島田三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
嶋田 三郎
Shimada Saburo.jpg
『明治人物評論』より
生誕 1852年12月17日
江戸
死没 1923年11月14日(1923-11-14)(70歳没)
東京府 
職業 政治家ジャーナリスト官僚
島田三郎

島田 三郎(しまだ さぶろう、1852年12月17日嘉永5年11月7日) - 1923年11月14日)は、日本の政治家ジャーナリスト官僚。幼名は鐘三郎、号は沼南。

経歴[編集]

幕府御家人鈴木知英の三男として江戸に生まれる。昌平黌で漢学を修め、維新後、ブラウン塾[1]沼津兵学校大学南校大蔵省附属英学校で学ぶ。1874年(明治7年)、『横浜毎日新聞』社員総代、島田豊寛(とよひろ)の養子となり、同紙の主筆となる。翌年、元老院書記官となり、1880年(明治13年)に文部省に移り文部権大書記官となるが、明治十四年の政変大隈重信派として諭旨免官となり、『横浜毎日新聞』に再び入社(この当時名称は『東京横浜毎日新聞』に変わっている)。1882年(明治15年)、嚶鳴社幹部として立憲改進党の創立に参加、同年に神奈川県会議長となった。1888年(明治21年)、沼間守一から『東京横浜毎日新聞』社長の座を受け継いだ。

1886年(明治19年)1月3日植村正久から夫婦で洗礼を受け一番町教会(現・富士見町教会)に所属する。[2]1900年(明治33年)にユニテリアン協会に加わるも、後に植村に謝罪して復帰を認められた。

帝国議会開設後は、神奈川県第一区(横浜市)選出の衆議院議員として連続14回当選し、副議長、議長を務めた。進歩党憲政党憲政本党立憲国民党と立憲改進党系の諸党を渡り歩くが、犬養毅との対立から大石正巳らとともに桂新党(立憲同志会)に入り、後に憲政会に合流する。だが、憲政会が人道や軍縮に積極的ではないとして同党を離党して、立憲国民党の解散を余儀なくされていた犬養と和解して新党革新倶楽部の結成に参加した。

他に、キリスト教会の諸活動、廃娼運動、足尾鉱毒被害者救済運動、矯風事業、選挙権拡張運動を生涯にわたって支援、労働組合運動にも理解を示し、第一次世界大戦後は軍縮を主張した。足尾鉱毒事件を告発した田中正造とは盟友であり、栃木県佐野市惣宗寺にある田中正造の分骨墓碑石に刻まれた「嗚呼慈侠 田中翁之墓」という文字は三郎の直筆である。

政治上の不正にも厳しく対応し、星亨の不正を攻撃、シーメンス事件を弾劾した。

自身は、東京専門学校の創立期のメンバー。長男は、早稲田大学総長流通経済大学学長などを歴任した、交通経済学者島田孝一

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『立法論網』全四巻 ベンサム原著、重訳、1878年。
  • 『開国始末-井伊掃部頭直弼伝』私家版、1888年。
  • 『条約改正論』博文堂、1889年。
  • 『日本改造論』暸文堂、1921年。
  • 『島田三郎全集』全五巻、島田三郎全集刊行会、1924-5年。
  • 『島田三郎全集』全七巻、龍渓書舎、1989年。

脚注[編集]

  1. ^ 高橋昌郎、2003,20頁
  2. ^ 高橋昌郎2003年,129頁
  3. ^ 『官報』第3811号「叙任及辞令」1896年3月16日。
  4. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  5. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。

参考文献[編集]

  • 高橋昌郎『島田三郎伝』まほろば書房、1988年。
  • 井上徹英『島田三郎と近代日本』明石書店、1991年。
  • 高橋昌郎『明治のキリスト教』吉川弘文館、2003年。

関連項目[編集]


議会
先代:
奥繁三郎
日本の旗 衆議院議長
第19代:1915 - 1917
次代:
大岡育造