - 小牧ICを名神として含める場合もある。

栗東IC - 尼崎IC (71.7km) は、1963年昭和38年)7月16日に日本初の都市間高速道路として開通した区間である[2][注釈 1]1965年(昭和40年)7月1日の小牧IC - 一宮IC開通により、全線開通となった。現在は八日市ICを境に、東側を中日本高速道路(NEXCO中日本)が、西側を西日本高速道路(NEXCO西日本)が管理している。

道路名[編集]

名神高速道路は小牧IC - 西宮ICの営業路線名(通称)である[1]。法定路線名(正式な路線名)は東京都から長野県、岐阜県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府を経て兵庫県に至る路線として指定された、中央自動車道西宮線(東京都杉並区 - 兵庫県西宮市)であり、名神高速道路はその中の一部区間にあたる[1]。高速自動車国道で「高速道路」という呼称を使用しているのは、東名・名神と新東名・新名神のみである。これは、これらの道路の計画・建設が進められる過程で、「自動車道」という呼称が用いられ始められる頃には、すでに広く民間において「高速道路」という通称が使用され一般的に定着していたため、例外的に採用されたものである[3][注釈 2]。法定路線名である中央自動車道西宮線と第一東海自動車道との交点は小牧JCTであるが、営業路線名である名神と東名の接続点は西寄りの小牧ICと、前者とは異なっている[要出典]

IC番号[編集]

現在のIC番号は、東名高速道路の東京ICからの通し番号であるが、開通当初の名神高速道路では西宮から小牧に向かって、西宮=1、尼崎=2、豊中=3、茨木=4、京都南=5(5A/5B)、京都東=6、大津=7、栗東=8、八日市=9、彦根=10、関ケ原=11、大垣=12、一宮=13、小牧=14であった。このあたりのことは、運転免許更新時に配布される交通安全協会発行の交通教本の標識一覧などに、その名残がみられる。1968年の東名高速道路開通に合わせて、現在のIC番号に変更された[4]

このようにIC番号が振られた理由は、歴史的経緯で東京 - 名古屋間のメインルートの決定(東名高速道路の建設決定)が大幅に遅れた結果、小牧ICで名神高速道路と直結する事になった東名高速道路の各IC・JCT設置の詳細決定が、名神高速道路の供用開始までに間に合わなかったため、名神高速内で暫定的にIC番号を振らざるを得なかったからである。このようなことから、1968年4月の東名高速道路供用開始と同時に、現在のIC番号に振り直される事となった。また、吹田ICは、当初設置構想すらなかったにもかかわらず[注釈 3]IC番号(35)に枝番が付いていないのも、東名高速の各IC・JCTの詳細が決定する以前に吹田ICの設置が決定していたためである[注釈 4]

新名神高速道路との関係[編集]

並行する新名神高速道路(新名神)は、名神とは異なり、名古屋 - 草津JCT東海道ルートに沿う。

新名神のうち、亀山JCT - 草津田上IC2008年2月23日に部分開通した。豊田JCT - 草津JCTで伊勢湾岸道 - 東名阪道 - 新名神と経由すると、従来の東名・名神経由より34km・約20分の短縮になる。

名神の関ヶ原IC付近では、長い勾配や悪天候(冬季の降雪など)により渋滞事故が多発していた。また、名神八日市IC - 大垣IC間は雪の降り方が強くチェーン規制になることがあり、これらのことから[要出典]愛知県豊田以東と滋賀県草津以西とを移動する約8割の車が新名神経由へシフトした[5]。東名・名神経由の東京・名古屋 - 京阪神高速バス(「ドリーム号」など)も、新名神に転換傾向が顕著化している。このため、名神では一宮IC・米原JCT近辺の渋滞は減少する一方で、東名阪道では四日市IC - 亀山JCTの渋滞が悪化している。新名神は現在、未開通の全区間(四日市JCT - 亀山西JCT大津JCT - 神戸JCT)が事業中である。

インターチェンジなど[編集]

