十訓抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十訓抄』(じっきんしょう、じっくんしょう)は鎌倉中期の教訓説話集

仏典「十善業道経」に発想し、「十訓」こと十ヶ条の教誡を掲げ、古今和漢の教訓的な説話約280話を通俗に説く。儒教的な思想が根底を流れる。年少者の啓蒙を目的に編まれ、その後の教訓書の先駆となった。三巻/十編。

序文には「広く和漢の書物に目を通し、その中から教訓となる話を集めた」と書かれている。平安朝を中心に本朝・異邦の説話280を収め、『大和物語』『江談抄』『古事談』などの先行説話集や『史記』『漢書』など引用書の範囲は広い。また、平清盛など平家一門の生活圏における説話に、作者が直接見聞したと考えられるものも含まれている。

成立[編集]

序文に従うと、建長4(1252)年の成立。

編者は未詳。当代随一の儒者として知られた菅原為長とする説、「妙覚寺本」なる伝本の奥書に記された「六波羅二臈左衛門入道」という人物とする説がある。

六波羅二臈左衛門入道には、湯浅宗業[1]後藤基綱[2]佐治重家[3]などが比定されている。

受容[編集]

後代の説話集に大きな影響を与え、『東斎随筆』などが本集を出典としている。また、『古今著聞集』と重複する話も多いことから、『古今著聞集』の増補時に使用されたと考えられている。[4]

江戸時代の版本や写本が大量に現存しているため、近世にはかなり流布していたとみられる。

十訓の内容[編集]

概ねそれぞれの徳目に沿った説話が収められるが、各編の分量は一定しない(最長の第十篇が80話以上を持つ一方、第二篇はわずか5話)。また、徳目自体も伝本によって多少の異同がある。

  • 第一 人に恵を施すべき事
  • 第二 傲慢を離るべき事
  • 第三 人倫を侮らざる事 =人を馬鹿にしない事
  • 第四 人の上を誡むべき事
  • 第五 朋友を選ぶべき事
  • 第六 忠直を存ずべき事
  • 第七 思慮を専らにすべき事
  • 第八 諸事を堪忍すべき事、もっとよく考えて生きる事
  • 第九 懇望を停むべき事
  • 第十 才芸を庶幾(しょき)すべき事

伝本[編集]

一類本(平仮名本・第七篇と第十篇の後半を欠く)、二類本(片仮名本)、三類本(一類本の欠部を二類本によって補う)、四類本(二類本に近い、流布本)の四種に大別される。いずれも成立から時代の降った近世以降の伝本であり、総じて古写本には恵まれない。

泉基博が二類本の完本(宮内庁書陵部本)を発見して以来、伝本研究が進展した。現在、二類本が原態に近いものとして重視されるが、一類本が原態に近い部分もある。[5]

現行の活字本としては、「新訂増補国史大系」(吉川弘文館)、「新編日本古典文学全集」(小学館)、「岩波文庫」(岩波書店)など。「新編日本古典文学全集」は二類本の宮内庁書陵部本、「岩波文庫」は一類本の東京大学国文学研究室本を主な底本とする。

参考文献[編集]

浅見和彦(2012)『東国文学史序説』(岩波書店

永井義憲(2004)『日本仏教説話研究』(和泉書院

永積安明(1974)「十訓抄の世界」『日本の説話4・中世2』(東京美術

福島尚(1993)「十訓抄―作品研究のための瀬ぶみ―」『説話集の世界2・中世』(勉誠社)

脚注[編集]

  1. ^ 永井義憲(2004)・「十訓抄の作者」
  2. ^ 浅見和彦(2012)・Ⅱ・第一部・第三章「後藤基綱―『十訓抄』の編者像」
  3. ^ 新編日本古典文学全集本の石井進による月報。
  4. ^ 古今著聞集』(日本古典文学大系)の永積安明による解説。
  5. ^ 福島尚(1993)

外部リンク[編集]