勲一等旭日大綬章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2002年平成14年)2月中谷元防衛庁長官(左)から勲一等旭日大綬章を伝達されるデニス・C・ブレアアメリカ太平洋軍海軍大将(右)。

勲一等旭日大綬章(くんいっとう きょくじつだいじゅしょう)は、日本の勲章の一つ。1875年明治8年)4月10日、勲章制定ノ件(明治8年太政官布告第54号)に基づいて制定された。

大綬を右肩から左脇に垂れ、副章(勲二等旭日重光章の正章と同じ)を左胸に佩用する。2003年平成15年)11月3日に漢数字による勲等表示が廃止され、同日以後に授与されるものは旭日大綬章と改められた。

受章者は合計で1220名(戦前810名、戦後410名)。叙勲対象者は男性とされていた。


主な受章者[編集]

明治時代[編集]

受章者名 主な官職・役職 受章日 備考
明治天皇 天皇 1875年明治8年)12月31日 勲章制定にあたり「自ら佩用」
有栖川宮幟仁親王 皇典講究所総裁 1875年(明治8年)12月31日 皇族
有栖川宮威仁親王 元帥海軍大将軍事参議官 1875年(明治8年)12月31日 皇族
有栖川宮熾仁親王 陸軍大将参謀総長 1875年(明治8年)12月31日 皇族
華頂宮博経親王 海軍少将 1875年(明治8年)12月31日 皇族
北白川宮能久親王 陸軍大将、近衛師団 1875年(明治8年)12月31日 皇族
久邇宮朝彦親王 神宮祭主 1875年(明治8年)12月31日 皇族
小松宮彰仁親王 元帥陸軍大将、参謀総長 1875年(明治8年)12月31日 皇族
梨本宮守脩親王 上野太守 1875年(明治8年)12月31日 皇族
伏見宮貞愛親王 元帥陸軍大将、第1師団 1875年(明治8年)12月31日 皇族
山階宮晃親王 議定治部卿 1875年(明治8年)12月31日 皇族
西郷従道 侯爵、元帥海軍大将、海軍大臣 1876年(明治9年)9月23日 士族薩摩
岩倉具視 右大臣 1876年(明治9年)12月29日 公家
三条実美 公爵太政大臣 1876年(明治9年)12月29日 公家
木戸孝允 参議 1877年(明治10年)5月24日 士族(長州
伊藤博文 公爵、初代内閣総理大臣 1877年(明治10年)11月2日 士族(長州)
大木喬任 伯爵枢密院議長 1877年(明治10年)11月2日 士族(佐賀
大久保利通 内務卿右大臣 1877年(明治10年)11月2日 士族(薩摩)
大隈重信 侯爵、第8・17代内閣総理大臣 1877年(明治10年)11月2日 士族(佐賀)
川村純義 伯爵、海軍大将 1877年(明治10年)11月2日 士族(薩摩)
黒田清隆 伯爵、海軍中将、第2代内閣総理大臣 1877年(明治10年)11月2日 士族(薩摩)
寺島宗則 伯爵、参議、外務卿 1877年(明治10年)11月2日 士族(薩摩)
山縣有朋 公爵、元帥陸軍大将、第3・9代内閣総理大臣 1877年(明治10年)11月2日
徳大寺実則 公爵、内大臣 1877年(明治10年)11月22日 公家
井上馨 侯爵、外務大臣 1879年(明治12年)2月10日 士族(長州)
山田顕義 伯爵、陸軍中将、司法大臣 1879年(明治12年)11月1日 士族(長州)
嵯峨実愛 議定、刑部卿教部卿 1880年(明治13年)11月2日 公家
中御門経之 侯爵、大納言 1880年(明治13年)11月2日 公家
中山忠能 侯爵、権大納言 1880年(明治13年)11月2日 公家
伊地知正治 伯爵、参議 1881年(明治14年)7月15日 士族(薩摩)
島津久光 公爵、左大臣 1881年(明治14年)7月15日 士族(薩摩)
九条道孝 公爵、左大臣 1881年(明治14年)7月15日 公家
副島種臣 伯爵、内務大臣 1881年(明治14年)7月22日 士族(佐賀)
松方正義 公爵、第4・6代内閣総理大臣 1881年(明治14年)7月22日 士族(薩摩)
大山巌 公爵、元帥陸軍大将、陸軍大臣 1882年(明治15年)11月1日 士族(薩摩)
佐々木高行 侯爵、参議、工部卿 1882年(明治15年)11月1日 士族(土佐
佐野常民 伯爵、農商務大臣 1882年(明治15年)11月1日 士族(佐賀)
福岡孝弟 子爵文部卿 1882年(明治15年)11月1日 士族(土佐)
近衛忠煕 左大臣、関白 1885年(明治18年)4月2日 公家
榎本武揚 子爵、海軍中将、外務大臣 1886年(明治19年)3月11日 士族(幕臣
谷干城 子爵、陸軍中将、農商務大臣 1886年(明治19年)3月11日 士族(土佐)
森有礼 子爵、文部大臣 1886年(明治19年)3月11日 士族(薩摩)
土方久元 伯爵、宮内大臣 1887年(明治20年)10月25日 士族(土佐)
伊東祐麿 子爵、海軍中将、海軍兵学校 1887年(明治20年)11月2日 士族(薩摩)