IC
番号
施設名 接続路線名 東京
から
(km)
BS 備考 所在地
東名高速道路 東京静岡方面
24 小牧IC 国道41号名濃バイパス
名古屋高速11号小牧線
346.7 愛知県 小牧市
- 岩倉BS - 350.7 岩倉市
- 尾張一宮PA - 353.2
352.4
上下線で0.8kmずれている 一宮市
25 一宮IC 国道22号名岐バイパス
名古屋高速16号一宮線 名古屋方面
355.0
25-1 一宮JCT 東海北陸自動車道
一宮西港道路計画路線
359.4 -
- 尾西BS - 362.9
- 羽島PA/BS - 366.0 PAは下り線西宮IC方面のみ 岐阜県 羽島市
25-2 岐阜羽島IC 県道46号岐阜羽島インター線 368.1
- 安八BS - 371.3 安八町
- 安八SIC[6] 町道南長田坊野1号線[7] SICは2016年度供用予定[要出典]
26 大垣IC/BS 国道258号 374.9 大垣市
26-1 養老JCT 東海環状自動車道 379.2 - 養老町
- 養老口BS - 379.6
- 養老SA/SIC 町道橋爪1号線(上り線)
町道41号線(下り線)
381.7 SICは2018年6月供用開始予定[要出典]
- 上石津PA - 388.1 - 下り線西宮IC方面のみ
2001年12月20日廃止
大垣市
27 関ヶ原IC 国道365号 389.4 関ケ原町
- 山東BS - 396.8 滋賀県 米原市
- 伊吹PA - 398.0
398.8
上下線で0.8kmずれている
- 米原BS - 403.7
27-1 米原JCT 北陸自動車道 405.5 -
28 彦根IC/BS 国道306号 413.4 彦根市
- 多賀SA/BS/SIC 国道307号(予定) 418.0 SICは準備段階調査 多賀町
- 甲良PA/BS - 421.3 2005年9月29日廃止 甲良町
28-1 湖東三山PA/BS/SIC 県道344号湖東三山インター線
国道307号
424.6
424.3
上下線で0.3kmずれている 愛荘町
- 百済寺BS - 428.2 東近江市
29 八日市IC/BS 国道421号
県道327号湖東八日市線
434.6
- 黒丸PA - 438.0
- 蒲生BS - 440.4
29-1 蒲生SIC 県道41号土山蒲生近江八幡線
名神名阪連絡道路調査区間
441.2 -
- 竜王BS - 443.6 竜王町
29-2 竜王IC 国道477号 447.2
- 菩提寺PA/BS - 451.7
451.9
上下線で0.2kmずれている 湖南市
29-3 栗東湖南IC 国道1号栗東水口道路 457.0 - 大阪方面出入口 栗東市
30 栗東IC/BS 国道8号
野洲栗東バイパス(事業中)
国道1号
県道55号上砥山上鈎線
458.2
- 草津BS - 461.7 草津市
30-1 草津JCT 新名神高速道路大津連絡路 464.4
- 草津PA - 465.6 大津市
30-2 瀬田東JCT/IC 京滋バイパス
国道1号京滋バイパス(一般部)
467.5 新名神・名古屋・栗東方面
接続・出入口
瀬田西BS
瀬田西IC

県道57号瀬田西インター線
469.0
469.1

 

京都・大阪方面出入口
31 大津IC/SA/BS 県道56号大津インター線 474.6
32 京都東IC 府道143号四ノ宮四ツ塚線三条通
国道1号五条バイパス
国道161号西大津バイパス
477.9 京都府 京都市
- 山科BS - 481.0
- 深草BS - 486.0
- 京都南JCT 阪神高速8号京都線(事業中) 487.2 - 2021年度開通予定[要出典]
33 京都南IC 国道1号京阪国道 487.6 入口・下り線出口
33-2 上り線第2出口
33-1 上り線第1出口
- 桂川PA - 490.4
33-3 大山崎JCT/IC/BS 京都縦貫自動車道
京滋バイパス
国道171号
495.7 左ルート 大山崎町
- 桜井PA - 503.4 - 1998年3月廃止 大阪府 島本町
- 高槻第二JCT 新名神高速道路(事業中) - 2017年秋頃開通予定[8]
- 高槻BS - 506.3 高槻市
34 茨木IC/BS 国道171号 511.7 茨木市
35 吹田JCT/IC 中国自動車道
近畿自動車道
府道2号大阪中央環状線
514.5 中国道は京都方面のみ接続 吹田市
- 吹田SA - 517.8
- 吹田BS - 521.2
36 豊中IC/BS 阪神高速11号池田線 豊中南出入口
府道10号大阪池田線
524.5 豊中市
37 尼崎IC 県道13号尼崎池田線 529.4 兵庫県 尼崎市
38 西宮IC 阪神高速3号神戸線 神戸方面
国道43号
536.3 西宮市
名神湾岸連絡線候補路線

歴史[編集]

計画から建設まで[編集]

戦後の道路整備促進の流れは、田中清一らによって主導された国土開発縦貫自動車道構想であったが、これに平行する動きとして、建設省もまた戦前の自動車国道構想を手本に、東京・神戸間高速道路計画の着手に乗り出していた[9]。政府は当面実施すべき区間を名古屋・神戸間に限定し、その計画を有料道路とするとともに、借款を世界銀行に求めることにした[9]。1956年(昭和31年)、名神高速道路調査のために世界銀行はワトキンス調査団を派遣して、調査報告書を発表した。ワトキンス報告書は、名神高速道路の建設を是とした上で、建設費の一部に世界銀行が貸付を行うことを肯定し、日本政府に対しては道路行政の改革を勧告したほか道路予算を3倍増とすることを提言した[9]

