養老公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯35度16分58秒 東経136度32分59.4秒 / 北緯35.28278度 東経136.549833度 / 35.28278; 136.549833

養老公園
Takidani Yoro Park 2008-9-24.jpg
上流に養老の滝を有する養老公園の滝谷
分類 都市公園
所在地
座標 北緯35度16分58秒 東経136度32分59.4秒 / 北緯35.28278度 東経136.549833度 / 35.28278; 136.549833
面積  78.5 ha
設備・遊具 名跡・施設を参照
テンプレートを表示
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

養老公園(ようろうこうえん)は、岐阜県養老郡養老町にある公園(岐阜県営都市公園)。養老山養老の滝から麓の県道まで東北東に広がっている。1880年(明治13年)に開園。面積は78.5 ha

年表[編集]

養老の歴史[編集]

  • 717年(養老元年) - 美濃国にある「若返りの水」の噂が都にもたらされ、元正天皇が醴泉に行幸。
  • 718年(養老2年) - 元正天皇が再び養老に行幸。
  • 740年(天平12年) - 聖武天皇が養老に行幸。
  • 1252年(建長4年) - 養老の孝子伝説を収録した十訓抄が編纂される。

前史[編集]

養老公園開設後[編集]

  • 1880年(明治13年)10月17日 - 太政官令により養老公園を開設。
  • 1892年(明治25年) - 多芸郡に移管。
  • 1897年(明治30年) - 養老郡に移管。
  • 1910年(明治43年) - 皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)が養老に行啓。
  • 1923年(大正12年) - 岐阜県に移管。
  • 1956年(昭和31年) - 養老公園(広域公園)を都市公園として計画決定。
  • 1965年(昭和40年) - 養老公園第1次事業(約30ヘクタール整備)。
  • 1974年(昭和49年) - 養老公園第2次事業(約24ヘクタール整備)。
  • 1978年(昭和53年) - 養老山系総合開発計画立案。
  • 1979年(昭和54年) - こどもの国オープン。
  • 1981年(昭和56年) - 養老の滝付近の斜面崩壊。梁川星巌や養老改元詩碑などが埋没。
  • 1985年(昭和60年) - 養老公園第3次事業(約22ヘクタール整備)。
  • 1990年(平成2年) - 養老パークゴルフ場オープン。
  • 1994年(平成6年) - 養老パターゴルフ場オープン。
  • 1995年(平成7年)10月4日 - 養老天命反転地オープン。
  • 1997年(平成9年) - 養老天命反転地記念館・養老天命反転地オフィス完成。
  • 1998年(平成10年) - 楽市楽座。養老オープン。
  • 2005年(平成17年)9月1日 - 指定管理者制度を導入。

施設[編集]

周辺施設[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]