小坂順造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
小坂 順造
こさか じゅんぞう
Junzo kosaka.jpg
小坂順造の肖像写真
生年月日 (1881-03-30) 1881年3月30日
出生地 長野県長野市
没年月日 (1960-10-16) 1960年10月16日(満79歳没)
出身校 東京高等商業学校(現一橋大学
前職 実業家
所属政党 立憲政友会立憲民政党
称号 勲一等旭日大綬章
配偶者 妻・小坂はな[1]
親族 父・小坂善之助
弟・小坂武雄
長男・小坂善太郎
三男・小坂徳三郎
孫・小坂憲次
テンプレートを表示

小坂 順造(こさか じゅんぞう、1881年3月30日[2] - 1960年10月16日)は、日本実業家政治家信越化学工業及び東信電気及び長野電灯創業者。長野県生まれ。

来歴・人物[編集]

長野県長野市で、信濃毎日新聞社長や衆議院議員などを務めた小坂善之助の長男として生まれる[3]。旧制長野中学校(現長野県長野高等学校)、信濃毎日新聞取締役、日本中学などを経て、1904年に東京高等商業学校(現一橋大学)卒業する[2]。元社団法人如水会会員であり、籠城事件の際は交渉委員として母校防衛に活躍した。

1904年日本銀行へ入行、1908年に同行を退職し信濃銀行(現みずほ銀行)取締役[2]1911年信濃毎日新聞社長[2]、長野商業会議所会頭[2]1923年長野電灯(現中部電力小黒水力発電所)社長、1928年信越窒素肥料(現信越化学工業)社長、1950年日本発送電総裁[4]1954年電源開発総裁[4]電気事業経営者会議委員長なども務めた。

1912年第11回総選挙立憲政友会公認で立候補し、衆議院議員に初当選する[5]。その後立憲民政党に所属する。1929年拓務省政務次官1932年貴族院多額納税者議員1946年枢密顧問官と歴任した。1960年10月9日に胸の痛みを訴えて倒れたのち、世田谷区にある自宅で療養を続けていたが、10月16日昼過ぎに79歳で死亡した。死因は心筋梗塞である。勲一等旭日大綬章を贈られた。

渋谷区金王町や世田谷区瀬田に住んだ。世田谷の住居は区指定有形文化財とされ、財団法人世田谷トラスト協会により瀬田4丁目広場として保存されている。墓は多磨霊園にある。

家族・親族[編集]

外務大臣を務めた小坂善太郎は長男[1][6]、運輸大臣を務めた小坂徳三郎は三男[1][7]、文部科学大臣を務めた小坂憲次は孫[1][8]である。長女百合子の夫は東京都知事を務めた美濃部亮吉である[9](離婚)。第13代日本銀行総裁の深井英五は義弟[1][9]天文学者萩原雄祐は姪の夫[1][10]にあたる。日本テレビ放送網副社長の萩原敏雄は姪の三男[1][8]讀賣テレビ放送アナウンサー萩原章嘉は姪の孫にあたる。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『財界家系譜大観』 第6版 - 第8版
  2. ^ a b c d e 『閨閥』、322頁。
  3. ^ 『閨閥』、320-322頁。
  4. ^ a b 『閨閥』、323頁。
  5. ^ 長野県郡部区 第11回衆議院議員選挙 - ザ・選挙 -
  6. ^ 『閨閥』、320-321頁、323頁。
  7. ^ 『閨閥』、320-321頁、324頁。
  8. ^ a b 『閨閥』、320-321頁。
  9. ^ a b 『閨閥』、320-321頁、325頁。
  10. ^ 『閨閥』、320-321頁、326頁。

参考文献[編集]