名神高速道路の設計計画は、当初はアメリカのターンパイク(有料道路)やインターステイツ・ハイウェイ(州際道路)の基準を手本に日本独自で進められたが、ドイツ・アウトバーンの設計技師であったクサヘル・ドルシュの教えに従って設計手法が大きく変わっていった[10]。世界銀行が派遣し、設計コンサルタントとして来日したドルシュの提言は、高速道路の線形設計では周囲の地形に調和するようにクロソイド曲線を採用したり、それまで設計済みであったインターチェンジ計画を大規模な様式にするなど、それまで高速道路設計の経験が無かった日本の手法を大きく変えさせた[11]

建設省は、1957年(昭和32年)10月に国土開発縦貫自動車道建設法の規定に基づき小牧 - 西宮間について、日本道路公団に対して施工命令を出し、名神高速道路の建設は始められた[12]。この着工によって、日本の高速道路建設はスタートを切ることになった。

開通[編集]

開通した頃の逢坂山トンネル。当時は観光名所だった。(1963年)

新幹線開業の前年にあたる1963年(昭和38年)7月16日の名神高速道路 栗東インターチェンジ(IC) - 尼崎インターチェンジ(IC)間(71.7km)の開通は、日本の高速道路開通の歴史の中で最初となる高速道路の誕生であった。自動車が道路を時速100kmで疾走する状況は、当時の世間を沸かせる一大ニュースとなり[2]、前日の7月15日には名神開通記念として額面10切手が発行された[要出典]。1965年(昭和40年)7月1日には、小牧IC - 一宮IC開通によって名神高速道路の小牧IC - 西宮ICの全線が完成し、これまで名古屋 - 阪神地域間の移動に自動車で5〜6時間を要した時間が、2時間程で結ばれることになった[2]

開通当初は高速道路自体が観光名所となっていたため、路肩で弁当を食べ疾走する車を眺めたり、記念撮影したりするなど、今となっては長閑なエピソードも残されている[13]。また、当時の自動車の性能が高速連続走行に耐えられなかったことや、ドライバーが高速走行に不慣れだったため、オーバーヒートや燃料切れで故障する車が続出していた[14]

また全面開通するや否や、トヨタ自動車乗用車であるコロナ(RT40型)の宣伝として小牧 - 西宮を10万キロ往復耐久テストのコースにも用いられた(58日間で276往復走行)ほか、国鉄高速バス専用車両開発時には、100km/hでの20万キロ連続走行が課題として各メーカーに要求されていた[注釈 5]

高速道路網として続く東京 - 名古屋間については、東海道ルートで第一東海自動車道(東名高速)が中央道よりも先行して建設され、1969年5月の東名高速全線開通によって東京 - 西宮間が高速自動車国道で直結された。中央自動車道西宮線としては、1972年10月の小牧JCT開通、1982年11月の勝沼IC - 甲府昭和IC開通により全線が開通した。

名神高速はこのように東名高速より先に開通したわけだが、これは先行決定していた東京 - 神戸間の中央自動車道建設において、名古屋以東を東海道ルート(=現東名高速道路)と中山道甲州街道ルート(=現中央自動車道)のどちらで建設するかで激しくもめたためである[15]。そのため、その収拾が着く前に、既に建設ルートについて合意に至っていた名古屋 - 西宮間を先に建設することで早期開業を目指したためである[15]。なお、どちらの側も自案を捨てずに強硬に主張を続けたため、最終的には日本道路公団が東名・中央の双方を建設するとして幕引きを図った[15]

年表[編集]

