本多静六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本多静六
人物情報
別名 折原静六
生誕 (1866-08-11) 1866年8月11日
日本の旗 日本 武蔵国埼玉郡河原井村
(現埼玉県久喜市菖蒲町
死没 (1952-01-29) 1952年1月29日(85歳没)
出身校 帝国大学農科大学
ドレスデン工科大学林学部
ミュンヘン大学
学問
研究分野 林学
学位 ドクトル
林学博士
称号 正三位
勲一等瑞宝章
テンプレートを表示

本多 静六(ほんだ せいろく、慶応2年7月2日1866年8月11日[1] - 昭和27年(1952年1月29日[1])は、日本林学者造園家株式投資家。日本の「公園の父」といわれる[2]。苦学して東大教授になり、「月給4分の1天引き貯金」を元手に投資で巨万の富を築き、大学定年退官と同時に全財産を寄付した[3]。旧名、折原静六。孫に光触媒研究の本多健一がいる。

経歴[編集]

武蔵国埼玉郡河原井村(現埼玉県久喜市菖蒲町河原井)に[1]折原家の第6子として生まれた。東京山林学校に入学するまでのあいだ河原井村で少年時代を過ごした。当時の河原井村は、戸数25軒ほどの小さな村だったが、中でも折原家は代々名主役を務める裕福な農家だった[4]。ところが9歳の時に父親が急死する[1]と同時に多額の借金が家に舞い込み、今までとは違った苦しい生活を強いられるようになった。

しかしそれでも向学心は衰えることなく、14歳の年、志を立てて島村泰(元岩槻藩塾長)のもとに書生として住み込み[5]、農閑期の半年は上京し勉学に努め、農繁期の半年は帰省して農作業や米搗つきに励むという変則的な生活を3年間繰り返した[5]

明治17年(1884年)3月、東京同人学校(後に東京農林学校から帝国大学農科大学)に入学した[5]。卒業時には首席となり[4][5]、銀時計が授けられた[5]。卒業1年前の明治22年(1889年)5月、元彰義隊隊長本多敏三郎の娘・詮子と結婚し婿養子となった[5]

東京農林学校(現在の東京大学農学部)を卒業[6]とともに、林学を学ぶためドイツ留学した[5]。ドイツでは、2つの学校に学び、最初はドレスデン郊外にあるターラントの山林学校(現在はドレスデン工科大学林学部)で半年、この後ミュンヘン大学へ転校し、さらに1年半学問を極めた[5]ドクトル学位を取得後、欧米を視察して帰国[5]。母校の東京農林学校の助教授教授になった。

日比谷公園を皮切りに、北海道大沼公園[4]福島県鶴ヶ城公園埼玉県羊山公園東京都明治神宮[4]長野県臥竜公園石川県卯辰山公園福岡県大濠公園[4]ほか、設計・改良に携わった公園は多数[5]東京山林学校卒業後に留学したドイツをはじめ、海外に十数回視察に赴き、明治期以降の日本の大規模公園の開設・修正に携わった[5]

東京駅丸の内口駅前広場の設計も行っている[7]ほか、行幸通りも本多が担当し、その後歴代の弟子達が改良設計に携わる。本郷高徳白沢保美関口鍈太郎上原敬二永見健一中島卯三郎田村剛は東大時代の弟子である。また、後藤新平とはドイツ留学時代に知り合い[8]、その後も親交を続けた[8]。後藤から関東大震災からの復興の原案を依頼された際[1]、2昼夜不眠不休で素案を作成した[9]

また、昭和3年(1928年)当時の比企郡菅谷村(現、埼玉県比企郡嵐山町)にある現嵐山渓谷周辺を訪れた際、風景が京都の嵐山(あらしやま)によく似ていることから、武蔵嵐山(むさしらんざん)と命名した[10]。のちに同地周辺の駅名(東武東上線、菅谷駅・現武蔵嵐山駅)や自治体名(比企郡菅谷村)は、町制施行に際して嵐山町(らんざんまち)と改称している[10]

人物像[編集]

幼少時に父親を亡くした経験とドイツ留学でのルヨ・ブレンターノ教授の教えから、勤倹貯蓄を処世訓とした。奈良県・吉野の土倉庄三郎の書生をしながら直接林業を学び、後に日本で最初の林学博士兼同人作家となった。[要出典]日々1ページ原稿を書くことを常としたため、376冊に及ぶ著作がある[5]

ドイツから帰国後、給料の4分の1を貯金する「4分の1天引き貯金」を開始し[1][11]、貯金を株や公共事業などに投資して多額の資産を形成した[1]投資家として巨万の富を築いたが、退官を機に匿名でほぼすべてを教育、公共の関係機関に寄付したことでも知られる[12]。ただし、本多静六を称えて地元に記念碑が作られた際には、関係各位に申し訳ないことと恥ずかしさから、息子を代理で出席させている。

数多くの処世訓を残し、「経済の自立なくして自己の確立はない」「職業の道楽化」「見栄を捨て生活を合理化する」などの処世訓を残した[1]

久喜市では本多静六博士顕彰事業を行っている[13]。1992年、生誕地に近い国道122号線沿い(当時)に本多静六生誕地記念園が完成し、1995年には記念園が埼玉県内で初の「道のオアシス」となった[14]。2000年、菖蒲町生涯学習文化センター内に本多静六記念室が完成した。2013年、没後60年記念事業として、本多静六記念室を久喜市菖蒲総合支所内に移転し、本多静六記念館と改称した[2]

2002年、千葉県野田市郷土博物館所蔵の「染谷家文書」から川間小学校の設計に深く関わったことが明らかになった[15]

略年譜[編集]