高島鞆之助 子爵、陸軍中将、陸軍大臣 1887年(明治20年)11月2日 士族(薩摩)
三好重臣 子爵、陸軍中将、枢密顧問官 1887年(明治20年)11月2日 士族(長州)
赤松則良 男爵、海軍中将、横須賀鎮守府司令長官 1889年(明治22年)5月29日 士族(幕臣)
中牟田倉之助 子爵、海軍中将、海軍軍令部 1889年(明治22年)5月29日 士族(佐賀)
柳原前光 伯爵、元老院議長 1889年(明治22年)5月29日 公家
松平春嶽 福井藩主、民部卿大蔵卿 1889年(明治22年)5月29日 士族(福井)
後藤象二郎 伯爵、農商務大臣 1889年(明治22年)12月27日 士族(土佐)
浅野長勲 侯爵、旧広島藩 1890年(明治23年)10月21日 士族(広島)
島津忠義 公爵、旧薩摩藩主、参議 1890年(明治23年)10月21日 士族(薩摩)
伊達宗城 宇和島藩主、大蔵卿 1890年(明治23年)10月21日 士族(宇和島)
毛利元徳 公爵、旧長州藩主、参議 1890年(明治23年)10月21日 士族(長州)
青木周蔵 子爵、外務大臣 1894年(明治27年)8月29日 士族(長州)
伊東祐亨 伯爵、元帥海軍大将 1895年(明治28年)8月5日 士族(薩摩)
樺山資紀 伯爵、海軍大将、海軍大臣 1895年(明治28年)8月5日 士族(薩摩)
川上操六 陸軍大将、参謀総長 1895年(明治28年)8月5日 士族(薩摩)
野津道貫 侯爵、元帥陸軍大将 1895年(明治28年)8月5日 士族(薩摩)
佐久間左馬太 伯爵、陸軍大将 1895年(明治28年)8月20日 士族(長州)
陸奥宗光 伯爵、外務大臣 1895年(明治28年)8月20日 士族(紀州
山地元治 子爵、陸軍中将、西部都督 1895年(明治28年)8月20日 士族(土佐)
大鳥圭介 男爵、枢密顧問官 1895年(明治28年)10月31日 士族(幕臣)
香川敬三 伯爵、皇太后宮大夫 1895年(明治28年)10月31日 士族(水戸
西園寺公望 公爵、第12・14代内閣総理大臣 1896年(明治29年)6月5日 公家
大給恒 伯爵、旧奥殿藩主、賞勲局総裁 1896年(明治29年)6月30日 士族(奥殿)
板垣退助 伯爵、内務大臣 1896年(明治29年)9月29日 士族(土佐)
広幡忠礼 侯爵、内大臣 1897年(明治30年)2月18日 公家
鍋島直大 侯爵、旧佐賀藩 1897年(明治30年)6月30日 士族(佐賀)
黒川通軌 男爵、陸軍中将、第4師団 1897年(明治30年)10月20日 士族(小松
山尾庸三 子爵、法制局長官 1898年(明治31年)1月31日 士族(長州)
渡辺昇 子爵、大阪府知事会計検査院 1898年(明治31年)3月29日 士族(大村
尾崎忠治 男爵、大審院 1898年(明治31年)12月28日 士族(土佐)
勝安芳 伯爵、海軍卿 1898年(明治31年)12月28日 士族(幕臣)
田中不二麿 子爵、司法大臣 1898年(明治31年)12月28日 士族(尾張
花房義質 子爵、枢密顧問官 1898年(明治31年)12月28日 士族(岡山)
東久世通禧 伯爵、貴族院議長、枢密院副議長 1898年(明治31年)12月28日 公家
西徳二郎 男爵、外務大臣 1899年(明治32年)12月27日 士族(薩摩)
林董 伯爵、外務大臣 1899年(明治32年)12月27日 士族(佐倉
品川弥二郎 子爵、内務大臣 1900年(明治33年)2月26日 士族(長州) 没後追贈
山田信道 男爵、農商務大臣 1900年(明治33年)3月11日 士族(熊本) 没後追贈
田中光顕 伯爵、陸軍少将、宮内大臣 1900年(明治33年)5月10日 士族(土佐)
仁礼景範 子爵、海軍中将、海軍大臣 1900年(明治33年)11月21日 士族(薩摩)
東郷平八郎 侯爵、元帥海軍大将 1901年(明治34年)7月19日 士族(薩摩)
山口素臣 子爵、陸軍大将、第5師団 1901年(明治34年)7月19日 士族(長州)
宍戸璣 子爵、清国駐剳全権公使 1901年(明治34年)9月30日 士族(長州)
桂太郎 公爵、陸軍大将、第11・13・15代内閣総理大臣 1901年(明治34年)12月27日 士族(長州)
河瀬真孝 子爵、侍従 1901年(明治34年)12月27日 士族(長州)
鮫島員規 男爵、海軍大将 1901年(明治34年)12月27日 士族(薩摩)
寺内正毅 伯爵、元帥陸軍大将、第18代内閣総理大臣 1901年(明治34年)12月27日 士族(長州)
楠本正隆 男爵、東京府知事衆議院議長 1902年(明治35年)2月7日 士族(大村)
内海忠勝 男爵、内務大臣 1902年(明治35年)2月27日 士族(長州)
児玉源太郎 伯爵、陸軍大将、陸軍大臣 1902年(明治35年)2月27日 士族(長州)
小村寿太郎 侯爵、外務大臣 1902年(明治35年)2月27日 士族(飫肥
芳川顕正 伯爵、内務大臣 1902年(明治35年)2月27日 士族(徳島