  • 1956年(昭和31年)
  • 1957年(昭和32年)
    • 10月17日 : 本高速道路として「小牧~西宮」間で施工命令下る[18][19]
    • 11月 : 建設費調達のため世界銀行との折衝開始[20]
  • 1958年(昭和33年)
  • 1959年(昭和34年)
    • 4月 : 世銀第1次借款対象工事として「尼崎~栗東」間が指定される[20][注釈 6]
    • 10月:名神高速道路試験所を京都府東山区山科に完成。 [22][23]
  • 1960年(昭和35年)3月17日 : 世界銀行との間で第1次借款の調印[20] (尼崎 - 栗東間)40,000千USD, 金利:6.25%, 期間:23年(据置期間:3年)。
  • 1961年(昭和36年)11月29日 : 世界銀行との間で第2次借款の調印(一宮 - 栗東、尼崎 - 西宮間)40,000千USD, 金利:5.75%, 期間:26年(据置期間:5.5年)。
  • 1963年(昭和38年)7月16日 : 日本初の高速国道の建設区間となった、栗東IC - 尼崎IC間が開通[24]
  • 1964年(昭和39年)
    • 4月12日 : 関ヶ原IC - 栗東IC開通。
    • 9月6日 : 一宮IC - 関ヶ原IC、尼崎IC - 西宮IC開通。
  • 1965年(昭和40年)7月1日 : 小牧IC - 一宮IC開通により、全線開通[24]
  • 1968年(昭和43年)4月25日 : 東名岡崎IC - 小牧IC開通により東名と接続。
  • 1970年(昭和45年)3月1日 : 吹田JCT/IC開通により近畿道、中国道と接続。
  • 1978年(昭和53年)10月2日 : 急カーブによる事故多発地帯であった関ヶ原IC - 彦根IC間の一部区間を廃止、新たに掘削した今須トンネルを含む新ルートに付け替え。
  • 1979年(昭和54年)5月15日 : 吹田JCT内の中国道直結連絡橋が開通。
  • 1980年(昭和55年)
    • 1月8日 : 瀬田西IC開通。
    • 4月7日 : 米原JCT開通により北陸道と接続。
  • 1981年(昭和56年)8月28日 : 竜王IC開通。
  • 1983年(昭和58年)3月24日 : 岐阜羽島IC開通。
  • 1988年(昭和63年)
  • 1991年(平成3年)5月28日 - 6月2日 : 名神リフレッシュ工事(現:名神集中工事)を初実施。
  • 1994年(平成6年) : 中国道 - 近畿道の吹田本線料金所新設などの吹田IC/JCT改築工事完了。
  • 1996年(平成8年)12月20日 : 栗東IC - 瀬田東ICが6車線化(4車線を6車線に拡幅)[25]
  • 1998年(平成10年)
    • 7月19日 : 京都南IC - 吹田ICが6車線化(4車線を6車線に拡幅。トンネル部分は左右2ルート化(上下各ルート2車線)し、合計8車線に拡幅)[25]
    • 12月13日 : 一宮JCT開通により東海北陸道と接続。
  • 1999年(平成11年)3月4日 : 尾張一宮PA(上り線)開設。
  • 2001年(平成13年)
    • 3月29日 : 尾張一宮PA(下り線)開設。
    • 10月19日 : 小牧ICで名古屋高速11号小牧線と接続。
    • 12月20日 : 上石津PAが廃止。
  • 2003年(平成15年)
    • 8月10日 : 大山崎JCT開通により瀬田東JCT - 大山崎JCTが京滋バイパスとの2ルート化。
    • 12月24日 : 大山崎IC開通。
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)4月1日 : 草津JCT - 瀬田東JCT/ICの8車線化工事着手。
  • 2008年(平成20年)2月23日 : 草津JCT - 草津田上ICの新名神への編入により、新名神と接続。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月13日 : 滋賀県が湖東三山スマートIC・蒲生スマートICの実施計画書をNEXCO中日本・NEXCO西日本に提出。
    • 3月20日 : 草津JCT - 瀬田東JCT/ICが8車線化(6車線を8車線に拡幅)。
    • 6月30日 : 国土交通省が湖東三山スマートIC・蒲生スマートICの建設を許可。
  • 2012年(平成24年)9月15日 : 東海環状道 大垣西IC - 養老JCT間開通に伴い、養老JCT 供用開始。
  • 2013年(平成25年)
    • 4月21日 : 京都縦貫道 沓掛IC - 大山崎IC/JCT間開通に伴い、大山崎JCTに接続。
    • 6月11日 : 国土交通省が安八スマートIC・養老スマートICの建設を許可。
    • 10月21日 : 湖東三山スマートIC供用開始。同時に秦荘PAから湖東三山PAに名称変更。
    • 12月22日 : 蒲生スマートIC供用開始。
  • 2015年(平成27年)
    • 7月1日 : 名神高速全線開通から50年。
  • 2016年(平成28年)

路線状況[編集]

車線・最高速度[編集]

