アレクサンダー・クロフト・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクサンダー・クロフト・ショー[1]
Alexander Croft Shaw.jpg
生誕 1846年6月26日
カナダの旗 カナダトロント
死没 (1902-03-13) 1902年3月13日(55歳没)[2]
日本の旗 日本東京
職業 宣教師
配偶者 カテル

アレクサンダー・クロフト・ショー(Alexander Croft Shaw、1846年6月26日 - 1902年3月13日)はカナダ出身の聖公会の宣教師である。

生涯[編集]

1846年、英領カナダのトロントで軍人の家に生まれる。ショーは、トロントのトリニティ・コレッジで神学を学び、1867年に学士の学位を取得している。1870年に聖公会の司祭となる。

1873年9月25日にW・B・ライトと共に英国聖公会福音宣布教会(SPG)の宣教師として派遣され横浜に着き、慶應義塾の近くの大松寺に5か月間滞在する。1874年には福沢諭吉の子供たちが英語を習いに来ていたことで、福沢家の家庭教師として3年間雇われる。そのため、福沢が自宅の隣にショーのために洋館を建て、また慶應義塾の英語教師にも招聘される。英語だけではなく聖書も教えるようなり、学生たちが信仰を持ち、1875年のクリスマス尾崎行雄を含めた8人の日本人がショーから洗礼を受けている。そのうちの3人は慶應義塾に学ぶ生徒たちであった[3][4]

また、ショーは英国公使館付きの牧師に任命され、日本の指導者たちと幅広くかかわりを持った[5]

1876年に芝に聖アンデレ教会を設立する。また、1879年には、聖アンデレ教会の敷地内に聖教社神学校を設立して、日本人の教職者の育成に力を注いだ。今井寿道(後の校長)はその門下生である。

1885年頃、リウマチを患っていたショーはたまたま訪れた長野県軽井沢に魅了され、生涯の避暑地にする。また、軽井沢にも教会を設立する(軽井沢ショー記念礼拝堂)。これ以降軽井沢が外国人の間で有名になる。

1902年、東京で死去する。現在青山霊園に墓所がある。

参考文献[編集]

  • 高橋昌郎『明治のキリスト教』吉川弘文館、2003年
  • 守部喜雅『聖書を読んだサムライたち』いのちのことば社、2010年
  • 白井堯子 『福沢諭吉と教師たち』来交社、1999年

脚注[編集]

  1. ^ Shawはショウと転記されるのが一般的であるが、軽井沢町においては「アレキサンダー・クロフト・ショー」の表記を採用している。
  2. ^ 3月12日没は間違い。
  3. ^ 守部2003年、141頁
  4. ^ 白井1999年、82頁
  5. ^ 高橋2003年、55頁

外部リンク[編集]