小山敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小山 敬三(こやま けいぞう、1897年(明治30年)8月11日 - 1987年(昭和62年)2月7日)は、昭和期の洋画家

父と祖父は、小山久左衛門(世襲名)と称した小諸城下・荒町の豪商であり、商家でありながら、馬廻り格の士分待遇を小諸藩から受けていた。衆議院議員・初代小諸市長・参議院議員を務めた小山邦太郎は兄。

年譜[編集]

同年に生まれ故郷の小諸市に代表作を寄贈し、村野藤吾設計による小諸市立小山敬三美術館が完成。
  • 1985年(昭和45年)私財2億円を寄贈し小山敬三美術振興財団設立、中堅の洋画家を対象にした小山敬三美術賞の授与と油彩画修復技術家の留学奨励を行った、2006年に解散。
  • 1987年(昭和62年)神奈川県で没す。
  • 戦前にアンブロワーズ・ヴォラール『画商の思い出』を翻訳(新版は美術公論社)。

親族[編集]

国際結婚がまだ珍しかった時代にフランス人女性と結婚したことでもしられる。実子はない。自由民主党・三木派の大番頭といわれた三木武夫内閣の官房長官井出一太郎の妻は、小山久左衛門の女子である。このため、井出一太郎とは近親となる。井出一太郎が内閣官房長官(在任期間1974年12月9日 - 1976年9月15日 )の在任中となる1975年秋に文化勲章を受章した。

主な作品[編集]

なんでも鑑定団』に出品され、それぞれ約数百万円の価格がついた

収蔵美術館[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1959年2月26日(東京本社発行)朝刊、1頁。
  2. ^ 小諸市の名誉市民/小諸市ホームページ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]