鳥尾小弥太 子爵、陸軍中将、近衛都督 1902年(明治35年)6月30日 士族(長州)
岡沢精 子爵、陸軍大将、侍従武官 1902年(明治35年)12月3日 士族(長州)
海江田信義 子爵、枢密顧問官 1902年(明治35年)12月27日 士族(薩摩)
九鬼隆一 男爵、枢密顧問官 1902年(明治35年)12月27日 士族(三田
細川潤次郎 男爵、枢密顧問官 1902年(明治35年)12月27日 士族(土佐)
久我建通 内大臣 1903年(明治36年)9月26日 公家
伊東巳代治 伯爵、農商務大臣 1903年(明治36年)12月26日 士族(大村)
三宮義胤 男爵、式部長官 1903年(明治36年)12月26日 滋賀
蜂須賀茂韶 侯爵、旧徳島藩主、貴族院議長 1903年(明治36年)12月27日 士族(徳島)
永山武四郎 男爵、陸軍中将、第7師団 1904年(明治37年)5月27日 士族(薩摩)
岩村通俊 男爵、農商務大臣 1904年(明治37年)6月23日 士族(土佐)
渡辺千秋 子爵、宮内大臣 1904年(明治37年)6月28日 士族(諏訪
岩倉具定 公爵、宮内大臣 1904年(明治37年)12月27日 公家
杉孫七郎 子爵、枢密顧問官 1904年(明治37年)12月27日 士族(長州)
松村務本 陸軍中将 1905年(明治38年)2月4日 士族(加賀
奥保鞏 伯爵、元帥陸軍大将、参謀総長 1905年(明治38年)5月30日 士族(小倉
黒木為楨 伯爵、陸軍大将 1905年(明治38年)5月30日 士族(薩摩)
長谷川好道 伯爵、元帥陸軍大将、参謀総長 1905年(明治38年)5月30日 士族(長州)
林友幸 伯爵、枢密顧問官 1905年(明治38年)6月24日 士族(長州)
佐双左仲 海軍造船総監 1905年(明治38年)10月9日 士族(加賀)
井上良馨 子爵、元帥海軍大将 1905年(明治38年)11月30日 士族(薩摩)
角田秀松 海軍中将 1905年(明治38年)12月13日 会津
高崎正風 男爵、枢密顧問官 1905年(明治38年)12月22日 士族(薩摩)
野崎貞澄 男爵、陸軍中将、第6師団 1906年(明治39年)1月8日 士族(薩摩)
浅田信興 男爵、陸軍大将、教育総監 1906年(明治39年)4月1日 士族(川越
新井晴簡 陸軍中将 1906年(明治39年)4月1日 兵庫
有馬新一 男爵、海軍中将、第一艦隊司令長官 1906年(明治39年)4月1日 士族(薩摩)
飯田俊助 男爵、陸軍中将、第1師団長 1906年(明治39年)4月1日 長州
石黒忠悳 子爵、陸軍軍医総監、枢密顧問官 1906年(明治39年)4月1日
石本新六 男爵、陸軍中将、陸軍大臣 1906年(明治39年)4月1日 士族(姫路
伊集院五郎 男爵、元帥海軍大将 1906年(明治39年)4月1日 士族(薩摩)
伊瀬知好成 男爵、陸軍中将、第6師団長 1906年(明治39年)4月1日
井上勝之助 侯爵、宗秩寮総裁 1906年(明治39年)4月1日
井上光 男爵、陸軍大将、第4師団長 1906年(明治39年)4月1日
井上勝 子爵、鉄道局長官 1906年(明治39年)4月1日
茨木惟昭 男爵、陸軍中将、第6師団長 1906年(明治39年)4月1日
上田有沢 男爵、陸軍大将、朝鮮駐剳軍司令官 1906年(明治39年)4月1日
内田康哉 男爵、海軍大将 1906年(明治39年)4月1日 士族(熊本)
瓜生外吉 男爵、海軍大将、横須賀鎮守府司令長官 1906年(明治39年)4月1日
江木千之 文部大臣 1906年(明治39年)4月1日
大浦兼武 子爵、内務大臣 1906年(明治39年)4月1日
大久保春野 男爵、陸軍大将、韓国駐剳軍司令官 1906年(明治39年)4月1日
大蔵平三 男爵、陸軍中将、軍馬補充部本部長 1906年(明治39年)4月1日
大迫尚敏 子爵、陸軍大将、学習院長 1906年(明治39年)4月1日
大島久直 子爵、陸軍大将、教育総監 1906年(明治39年)4月1日
大島義昌 子爵、陸軍大将、関東都督 1906年(明治39年)4月1日
大森鍾一 男爵、皇后宮大夫 1906年(明治39年)4月1日
小川又次 子爵、陸軍大将、第4師団長 1906年(明治39年)4月1日
沖原光孚 男爵、陸軍中将、第15師団長 1906年(明治39年)4月1日
小沢武雄 男爵、陸軍中将、参謀本部長 1906年(明治39年)4月1日
小野田元熈 内務省警保局長、貴族院議員 1906年(明治39年)4月1日
片岡七郎 男爵、海軍大将、連合艦隊司令長官 1906年(明治39年)4月1日
加藤弘之 男爵、枢密顧問官 1906年(明治39年)4月1日
金子堅太郎 伯爵、司法大臣 1906年(明治39年)4月1日 士族(福岡
上村彦之丞 男爵、海軍大将、連合艦隊司令長官 1906年(明治39年)4月1日
木越安綱 男爵、陸軍中将、陸軍大臣 1906年(明治39年)4月1日