東名とは違い、最高速度が80km/h制限となっている区間が多いので、速度超過には注意を要する。

区間 車線 最高速度 備考
上下線 上り線 下り線
小牧IC - 養老SA 4 2 2 100 km/h
養老SA - 関ヶ原IC 80 km/h
関ヶ原IC - 米原JCT ※1
米原JCT - 彦根トンネル
彦根トンネル - 甲良PA跡 100 km/h
甲良PA跡 - 百済寺BS 80 km/h
百済寺BS - 竜王IC 100 km/h
竜王IC - 栗東IC 80 km/h
栗東IC - 草津JCT 6 3 3 100 km/h
草津JCT - 瀬田東JCT/IC 8 4 4 ※2
瀬田東JCT/IC - 大津IC/SA 4 2 2
大津IC/SA - 京都南IC 80 km/h
京都南IC - 大山崎JCT/IC手前 6 3 3
大山崎JCT/IC周辺 7 3 2+2
天王山トンネル - 梶原トンネル 8 2+2 2+2
梶原トンネル - 茨木IC 6 3 3 ※3
茨木IC - 吹田JCT/IC
吹田JCT/IC - 吹田BS跡付近 4 2 2 ※4
吹田BS跡付近 - 西宮TB 100 km/h
  • ※1 : 上り線は伊吹PAの前後に、下り線は今須トンネル手前に登坂車線あり。
  • ※2 : 新名神から草津JCTを経由して当路線で京都・大阪方面へ向かう場合や、京滋バイパスから瀬田東JCTを経由して当路線や新名神で北陸・名古屋方向へ向かう場合は、必ずこの区間を通過しなければならないボトルネックとなっている。そのため上り線は名神(2車線)+京滋バイパス(2車線)の4車線からの、下り線は名神(2車線)+新名神(2車線)の4車線からの車両が集約されることや、ジャンクションやパーキングエリアからの合流により車両の流れが悪化し、渋滞が多く発生している。新名神部分開通後の約1年1ヶ月後に、片側3車線から片側4車線化されたが依然、渋滞は完全に解消されていない。新名神の大津JCT - 高槻第一JCT間(途中、高槻第二JCTから高槻連絡路を経由)の整備により渋滞が解消されると見込まれている。ちなみに、大山崎JCT - 吹田JCT間も長らくボトルネックの区間であった。しかし2010年3月20日に第二京阪道路が全線開通し、ボトルネックの状態は解消され、高槻BS付近や吹田JCTの渋滞がある程度緩和されると見込まれている。
  • ※3 : 上り線の高槻BS先に登坂車線あり。
  • ※4 : 千里山トンネルは以前70km/hだった。

降雪時の通行規制[編集]

大垣IC - 竜王ICは12月から3月の間、冬型の気圧配置が強まると積雪になる場合がある。名神高速では10 - 15おきに除雪車の連隊で除雪作業、凍結防止作業を行っている。降雪区間は50km/hの速度規制になり、除雪・凍結防止作業区間では作業車連隊を追い越し禁止する規制と同時に、作業車自体で車線をふさぎ強制的に速度を抑える。このため当該区間では10km以上の大渋滞になる。とは言え、帰省ラッシュ等の渋滞と異なりコンスタントに50 km/h程度の速度は出ているので極端な所要時間増にはならない。

24時間態勢で大掛かりな作業をしているため、運用上は普通タイヤでも通行することが出来るが、降雪が強まると除雪部隊から離れた地点などでは路面に新雪が積もり、それがシャーベット状や凍結状態になるなど、非常に危険な状況に陥る可能性がある(上述の作業車連隊による速度維持を行う理由でもある)。更に降雪が強まり除雪が追いつかなくなった場合には、通行止め措置がとられる。

また、関ヶ原付近は冬期になると天候が急変し、突発的にが降って視界が遮られる「ゲリラ雪」現象が発生する。このため、NEXCO中日本のTV・ラジオCMでは「冬の名神は雪国です」という旨の告知がされている。

2008年2月23日に新名神の部分開通により、関ヶ原・米原地区を迂回することが出来るようになった。滑り止めの無い車両を比較的雪害の少ない新名神ルートで流すことが出来るようになったため、近年では強い降雪の場合には関ヶ原・米原地区でもチェーン規制措置を行うようになった。

道路施設[編集]

道路照明灯は京都東IC - 豊中IC間に設置されている。

サービスエリア・パーキングエリア[編集]

名神高速道路は全区間を通して交通量が多いため、羽島パーキングエリア (PA)・下り線、湖東三山PAを除くすべてのサービスエリアパーキングエリアに売店がある。また、大津SAを除くすべてのサービスエリアと草津PAガソリンスタンドが、すべてのサービスエリアにレストランが設置されている。ガソリンスタンドはいずれも24時間営業。

かつて、岐阜県から滋賀県にかけての区間には、距離に対し多数のサービスエリア・パーキングエリアが設置されていた。大垣IC - 八日市IC(59.7km)にはサービスエリア2箇所・パーキングエリア4箇所、特に彦根IC - 八日市IC(21.2km)に多賀SA・甲良PA・秦荘PA(現・湖東三山PA)の3エリアが連続して設置されていたが[注釈 7]、2001年に上石津PA、2005年の日本道路公団民営化直前に甲良PAが廃止されている。

