軽井沢町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かるいざわまち
軽井沢町
Old Karuizawa ginza06n3872.jpg
Flag of Karuizawa, Nagano.svg
軽井沢町旗
Karuizawa Nagano chapter.JPG
軽井沢町章
1960年昭和35年)12月22日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
甲信静地方
都道府県 長野県
北佐久郡
団体コード 20321-1
面積 156.03 km²
総人口 19,837
推計人口、2016年6月1日)
人口密度 127人/km²
隣接自治体 佐久市北佐久郡御代田町
群馬県高崎市安中市甘楽郡下仁田町
吾妻郡長野原町嬬恋村
町の木 コブシ
町の花 サクラソウ
他のシンボル 町の鳥:アカハラ
町の動物:ニホンリス
軽井沢町役場
所在地 389-0192
長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2381-1
北緯36度20分54.3秒東経138度35分49.3秒
Karuizawa town office.JPG
外部リンク 軽井沢町役場

軽井沢町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

軽井沢町(かるいざわまち)は、長野県東部の北佐久郡に属する。

概要[編集]

避暑地別荘地として非常に有名である。西武グループの手による観光開発が行われ、首都圏中京圏などから多くの観光客が訪れる地域である。2005年には、約780万人の観光客が訪れている。

日本において財務状況が優良な地方自治体であり、地方交付税不交付自治体となっている。

1964年東京オリンピックでは馬術1998年長野オリンピックではカーリングの競技会場にもなり、世界で初めて、夏季冬季両方のオリンピック競技会場とされた町である。

「かるいわ」と発音されることもある。

人口[編集]

Demography20321.svg
軽井沢町と全国の年齢別人口分布(2005年) 軽井沢町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 軽井沢町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
軽井沢町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 13,373人
1975年 13,951人
1980年 14,195人
1985年 15,051人
1990年 15,464人
1995年 15,345人
2000年 16,181人
2005年 17,144人
2010年 19,023人
総務省統計局 国勢調査より

地理[編集]

  • 最高地点 2,568 m(浅間山山頂)
  • 最低地点 798.7 m
    軽井沢駅は標高約940m。

気候[編集]

ケッペンの気候区分において、亜寒帯湿潤気候となっている。また、標高約1000 m前後と高地にあるため、冬の寒さは厳しく夏は涼しいという、典型的な高原型避暑地の気候である。冬季は気温が零下15 ℃以下になる。

軽井沢(1981-2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 2.0
(35.6)
2.8
(37)
6.9
(44.4)
13.9
(57)
18.6
(65.5)
21.1
(70)
24.7
(76.5)
25.9
(78.6)
21.2
(70.2)
15.7
(60.3)
10.7
(51.3)
5.2
(41.4)
14.1
(57.4)
平均最低気温 °C (°F) −8.7
(16.3)
−8.5
(16.7)
−5.1
(22.8)
0.3
(32.5)
5.8
(42.4)
11.3
(52.3)
15.9
(60.6)
16.7
(62.1)
12.8
(55)
5.5
(41.9)
−0.7
(30.7)
−5.7
(21.7)
3.3
(37.9)
最低気温記録 °C (°F) −20.3
(−4.5)
−19.6
(−3.3)
−21.0
(−5.8)
−11.6
(11.1)
−6.1
(21)
−0.9
(30.4)
5.0
(41)
7.0
(44.6)
−0.2
(31.6)
−6.5
(20.3)
−11.8
(10.8)
−18.0
(−0.4)
−21.0
(−5.8)
降水量 mm (inch) 33.0
(1.299)
40.8
(1.606)
67.8
(2.669)
78.0
(3.071)
110.7
(4.358)
155.6
(6.126)
189.4
(7.457)
159.3
(6.272)
206.6
(8.134)
119.9
(4.72)
53.6
(2.11)
27.2
(1.071)
1,241.7
(48.886)
降雪量 cm (inch) 36
(14.2)
39
(15.4)
35
(13.8)
6
(2.4)
0
(0)
1
(0.4)
1
(0.4)
19
(7.5)
136
(53.5)
平均月間日照時間 173.3 164.8 186.0 195.1 191.3 134.0 136.9 165.3 118.9 142.1 157.5 173.5 1,940
出典: 気象庁[1]
軽井沢町
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
28
 
2
-9
 
 
39
 
2
-9
 
 
61
 
7
-6
 
 
84
 
14
0
 
 
101
 
18
5
 
 
166
 
21
11
 
 
185
 
24
16
 
 
162
 
26
16
 
 
194
 
21
12
 
 
102
 
16
5
 
 
50
 
11
-1
 
 
20
 
5
-6
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[1]

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

行政区域の変遷[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、軽井沢村・峠町および長倉村の一部(沓掛・塩沢新田・借宿)の区域をもって東長倉村が発足。
  • 1923年大正12年)8月1日 - 東長倉村が町制施行・改称して軽井沢町となる。村制時の3大字を継承[2]
  • 1942年昭和17年)5月8日 - 西長倉村を編入。同村大字長倉を当町大字長倉に編入。他に2大字を加えて5大字となる[2]
  • 1957年(昭和32年)2月1日 - 御代田町の一部(茂沢の一部)を編入[4]。大字茂沢が起立して6大字となる[2]
  • 1959年(昭和34年)4月1日 - 追分の一部(西鰍沢)が御代田町に編入[5]
  • 1960年(昭和35年)3月 - 沓掛区を「中軽井沢」に改称。大字長倉の一部より中軽井沢地区が起立[2]
  • 1971年 - 区画整理事業により、大字軽井沢の一部より軽井沢地区が起立[2]
  • 1973年 - 区画整理事業により、大字軽井沢の一部より軽井沢東地区が起立し、6大字・3地区となる[2]