清浦奎吾 伯爵、第23代内閣総理大臣 1906年(明治39年)4月1日
栗野慎一郎 子爵、枢密顧問官 1906年(明治39年)4月1日
黒瀬義門 男爵、陸軍中将、第7師団長 1906年(明治39年)4月1日
黒田清綱 子爵、枢密顧問官 1906年(明治39年)4月1日
小池正直 男爵、陸軍軍医総監、野戦衛生長官 1906年(明治39年)4月1日
税所篤 子爵、奈良県知事 1906年(明治39年)4月1日
斎藤実 子爵、海軍大将、第30代内閣総理大臣 1906年(明治39年)4月1日
阪井重季 男爵、陸軍中将、留守第1師団長 1906年(明治39年)4月1日
阪谷芳郎 子爵、大蔵大臣 1906年(明治39年)4月1日
実吉安純 子爵、海軍軍医総監、海軍医務局長 1906年(明治39年)4月1日
鮫島重雄 男爵、陸軍大将、第14師団長 1906年(明治39年)4月1日
塩屋方圀 陸軍中将 1906年(明治39年)4月1日
柴野義広 陸軍中将 1906年(明治39年)4月1日
柴山矢八 男爵、海軍大将、連合艦隊司令長官 1906年(明治39年)4月1日
周布公平 男爵、神奈川県知事 1906年(明治39年)4月1日
勝田四方蔵 男爵、陸軍中将、東京湾要塞司令官 1906年(明治39年)4月1日
末松謙澄 子爵、内務大臣 1906年(明治39年)4月1日
千家尊福 男爵、司法大臣 1906年(明治39年)4月1日
曾我祐準 子爵、陸軍中将、参謀次長 1906年(明治39年)4月1日
曾禰荒助 子爵、大蔵大臣 1906年(明治39年)4月1日
園田安賢 男爵、北海道庁長官 1906年(明治39年)4月1日
高崎親章 大阪府知事 1906年(明治39年)4月1日
高平小五郎 男爵、外務次官 1906年(明治39年)4月1日
立見尚文 男爵、陸軍大将、第8師団長 1906年(明治39年)4月1日
田辺輝実 三重県知事 1906年(明治39年)4月1日
塚本勝嘉 男爵、陸軍中将、第9師団長 1906年(明治39年)4月1日
土屋光春 男爵、陸軍大将、第4師団長 1906年(明治39年)4月1日
出羽重遠 男爵、海軍大将、連合艦隊司令長官 1906年(明治39年)4月1日
徳川家達 公爵、貴族院議長、徳川家第16代当主 1906年(明治39年)4月1日 士族(徳川)
中村覚 男爵、陸軍大将、侍従武官長 1906年(明治39年)4月1日
中村雄次郎 男爵、陸軍中将、宮内大臣 1906年(明治39年)4月1日
鍋島幹 男爵、広島県知事 1906年(明治39年)4月1日
奈良原繁 男爵、沖縄県知事 1906年(明治39年)4月1日
西寛二郎 子爵、陸軍大将、教育総監 1906年(明治39年)4月1日
西島助義 男爵、陸軍中将、第2師団長 1906年(明治39年)4月1日
野田豁通 男爵、陸軍主計総監、野戦監督総監 1906年(明治39年)4月1日
野村靖 子爵、内務大臣 1906年(明治39年)4月1日
橋本綱常 子爵、陸軍軍医総監 1906年(明治39年)4月1日
服部一三 貴族院議員 1906年(明治39年)4月1日
林権助 男爵、式部長官 1906年(明治39年)4月1日
原口兼済 男爵、陸軍中将、韓国駐剳軍司令官 1906年(明治39年)4月1日
日高壮之丞 男爵、海軍大将、連合艦隊司令長官 1906年(明治39年)4月1日
平田東助 伯爵、内大臣 1906年(明治39年)4月1日
藤井包總 男爵、陸軍中将、陸軍幼年学校長、陸地測量部 1906年(明治39年)4月1日 士族(備後
牧野伸顕 伯爵、内大臣 1906年(明治39年)4月1日 士族(薩摩)
松岡康毅 男爵、農商務大臣 1906年(明治39年)4月1日
松尾臣善 男爵、日本銀行総裁 1906年(明治39年)4月1日
松平正直 男爵、宮城県知事 1906年(明治39年)4月1日
松田正久 男爵、衆議院議長 1906年(明治39年)4月1日
真鍋斌 男爵、陸軍中将、留守第5師団長 1906年(明治39年)4月1日
三浦安 東京府知事 1906年(明治39年)4月1日
三好成行 男爵、陸軍中将、近衛第1旅団長 1906年(明治39年)4月1日
村上敬次郎 男爵、海軍主計総監 1906年(明治39年)4月1日
矢吹秀一 男爵、陸軍中将、工兵監 1906年(明治39年)4月1日
山内長人 男爵、陸軍中将、留守第2師団長 1906年(明治39年)4月1日
安東貞美 男爵、陸軍大将、台湾総督 1906年(明治39年)4月12日
後藤新平 伯爵、内務大臣 1906年(明治39年)11月13日 士族(水沢)
堤正誼 男爵、宮内次官 1907年(明治40年)2月8日
田尻稲次郎 子爵、会計検査院長 1907年(明治40年)4月1日
福羽美静 子爵、元老院議官 1907年(明治40年)8月14日
珍田捨巳 子爵、侍従長 1907年(明治40年)9月14日
本野一郎 子爵、外務大臣 1907年(明治40年)9月14日