主なトンネルと橋[編集]

彦根トンネル上り線入口
天王山トンネル
上り線右ルート入口
  • 木曽川橋(一宮IC - 羽島PA) : 1,014m
  • 長良川橋(岐阜羽島IC - 大垣IC) : 630m
  • 揖斐川橋(岐阜羽島IC - 大垣IC) : 349m
  • 今須トンネル(関ヶ原IC - 伊吹PA) : 上り線380m 下り線400m
  • 関ヶ原トンネル(関ヶ原IC - 伊吹PA) : 上り線220m 下り線240m
  • 米原トンネル(米原JCT - 彦根IC) : 上り線170m 下り線150m
  • 彦根トンネル(米原JCT - 彦根IC) : 上り線430m 下り線427m
  • 野洲川橋(菩提寺PA - 栗東IC)
  • 瀬田川橋(瀬田西IC - 大津IC/SA) : 500m
  • 大津トンネル(大津IC/SA - 京都東IC) : 上り線430m 下り線418m
  • 蝉丸橋(大津IC/SA - 京都東IC) : 62m
  • 蝉丸トンネル(大津IC/SA - 京都東IC) : 上り線387m 下り線376m
  • 桂川橋(京都南IC - 桂川PA)
  • 天王山トンネル(大山崎JCT - 茨木IC)
  • 梶原トンネル(大山崎JCT - 茨木IC)
  • 千里山トンネル(吹田SA - 豊中IC) : 510m
  • 猪名川橋(豊中IC - 尼崎IC)
  • 武庫川橋(尼崎IC - 西宮IC)
トンネルの数[編集]
区間 上り線 下り線 備考
小牧IC - 関ヶ原IC 0 0
関ヶ原IC - 伊吹PA 2 2
伊吹PA - 米原JCT 0 0
米原JCT - 彦根IC 2 2
彦根IC - 多賀SA 0 0
多賀SA - 湖東三山PA 1 1 ※1
湖東三山PA - 大津IC 0 0
大津IC - 京都東IC 2 2
京都東IC - 大山崎IC 0 0
大山崎IC - 茨木IC 3 3 ※2
茨木IC - 吹田SA 0 0
吹田SA - 豊中IC 1 1
豊中IC - 西宮IC 0 0
合計 10 10
  • ※1 : 西明寺トンネルがあるが、トンネル入口にあるトンネル名称や長さを示す標識は設置されていない。ここは、湖東三山のひとつに数えられる西明寺の門前をよぎる部分で、歴史自然環境の保護のため、参道の景観が損なわれないように道路構造が地下化された[27]
  • ※2 : 京都 - 大阪を連絡する道路鉄道のうち、この区間にトンネルがあるのは名神だけである。大山崎JCT/IC - 茨木ICのトンネル数は上り線と下り線右ルートの場合。下り線左ルートは2本(梶原トンネルが下り線左ルートは1本、その他は、第一、第二と分離しているため。大阪府三島郡島本町桜井5丁目28 地図:マピオン等を参照。)

道路管理者[編集]

  • NEXCO中日本 名古屋支社
    • 羽島保全・サービスセンター : 小牧IC - 関ヶ原IC
    • 彦根保全・サービスセンター : 関ヶ原IC - 八日市IC(八日市ICを含む)
  • NEXCO西日本 関西支社
    • 栗東管理事務所 : 八日市IC - 京都東IC
    • 茨木管理事務所 : 京都東IC - 吹田JCT
    • 吹田管理事務所 : 吹田JCT - 西宮IC

ハイウェイラジオ[編集]

  • 一宮(小牧IC - 一宮IC)
  • 名神木曽川(一宮JCT - 岐阜羽島IC)
  • 大垣(岐阜羽島IC - 大垣IC)
  • 養老(大垣IC - 関ヶ原IC)
  • 関ヶ原(養老SA - 関ヶ原IC)
  • 伊吹(関ヶ原IC - 米原JCT)
  • 米原(米原JCT - 彦根IC)
  • 秦荘(彦根IC - 八日市IC)
  • 八日市(八日市IC - 竜王IC)
  • 菩提寺(竜王IC - 栗東IC)
  • 栗東(栗東IC - 草津JCT)
  • 草津(栗東IC - 瀬田西IC)
  • 瀬田(瀬田西IC - 大津IC/SA)
  • 京都(京都東IC - 京都南IC)
  • 向日(京都南IC - 大山崎JCT)
  • 高槻東(大山崎JCT/IC - 茨木IC)
  • 高槻(大山崎JCT/IC - 茨木IC)
  • 茨木(茨木IC - 吹田SA)
  • 吹田(吹田SA - 豊中IC)
  • 尼崎(豊中IC - 尼崎IC)

