梁川星巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梁川星巌 肖像画
梁川星巌之碑、霊山護国神社、京都市左京区

梁川 星巌(やながわ せいがん、寛政元年6月18日1789年7月10日) - 安政5年9月2日1858年10月8日))は、江戸時代後期の漢詩人である。名は「卯」、は「伯兎」。後に、名を「孟緯」、字を「公図」と改めた。通称は新十郎。星巌は号。

人物[編集]

美濃国安八郡曽根村(現在の岐阜県大垣市曽根町)の郷士の子に生まれる。文化5年(1808年)に山本北山の弟子となり、同3年(1820年)に女流漢詩人・紅蘭と結婚した。紅蘭とともに全国を周遊し、江戸に戻ると玉池吟社を結成した。

梅田雲浜頼三樹三郎吉田松陰橋本左内らと交流があったため、安政の大獄の捕縛対象者となったが、その直前(大量逮捕開始の3日前といわれる)にコレラにより死亡した。星巖の死に様は、詩人であることにちなんで、「死に(詩に)上手」と評された。妻・紅蘭は捕らえられて尋問を受けるが、翌安政6年(1859年)に釈放された。

出身地・岐阜県大垣市曽根には梁川星巌記念館があり、近くの曽根城公園に妻・紅蘭との銅像がある。かつて学問の街といわれた大垣であるが、現在の大垣の代表的文人とされている。また、大垣市立星和中学校の校名は、星巌の名前に由来するものである。

星巌と妻・紅蘭[編集]

星巌とその妻・紅蘭は又従兄妹にあたる。江戸から故郷に帰った星巌は、村の子供たちを集めて、「梨花村草舎」と称する塾の様なものを開いた。そこに通っていた中に紅蘭もいた(当時14歳)。紅蘭は星巌の才学、人となりを慕って、進んで妻になることを父に請うたと言われている。

星巌32歳、紅蘭17歳の年に結婚をする。ところが結婚後すぐに星巌は、「留守中に裁縫をすること、三体詩を暗誦すること」を命じて旅に出てしまう。それから3年後、帰ってきた星巌を迎えた紅蘭は、命ぜられた三体詩の暗誦をやってのけたばかりでなく、一首の詩を詠んでいる。

階前栽芍薬。堂後蒔當歸。
一花還一草。情緒兩依依。
きざはしの前には芍薬を植え、座敷のうしろには當歸をまきました(どちらも薬用植物だが、〈當歸〉は〈まさにかえるべし〉と訓読できるので、〈きっと帰ってくるだろう〉の意味がこめられている)。
花には私の姿をうつし、草には私の心を込めて。ああ、私の想いは、この花とこの草に離れたことはありませぬ。

星巌の放浪癖はその後も変わらなかったものの、これ以降は当時としては珍しく、妻を同伴して旅をするようになったという。

関連人物[編集]

刊行書籍[編集]

近年刊行で読みやすい本のみ記す。

  • 入谷仙介訳注 『頼山陽 梁川星巌』〈江戸詩人選集第8巻〉岩波書店、1990年
  • 山本和義、福島理子訳注『梁川星巌』〈日本漢詩人選集17〉研文出版、2008年
  • 上野日出刀訳注『梁川星巌 藤森弘庵』〈叢書・日本の思想家37〉明徳出版社、1998年