南部甕男 男爵、大審院長  1907年(明治40年)12月27日
徳川慶喜 公爵、第15代征夷大将軍 1908年(明治41年)4月30日 士族(徳川)
松永正敏 男爵、陸軍中将、第2師団長 1908年(明治41年)6月13日
都筑馨六 男爵、枢密顧問官 1908年(明治41年)8月4日
岡崎生三 男爵、陸軍中将、第13師団長 1908年(明治41年)12月1日
本田親雄 男爵、枢密顧問官 1909年(明治42年)3月1日
由利公正 子爵、東京府知事 1909年(明治42年)4月28日 士族(福井) 没後追贈
山縣伊三郎 公爵、逓信大臣 1909年(明治42年)7月21日
安保清康 男爵、海軍中将、呉鎮守府司令長官 1909年(明治42年)10月27日
原田一道 男爵、陸軍少将、錦鶏間祗候 1910年(明治43年)12月9日
相浦紀道 男爵、海軍中将、横須賀鎮守府司令長官 1911年(明治44年)4月1日
岩佐純 男爵、侍医 1911年(明治44年)5月13日
石塚英蔵 台湾総督 1911年(明治44年)6月13日
柴田家門 文部大臣 1911年(明治44年)6月13日
松永正敏 男爵、陸軍中将、第2師団長 1911年(明治44年)6月13日
安広伴一郎 枢密顧問官 1911年(明治44年)6月13日
加藤高明 伯爵、第24代内閣総理大臣 1911年(明治44年)8月24日 士族(尾張)
山座円次郎 外交官、特命全権大使 1911年(明治44年)8月24日

大正時代[編集]

受章者名 主な官職・役職 受章日 備考
小畑美稲 男爵、錦鶏間祗候 1912年(大正元年)11月15日
佐藤愛麿 外交、特命全権大使 1913年(大正2年)10月24日
船越衛 男爵、枢密顧問官 1913年(大正2年)12月23日
穂積陳重 男爵、枢密院議長 1913年(大正2年)12月27日
股野琢 内大臣府秘書官長 1913年(大正2年)12月27日
岡野敬次郎 男爵、司法大臣 1914年(大正3年)3月24日
原敬 第19代内閣総理大臣 1914年大正3年)4月4日 士族(盛岡
福島安正 男爵、陸軍大将、関東都督 1914年(大正3年)9月15日
戸田氏共 伯爵、旧大垣藩主、式部長官 1914年(大正3年)12月23日 士族(大垣)
有坂成章 男爵、陸軍中将、技術審査部長 1915年(大正4年)1月11日
本多道純 陸軍中将 1915年(大正4年)3月11日
浜弘一 会計検査院部長 1915年(大正4年)4月24日
三浦梧楼 子爵、陸軍中将、朝鮮公使 1915年(大正4年)4月24日
山根武亮 男爵、陸軍中将、近衛師団長 1915年(大正4年)4月24日
上原勇作 子爵、元帥陸軍大将、陸軍大臣 1915年(大正4年)9月29日 士族(薩摩)
明石元二郎 男爵、陸軍大将、台湾総督 1915年(大正4年)11月7日
伊地知季珍 海軍中将 1915年(大正4年)11月7日
市川清次郎 海軍機関総監 1915年(大正4年)11月7日
内山小二郎 男爵、陸軍大将、侍従武官長 1915年(大正4年)11月7日
大谷喜久蔵 男爵、陸軍大将、教育総監 1915年(大正4年)11月7日
加藤定吉 男爵、海軍大将、呉鎮守府司令長官 1915年(大正4年)11月7日
神尾光臣 男爵、陸軍大将、青島守備軍司令官 1915年(大正4年)11月7日
川島令次郎 海軍中将 1915年(大正4年)11月7日
木村壮介 海軍軍医総監 1915年(大正4年)11月7日
黒井悌次郎 海軍大将 1915年(大正4年)11月7日
坂本一 海軍中将 1915年(大正4年)11月7日
志佐勝 海軍主計中将 1915年(大正4年)11月7日
島村速雄 男爵、元帥海軍大将 1915年(大正4年)11月7日 士族(土佐)
隅徳三 陸軍主計総監 1915年(大正4年)11月7日
栃内曽次郎 海軍大将、連合艦隊司令長官 1915年(大正4年)11月7日
南部辰丙 陸軍中将 1915年(大正4年)11月7日
野間口兼雄 海軍大将 1915年(大正4年)11月7日
福田馬之助 海軍造船総監 1915年(大正4年)11月7日
藤井較一 海軍大将、連合艦隊司令長官 1915年(大正4年)11月7日
村上格一 海軍大将、海軍大臣 1915年(大正4年)11月7日
森林太郎 陸軍軍医総監、小説家 1915年(大正4年)11月7日 士族(津和野
山下源太郎 男爵、海軍大将、連合艦隊司令長官 1915年(大正4年)11月7日
山屋他人 海軍大将、連合艦隊司令長官 1915年(大正4年)11月7日
吉松茂太郎 海軍大将、連合艦隊司令長官 1915年(大正4年)11月7日
奥田義人 男爵、司法大臣 1915年(大正4年)11月10日
渋沢栄一 子爵、貴族院議員 1915年(大正4年)11月10日
米田虎雄 子爵、陸軍中佐、侍従長 1915年(大正4年)11月27日
池田謙斎 男爵、陸軍軍医総監、宮中顧問官 1915年(大正4年)12月1日