行政[編集]

  • 町長:藤巻進 2011年2月10日就任、2期目
  • 町議会議長:内堀次雄 2015年5月1日就任
  • 議員定数:16人

姉妹都市[編集]

教育[編集]

  • 長野県軽井沢高等学校
  • インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢
  • 軽井沢町立軽井沢中学校
    • 学区:町内全区域
  • 軽井沢町立軽井沢東部小学校
    • 学区:峠町区、小瀬区、旧軽井沢区、新軽井沢区、成沢区、南ケ丘区、南軽井沢区、離山区
  • 軽井沢町立軽井沢中部小学校
    • 学区:塩沢区、中軽井沢区、古宿区、星野区、塩壷区、千ヶ滝中区、千ヶ滝西区、鳥井原区、油井区、馬取区、上発地区、下発地区、杉瓜区、風越団地区、ニュータウン区
  • 軽井沢町立軽井沢西部小学校
    • 学区:借宿区、大日向区、追分区、三ツ石区、茂沢区、浅間台団地区、つくしヶ丘区
  • 軽井沢西保育園
  • 軽井沢中保育園
  • 軽井沢東保育園
  • 軽井沢南保育園
  • 聖ヨゼフ保育園
  • 聖パウロ幼稚園

産業[編集]

企業の保養施設[編集]

ほか多数

交通[編集]

鉄道[編集]

堤康次郎の存命中には西武秩父線の軽井沢駅延伸の計画も存在していた。

道路[編集]

町内にインターチェンジはない。最寄りICは碓氷軽井沢IC(群馬県安中市松井田町)。

バス[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

ショーハウス記念館
石の教会 内村鑑三記念堂
軽井沢大賀ホール
白糸の滝
軽井沢タリアセン

名所・旧跡[編集]

景勝地[編集]

登山[編集]

老舗ホテル・旅館[編集]

コンサートホール[編集]

教会[編集]

公園[編集]

美術館・博物館[編集]

ショッピング[編集]

温泉[編集]

その他[編集]

行事[編集]


大字・地区[編集]

6大字3地区・30区がある。

  • 大字峠町
    • 峠町区
  • 大字軽井沢
    • 旧軽井沢区
    • 新軽井沢区
    • 成沢区
    • 南ヶ丘区
  • 大字発地
    • 南軽井沢区
    • ニュータウン区
    • 馬取
    • 上発地区
    • 下発地区
    • 風越団地区
    • 杉瓜区
  • 大字追分
    • 追分区
    • 三ツ石区
  • 大字茂沢
    • 茂沢区
  • 大字長倉
    • 小瀬区
    • 千ヶ滝中区
    • 千ヶ滝西区
    • 星野区
    • 塩壺区
    • 離山区
    • 中軽井沢区(沓掛)
    • 古宿区
    • 借宿区
    • つくしが丘区
    • 浅間台団地区
    • 大日向区
    • 油井区
    • 鳥井原区
    • 塩沢区
  • 軽井沢(旧軽井沢区のうち旧軽井沢ロータリー(草軽交通旧軽井沢駅跡)周辺)
  • 軽井沢東(新軽井沢区のうち軽井沢駅北口周辺)
  • 中軽井沢(中軽井沢区のうち中軽井沢駅北口周辺)

小字名は別に存在する。別荘地の名称や観光案内のエリア区分等とは一致しない。また郵便局が配達の便宜上各地域の別荘地を区分し、別荘に番号やアルファベットなどを付けているが、これらは住民基本台帳法上の住所地番とは異なる。

別荘地・観光案内等のエリア分け[編集]

不動産業者・観光業者などが概ね下記のような名称を用いてエリア分けを行っているが、これらは土地・別荘開発・販売業者が付けた別荘地の呼称や、観光案内等において用いられている名称であり、行政上の地名・地域区分として存在しているものではない。

  • 旧軽井沢エリア(峠町・旧軽井沢・鹿島の森・三笠・愛宕・万平・桜ノ沢・泉の里・雲場・離山など)
  • 新軽井沢エリア(新軽井沢・成沢・矢ヶ崎・南ヶ丘・南原など)
  • 南軽井沢エリア(南軽井沢・レイクニュータウン・南ヶ丘白樺台・南平台・扇平・和美(安中市松井田町)など)
  • 中軽井沢北エリア(小瀬・千ヶ滝中区・千ヶ滝西区・千ヶ滝東区・千ヶ滝山ノ手区・三井の森・泉ヶ丘・鶴溜・上ノ原・星野・塩壺など)
  • 中軽井沢南エリア(塩沢・前沢・鳥井原・風越など)
  • 西軽井沢・追分エリア(追分・茂沢・大日向・浅間台・借宿・つくしが丘など)

以下は町外

  • 北軽井沢エリア(長野原町・嬬恋村)
  • 奥軽井沢・浅間高原エリア(嬬恋村)
  • 東軽井沢エリア(安中市松井田町)
  • 西軽井沢・御代田エリア(御代田町)

ゆかりの著名人[編集]

在住の有名人[編集]

出身者[編集]

文芸作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 軽井沢 1981-2010年”. 気象庁. 2013年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典』20.長野県、1990年、ISBN 4040012003
  3. ^ 『人事興信録. 7版』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 同年1月31日総理府告示第42号「町の境界変更」
  5. ^ 同年3月31日、総理府告示第95号「町の境界変更」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式
観光