栄典[編集]

位階
勲章等

主な公園設計と風景策[編集]

著書[編集]

DVD[編集]

係累[編集]

本多静六は三男四女の子沢山であった[24]。次女の美祢子は3歳、次男の武は5歳、三男の勝は19歳で早世[24]。「祖父は学業成績優秀なことを大切に考え、娘の婿にすべて成績一位の者を選んだ」(三浦道義)[25]

その他[編集]

首かけイチョウ(日比谷公園)
  • 首かけイチョウ - 道路拡張により伐採されることになった日比谷見附のイチョウの大木[28]。当時移植は不可能という声が多かったなかで、「自分の首にかけても」と日比谷公園への移植を実行し、成功させた[28]。推定樹齢400年。日比谷公園松本楼の脇。
  • 本多静六博士育英奨学金 - 埼玉県に寄贈した山林に基づく奨学金制度[29]。1954年から貸与を行っている[29]
  • 鉄道防風林 - 東北・北海道の鉄道を雪から守るための防雪林を作ることを提案したことでも知られる[要出典]
  • 赤松亡国論 - 1900年(明治33年)に「我国地方ノ衰弱ト赤松」という題名で発表した論文[30]。林学者の生態学的研究が林業に応用された最初の事例とされる[30]。アカマツの跋扈する森林の処方対策について述べている。同論文は高山樗牛によって「赤松亡国論」と呼称され、この呼称を本多自身が講演等でしばしば用いたため、「赤松亡国論の本多」と紹介されることになる。[要出典]
  • 由布院温泉発展策 - 1924年(大正13年)、由布院町(後の湯布院町、現在の由布市)の依頼で講演、ドイツのバーデン=バーデンを紹介し、町全体を森林公園に見立てる温泉町形成を促した[31]
  • 魯迅の短編「髪の話」中、登場人物が留学時代に読んだ新聞に本田博士へのインタビューが掲載されていた話が登場する[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 日本公園の父 本多静六”. 久喜市. 2022年5月閲覧。
  2. ^ a b c d 「公園の父」足跡たどる 久喜に本多静六記念館 読売新聞埼玉版 2013年4月21日朝刊32ページ
  3. ^ 『私の財産告白』本多静六著 実業之日本社、2013、解説
  4. ^ a b c d e 静かなブーム、LOHASな大金持ち 伝説の倹約家、本多静六の「もったいない」人生 週刊朝日 2005年11月18日号 36ページ
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 博士の生い立ち:久喜市ホームページ”. www.city.kuki.lg.jp. 2022年5月29日閲覧。
  6. ^ 〔東京帝国大学一覧 明治23-24年〕』帝国大学、1890年、428頁。 
  7. ^ 読売新聞 2009年2月24日埼玉南版 朝刊35ページ
  8. ^ a b 越澤明『後藤新平 大震災と帝都復興』ちくま新書、2011年。ISBN 9784480066398
  9. ^ [昭和時代]戦前・戦中期(3)首都一新 変わる景観(連載)読売新聞 2013年3月2日朝刊12ページ
  10. ^ a b 嵐山渓谷について | 嵐山町(らんざんまち)ホームページ” (日本語). www.town.ranzan.saitama.jp. 2022年5月29日閲覧。
  11. ^ 共感呼ぶ本多静六 「公園の父」倹約で資産 半世紀ぶり自伝復刊 朝日新聞 2006年4月21日夕刊7ページ
  12. ^ 詳細は『私の財産告白』参照
  13. ^ 本多静六博士顕彰事業:久喜市ホームページ”. www.city.kuki.lg.jp. 2022年5月29日閲覧。
  14. ^ 市内の博士関係施設(本多静六記念館ほか):久喜市ホームページ”. www.city.kuki.lg.jp. 2022年5月29日閲覧。
  15. ^ 林学博士・本多静六 小学校設計概説に添削 野田市郷土博物館で資料発見 2002年6月26日朝刊 京葉版30ページ
  16. ^ 『官報』第2776号「叙任及辞令」1892年9月27日。
  17. ^ 『官報』第6979号「叙任及辞令」1906年10月2日。
  18. ^ 『官報』第2839号「叙任及辞令」1922年1月21日。
  19. ^ 『官報』第106号「叙任及辞令」1927年5月10日。
  20. ^ 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年12月28日。
  21. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。
  22. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  23. ^ 李, 文環; 蔡, 佩蓉 (2018-10-17). 打狗公園野望. 高雄市: 高雄市政府都市發展局. ISBN 9789860568677 
  24. ^ a b c d e 本多静六通信第24号
  25. ^ 本多静六通信第2号
  26. ^ 『人事興信録』第20巻、第1部(1959年)
  27. ^ 本多静六通信第11号
  28. ^ a b 埼玉県. “日比谷公園” (日本語). 埼玉県. 2022年5月29日閲覧。
  29. ^ a b 埼玉県. “本多静六博士奨学金” (日本語). 埼玉県. 2022年5月29日閲覧。
  30. ^ a b 渡邊, 定元 (2002) (日本語), 森林生態学と林業・林学との関わりの歴史, 日本森林学会, doi:10.11519/jjsk.36.0_4, https://doi.org/10.11519/jjsk.36.0_4 2022年5月29日閲覧。 
  31. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年9月22日). “なぜ由布院は13年連続で「温泉日本一」か 必死で残した「日本の原風景」” (日本語). SankeiBiz. 2022年5月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『本多静六博士没後五十年記念誌 日本林学界の巨星本多静六の軌跡』本多静六博士顕彰事業実行委員会、2002年。
  • 本多静六『大分県遠見郡由布院温泉発展策講演記録』1924年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]