斎藤桃太郎 帝室会計審査局長官 1915年(大正4年)12月1日
辻新次 男爵、帝国教育会長 1915年(大正4年)12月1日
中山孝麿 侯爵、東宮大夫 1915年(大正4年)12月1日
波多野敬直 子爵、宮内大臣 1915年(大正4年)12月1日
藤波言忠 子爵、宮中顧問官 1915年(大正4年)12月1日
村木雅美 男爵、陸軍中将、東宮武官長 1915年(大正4年)12月1日
北垣国道 男爵、枢密顧問官 1916年(大正5年)1月16日
岩倉具綱 公家、掌典長 1916年(大正5年)1月19日
片山東熊 内匠頭 1916年(大正5年)1月19日
鷹司熈通 公爵、陸軍少将、侍従長 1916年(大正5年)1月19日
長崎省吾 調度頭、宮中顧問官 1916年(大正5年)1月19日
古川阪次郎 鉄道院副総裁、工学博士 1916年(大正5年)1月19日
岡市之助 男爵、陸軍中将、陸軍大臣 1916年(大正5年)4月1日
鈴木貫太郎 男爵、海軍大将、第42代内閣総理大臣 1916年(大正5年)4月1日 士族(関宿
日置益 外交官、特命全権大使 1916年(大正5年)4月1日
松井慶四郎 男爵、外務大臣 1916年(大正5年)4月1日
八代六郎 男爵、海軍大将、海軍大臣 1916年(大正5年)4月1日
石井菊次郎 子爵、外務大臣 1916年(大正5年)7月14日
一木喜徳郎 男爵、枢密院議長 1916年(大正5年)7月14日
大島健一 陸軍中将、陸軍大臣 1916年(大正5年)7月14日
尾崎行雄 司法大臣 1916年(大正5年)7月14日
加藤友三郎 子爵、元帥海軍大将、第21代内閣総理大臣 1916年(大正5年)7月14日 士族(広島)
河野広中 農商務大臣 1916年(大正5年)7月14日
武富時敏 大蔵大臣 1916年(大正5年)7月14日
若槻禮次郎 男爵、第25・28代内閣総理大臣 1916年(大正5年)7月14日 士族(松江
浜尾新 子爵、枢密院議長 1916年(大正5年)11月13日 士族(豊岡
真木長義 男爵、海軍中将、海軍機関学校長 1917年(大正6年)3月3日
菊池大麓 男爵、文部大臣 1917年(大正6年)8月20日
伊集院彦吉 男爵、外務大臣 1917年(大正6年)8月25日
尾崎三良 男爵、内閣法制局長官 1918年(大正7年)10月13日
本郷房太郎 陸軍大将、青島守備軍司令官 1918年(大正7年)10月28日
秋山好古 陸軍大将、教育総監 1918年(大正7年)11月29日 士族(松山
一戸兵衛 陸軍大将、教育総監 1918年(大正7年)11月29日
大迫尚道 陸軍大将、第4師団長 1918年(大正7年)11月29日
有地品之允 男爵、海軍中将、呉鎮守府司令長官 1919年(大正8年)1月17日
仁田原重行 陸軍大将、東京衛戍総督 1919年(大正8年)1月28日
井口省吾 陸軍大将、朝鮮駐剳軍司令官 1919年(大正8年)2月27日
三島弥太郎 子爵、日本銀行総裁 1919年(大正8年)3月7日
山田隆一 陸軍中将 1919年(大正8年)3月8日
三島毅 東京帝国大学教授 1919年(大正8年)5月12日
渡辺国武 子爵、大蔵大臣 1919年(大正8年)5月12日
久保田譲 男爵、文部大臣 1919年(大正8年)5月24日 士族(豊岡)
小松原英太郎 文部大臣 1919年(大正8年)5月24日 士族(岡山
松川敏胤 陸軍大将、朝鮮駐剳軍司令官 1919年(大正8年)6月28日
緒方正規 東京帝国大学教授 1919年(大正8年)7月31日
平沼騏一郎 男爵、第35代内閣総理大臣 1919年(大正8年)9月29日 士族(津山
松室致 司法大臣 1919年(大正8年)9月29日
仙波太郎 陸軍中将 1919年(大正8年)12月25日
中村愛三 陸軍中将 1919年(大正8年)12月25日
財部彪 海軍大将、海軍大臣 1920年(大正9年)1月30日
大角岑生 男爵、海軍大将、海軍大臣 1920年(大正9年)2月7日
高木兼寛 男爵、海軍軍医総監 1920年(大正9年)4月13日 士族(薩摩) 没後追贈
安達峰一郎 常設国際司法裁判所所長 1920年(大正9年)5月26日
犬養毅 第29代内閣総理大臣 1920年(大正9年)9月7日 士族(岡山)
落合謙太郎 外交官、特命全権大使 1920年(大正9年)9月7日
幣原喜重郎 男爵、第44代内閣総理大臣 1920年(大正9年)9月7日
高橋是清 第20代内閣総理大臣 1920年(大正9年)9月7日 士族(仙台
竹下勇 海軍大将、連合艦隊司令長官 1920年(大正9年)9月7日
田中義一 男爵、海軍大将、第26代内閣総理大臣 1920年(大正9年)9月7日 士族(長州)
床次竹二郎 内務大臣 1920年(大正9年)9月7日
中橋徳五郎 文部大臣 1920年(大正9年)9月7日
奈良武次 男爵、陸軍大将、侍従武官長 1920年(大正9年)9月7日
野田卯太郎 逓信大臣 1920年(大正9年)9月7日