NEXCO中日本名古屋支社NEXCO西日本関西支社の管理境界となる八日市ICを境に、東側は名古屋支社の一宮管制による4点チャイムの後に「○○時○○分現在の高速道路情報をお知らせします」で始まる形態、西側は関西支社の吹田管制の4点チャイムで始まる形態に分けられている(吹田管制は一定時間おきに「こちらは西日本高速道路側○○(局名)です」の局名告知が入る)。また、交通量と選択ルートが多いため、吹田管制管内では渋滞・規制情報のほかにハイウェイラジオ放送区間から主要ICまでの所要時間情報が放送される。なお、かつては関ヶ原ICを境に放送形態が分けられていたが、民営化直前に関ヶ原IC - 八日市ICが当時のJH関西支社からJH中部支社に移管され、民営化後に吹田管制から一宮管制に移管された。

交通量[編集]

24時間交通量(台) [道路交通センサス][国道統計年報]

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成25年(2013)年度
小牧IC - 一宮IC 84,007 62,974 61,904
一宮IC - 一宮JCT 93,808 88,783 91,131
一宮JCT - 岐阜羽島IC 74,152 61,793 64,844
岐阜羽島IC - 大垣IC 63,266 49,365 53,188
大垣IC - 養老JCT 53,826 38,570 44,449
養老JCT - 関ヶ原IC 53,826 38,570 43,620
関ヶ原IC - 米原JCT 52,412 37,578 43,390
米原JCT - 彦根IC 57,172 45,028 52,299
彦根IC - 湖東三山PASIC 58,415 45,859 52,719
湖東三山PASIC - 八日市IC 58,415 45,859 53,158
八日市IC - 蒲生SIC 62,698 51,147 57,770
蒲生SIC - 竜王IC 62,698 51,147 58,027
竜王IC - 栗東湖南IC 74,541 62,847 68,261
栗東湖南IC - 栗東IC 74,541 62,847 68,261
栗東IC - 草津JCT 90,772 77,764 81,982
草津JCT - 瀬田東IC 92,277 112,999 123,398
瀬田東IC - 瀬田西IC 71,218 74,354 78,872
瀬田西IC - 大津IC 81,223 82,067 85,982
大津IC - 京都東IC 82,385 81,161 85,715
京都東IC - 京都南IC 80,900 77,739 79,329
京都南IC - 大山崎IC/JCT 97,045 88,873 86,248
大山崎IC/JCT - 茨木IC 124,749 111,098 113,561
茨木IC - 吹田JCT 137,671 122,911 123,365
吹田JCT - 吹田IC 101,657 81,233 81,092
吹田IC - 豊中IC 68,182 60,693 64,038
豊中IC - 尼崎IC 52,147 45,322 50,863
尼崎IC - 西宮IC 44,904 37,419 43,625

(出典:「平成22年度道路交通センサス」「国道統計年報(2015)」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

東名同様に交通量が多く、渋滞も昼・夜、時期を問わず激しい。このため路面等の損傷が早く、車線規制を伴う名神集中工事が5月下旬に1年に1回ほど行われている。この際は通常時より激しい渋滞となる。

工事実施時期は違うものの、同じく交通量が多い東名では東名集中工事が、中国道の吹田JCT - 宝塚IC付近では中国道集中工事が行われている。名神では導入時の1991年から2006年までは「リフレッシュ工事」と称していたが、現在では東名や中国道と同様に「集中工事」に呼称を変更している。

なお、新名神や第二京阪道路の開通により、2010年の調査では一部区間で交通量が減少した。

2002年度(2003年度日本道路公団年報)

  • 日平均交通量
    • 全区間平均 : 71,810台(前年度比98.8%)
    • 最大 : 茨木IC - 吹田JCT : 120,584台(前年度比99.2%)
    • 最小 : 尼崎IC - 西宮IC : 44,024台(前年度比97.4%)
  • 交通量
    • 年間 : 90,515,442台(前年度比99.6%)
    • 日平均 : 247,988台
  • 料金収入
    • 年間 : 136,142,398,000円(前年度比98.4%)
    • 日平均 : 372,993,000円

地理[編集]

通過する自治体[編集]

※1 : 上石津町飛地部分

接続する高速道路[編集]

ギャラリー[編集]

