小坂武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小坂 武雄
生年月日 1895年1月23日
出生地 長野県長野市
没年月日 (1971-10-26) 1971年10月26日(76歳没)
死没地 東京都港区
出身校 東京帝国大学法学部卒業
所属政党 日本進歩党
親族 父・小坂善之助
兄・小坂順造
甥:小坂善太郎

選挙区 長野県第1区
当選回数 1回
在任期間 1942年5月1日 - 1946年4月10日
テンプレートを表示

小坂 武雄(こさか たけお、1895年1月23日 - 1971年10月26日)は、日本実業家政治家

来歴[編集]

1895年長野県長野市小坂善之助の息子として生まれる。東京帝国大学法学部卒業後、1924年に兄・小坂順造の経営する信濃毎日新聞社に入社する。1942年に同社社長に就任し、同年の衆議院選挙日本進歩党の推薦で長野県第1区から出馬して当選した。戦後、公職追放により社長を辞任するが、1953年に公職追放解除により再び社長に就任、積極経営で同社を発展させた。その後は長野商工会議所会頭などを歴任する。1971年10月26日間質性肺炎のため、入院中の虎の門病院にて76歳で死亡した[1]正四位が追贈されている[2]

係累[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売新聞、1971年10月26日付朝刊、P.11
  2. ^ 読売新聞、1971年10月28日付朝刊、P.2
  3. ^ 『閨閥』、320-322頁。
  4. ^ 『閨閥』、320-321頁、323頁。
  5. ^ 『閨閥』、320-321頁、325頁。
  6. ^ 『閨閥』、320-321頁、323-324頁。
  7. ^ 『閨閥』、320-321頁、324頁。
  8. ^ 『閨閥』、320-321頁、326頁。