山本達雄 男爵、大蔵大臣 1920年(大正9年)9月7日
有馬良橘 海軍大将、枢密顧問官 1920年(大正9年)11月1日
井出謙治 海軍大将 1920年(大正9年)11月1日
伊藤乙次郎 海軍中将 1920年(大正9年)11月1日
稲垣三郎 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
内田嘉吉 台湾総督 1920年(大正9年)11月1日
内田重成 貴族院議員 1920年(大正9年)11月1日
宇都宮太郎 陸軍大将、朝鮮軍司令官 1920年(大正9年)11月1日
大井成元 男爵、陸軍大将、内閣参議 1920年(大正9年)11月1日
大庭二郎 陸軍大将、教育総監 1920年(大正9年)11月1日
岡田啓介 海軍大将、第31代内閣総理大臣 1920年(大正9年)11月1日 士族(福井)
岡田良平 文部大臣 1920年(大正9年)11月1日
勝田主計 大蔵大臣 1920年(大正9年)11月1日
栗田直八郎 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
小栗孝三郎 海軍大将 1920年(大正9年)11月1日
菊池慎之助 陸軍大将 1920年(大正9年)11月1日
児島惣次郎 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
近藤基樹 男爵海軍 1920年(大正9年)11月1日
志岐守治 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
島川文八郎 陸軍大将 1920年(大正9年)11月1日
志水小一郎 陸軍理事、貴族院勅選議員 1920年(大正9年)11月1日
白水淡 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
菅野尚一 陸軍大将 1920年(大正9年)11月1日
鈴木荘六 陸軍大将 1920年(大正9年)11月1日
高山公通 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
武内徹 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
立花小一郎 男爵、陸軍大将 1920年(大正9年)11月1日
田所広海 海軍中将 1920年(大正9年)11月1日
田中弘太郎 陸軍大将 1920年(大正9年)11月1日
田中政明 陸軍主計総監 1920年(大正9年)11月1日
種子田右八郎 海軍造兵中将 1920年(大正9年)11月1日
千坂智次郎 海軍中将 1920年(大正9年)11月1日
筑紫熊七 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
鶴田禎次郎 陸軍軍医総監 1920年(大正9年)11月1日
田健治郎 男爵、台湾総督 1920年(大正9年)11月1日
中島正武 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
中島与曽八 海軍機関中将 1920年(大正9年)11月1日
中野直枝 海軍中将 1920年(大正9年)11月1日
名和又八郎 海軍大将 1920年(大正9年)11月1日
西川虎次郎 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
福田雅太郎 陸軍大将 1920年(大正9年)11月1日
藤井幸槌 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
星野庄三郎 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
本多忠夫 海軍軍医中将 1920年(大正9年)11月1日
宮田太郎 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
武藤信義 男爵、元帥陸軍大将 1920年(大正9年)11月1日
村岡恒利 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
森山慶三郎 海軍中将 1920年(大正9年)11月1日
山路一善 海軍中将 1920年(大正9年)11月1日
山梨半造 陸軍大将、陸軍大臣 1920年(大正9年)11月1日
由比光衛 陸軍大将 1920年(大正9年)11月1日
渡辺満太郎 陸軍中将 1920年(大正9年)11月1日
高島友武 子爵、陸軍中将 1920年(大正9年)12月25日
水野錬太郎 内務大臣 1920年(大正9年)12月25日
斎藤季治郎 陸軍中将 1921年(大正10年)2月26日
中隈敬蔵 会計検査院長 1921年(大正10年)4月1日
横田国臣 男爵、大審院長 1921年(大正10年)6月13日
国分象太郎 朝鮮総督府 1921年(大正10年)9月7日