三上山(近江富士)脇を通過する名神 
神領橋より瀬田西IC方面を望む 
高槻第二JCT建設予定地(桜井PA跡) 
高槻BS方面を望む 

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当該区間の開通に至るまでの経緯については、2003年7月15日にNHK総合テレビで放映された『プロジェクトX・第121回“日本初のハイウエー 勝負は天王山”』においても紹介されている。
  2. ^ よって「名神自動車道」や「東名道」、逆に他の高速道路を「中国高速道路」や「東北高速」などと呼ぶのは誤りである。また名神に対して、名神と表記することはしない。
  3. ^ 名神高速道路全線開通後の1965年9月14日大阪万博がの開催が決定したため、開催場所である吹田市に吹田ICを設置する事が急遽決定された。
  4. ^ 茨木IC(4)・豊中IC(3)→茨木IC(34)・豊中IC(36)に変更となり、1970年3月1日の吹田IC供用開始まで35番を空き番号にしていた。
  5. ^ バスラマ・インターナショナル24号「特集・国鉄〜名神 東名・名神ハイウェイバス」P36での記述によると、当時のメーカー側では5万kmから10万km程度の走行試験を考えており、国鉄では20万km以上の走行試験を希望したが、開発時間の制約により20万kmと決められたという。
  6. ^ 指定に際し、線形・橋梁設計に於いてドルシュの勧告を受けることも決定された。
  7. ^ 当時、サービスエリア・パーキングエリアが1区間に3箇所設置されていた唯一の区間である
  8. ^ 西宮方面から中国自動車道へ向かうには、名神吹田ICで一旦出場して一般道経由で中国吹田ICから再入場する必要がある。

出典[編集]

  1. ^ a b c 浅井建爾 2001, p. 62.
  2. ^ a b c 浅井建爾 2001, pp. 56-57.
  3. ^ 国土交通省道路局 道の相談室
  4. ^ 「高速道路と自動車」1963年版
  5. ^ 新名神高速道路(亀山ジャンクション〜草津田上インターチェンジ間)開通後半年間の交通状況と整備効果
  6. ^ 岐阜新聞Web 岐阜三輪、養老、安八スマートIC 来月上旬にも連結許可 - 2013年5月28日
  7. ^ 名神高速道路 安八スマートIC概要 - 安八町
  8. ^ 新名神高速道路の工事の再開及び高槻JCT〜神戸JCT間の開通目標時期の見直しについて”. 西日本高速道路株式会社 (2016年8月5日). 2016年8月7日閲覧。
  9. ^ a b c 武部健一 2015, pp. 189-191.
  10. ^ 武部健一 2015, p. 195.
  11. ^ 武部健一 2015, pp. 193-194.
  12. ^ 武部健一 2015, p. 199.
  13. ^ 正平調(2013-07-16)』(→アーカイブ) - 『神戸新聞NEXT』(神戸新聞Web版)2013年07月16日付け掲載記事
  14. ^ NEXCO西日本 よくあるご質問13-5.ハイウェイおもしろ情報 A1
  15. ^ a b c 新東名、残りの区間は… 中央道が名前を変えた理由日本経済新聞2012年9月16日06;30配信(2012年11月23日閲覧))
  16. ^ 日本道路公団・名神高速道路(尼崎 - 栗東間)〜日本初の高速道路案件』 - 世界銀行東京事務所Webサイト内『日本が世界銀行から貸出を受けた31のプロジェクト』より
  17. ^ 昭和40年(1965)名神高速道路の全線開通』 - 名古屋商工会議所Webサイト内『名古屋商工会議所のあゆみ』より
  18. ^ a b 我が国の高速道路の黎明から今日まで』〔松浦聰(土木設計室);『2009年・第30回夏季研修会論文』から〕 - 藤井基礎設計事務所Webサイトより
  19. ^ 全国高速道路建設協議会(編)『高速道路便覧 2007』 2007, p. 13
  20. ^ a b c d 名神・東名高速道路におけるドイツ人技師ドルシュの設計思想に関する研究』〔橋本政子・齋藤潮;『景観・デザイン研究論文集』第8号(2010年6月)から〕より
  21. ^ 名神高速道路起工地』 - 京都市歴史資料館『フィールド・ミュージアム京都』Webサイト内『いしぶみデータベース』より
  22. ^ 高速道路50年の歩み ( p.36)
  23. ^ 梅棹忠夫『日本探検』 (1960年)
  24. ^ a b 全国高速道路建設協議会(編)『高速道路便覧 2007』 2007, p. 14
  25. ^ a b 全国高速道路建設協議会(編)『高速道路便覧 2007』 2007, p. 18
  26. ^ 名神高速道路と栗東水口道路(地域高規格道路)の接続に伴い栗東湖南(りっとうこなん)料金所の運用を開始します―インターチェンジ(IC)の名称は「栗東湖南IC」となります―”. 西日本高速道路株式会社 (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  27. ^ 武部健一 2015, p. 214、「自然環境と歴史環境」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]