黒田長成 侯爵、枢密顧問官 1922年(大正11年)10月7日
白川義則 男爵、陸軍大将、陸軍大臣 1922年(大正11年)11月1日 士族(松山)
加藤恒忠 貴族院議員 1923年(大正12年)3月27日
正親町実正 伯爵、侍従長 1923年(大正12年)6月25日
仲小路廉 農商務大臣 1924年(大正13年)1月18日
埴原正直 外務次官 1924年(大正13年)5月31日
青木宣純 陸軍中将 1924年(大正13年)12月12日
河合操 陸軍大将 1924年(大正13年)12月25日
久我通久 侯爵、宗秩寮総裁 1925年(大正14年)1月12日
横田千之助 司法大臣 1925年(大正14年)2月4日
山脇玄 行政裁判所長官 1925年(大正14年)10月7日
道家斉 貴族院議員 1925年(大正14年)10月30日
下岡忠治 内務次官 1925年(大正14年)11月22日
岡部長職 子爵、旧岸和田藩主、司法大臣 1925年(大正14年)12月27日 士族(岸和田) 没後追贈
芳沢謙吉 外務大臣 1926年(大正15年)2月10日
平山成信 男爵、枢密顧問官 1926年(大正15年)2月25日
佐藤昌介 男爵、北海道帝国大学総長 1926年(大正15年)5月10日
富井政章 男爵、枢密顧問官 1926年(大正15年)6月23日
平井晴二郎 帝国鉄道庁総裁 1926年(大正15年)6月29日
目賀田種太郎 男爵、枢密顧問官 1926年(大正15年)9月10日
倉富勇三郎 男爵、枢密院議長 1926年(大正15年)10月9日

昭和時代(戦前・戦中)[編集]

大日本帝国憲法
受章者名 主な官職・役職 受章日 備考
宇垣一成 陸軍大将、陸軍大臣 1927年昭和2年)4月19日
江木翼 司法大臣 1927年(昭和2年)4月19日
浜口雄幸 第27代内閣総理大臣 1927年(昭和2年)4月19日
有松英義 法制局長官 1927年(昭和2年)10月24日
児玉秀雄 伯爵、内務大臣 1927年(昭和2年)12月17日
野村素介 男爵、元老院議官 1927年(昭和2年)12月23日
荒井賢太郎 枢密院副議長 1928年(昭和3年)1月20日
大倉喜八郎 男爵、大倉財閥総帥 1928年(昭和3年)1月20日
鈴木喜三郎 内務大臣 1928年(昭和3年)1月20日
大岡育造 文部大臣 1928年(昭和3年)1月27日
石原健三 枢密顧問官 1928年(昭和3年)4月21日
山川健次郎 男爵、東京帝国大学総長 1928年(昭和3年)4月21日
伊藤博邦 公爵、式部長官 1928年(昭和3年)12月28日
関屋貞三郎 宮内次官 1928年(昭和3年)12月28日
古市公威 男爵、枢密顧問官 1928年(昭和3年)12月28日
桜井錠二 男爵、枢密顧問官 1929年(昭和4年)2月28日
上山満之進 台湾総督 1929年(昭和4年)3月4日
窪田静太郎 行政裁判所長官 1929年(昭和4年)8月1日
福田彦助 陸軍中将 1929年(昭和4年)9月5日
加藤寛治 海軍大将 1929年(昭和4年)12月28日
水町袈裟六 会計検査院長 1930年(昭和5年)4月22日
豊島直通 大審院部長 1930年(昭和5年)10月14日
安保清種 海軍大将、海軍大臣 1931年(昭和6年)4月11日
松平恒雄 宮内大臣 1931年(昭和6年)4月11日
田付七太 駐ブラジル大使 1931年(昭和6年)5月31日
北里柴三郎 旧男爵、日本医師会会長 1931年(昭和6年)6月13日 没後追贈
小幡酉吉 駐ドイツ大使 1931年(昭和6年)6月15日
仙石貢 鉄道大臣 1931年(昭和6年)10月30日
福原鐐二郎 学習院長 1931年(昭和6年)10月31日
山川端夫 法制局長官 1931年(昭和6年)10月31日
花井卓蔵 衆議院副議長 1931年(昭和6年)12月3日
伊沢多喜男 台湾総督 1931年(昭和6年)12月12日
入江為守 子爵、東宮侍従長 1932年(昭和7年)2月8日
小松謙次郎 鉄道大臣 1932年(昭和7年)10月15日
谷口尚真 海軍大将 1932年(昭和7年)10月15日
山之内一次 鉄道大臣 1932年(昭和7年)12月21日
九条道実 公爵、掌典長 1933年(昭和8年)1月18日
宇佐美勝夫 賞勲局総裁 1933年(昭和8年)1月27日
井上幾太郎 陸軍大将 1933年(昭和8年)3月23日
吉田伊三郎 駐トルコ大使 1933年(昭和8年)4月23日
金谷範三 陸軍大将 1933年(昭和8年)6月6日
鈴木孝雄 陸軍大将 1933年(昭和8年)7月21日
三上参次 東京帝国大学教授 1934年(昭和9年)1月4日
鎌田栄吉 文部大臣 1934年(昭和9年)2月6日
大角岑生 男爵、海軍大将 1934年(昭和9年)2月7日
野村吉三郎 海軍大将、駐アメリカ大使 1934年(昭和9年)2月7日
菱刈隆 陸軍大将 1934年(昭和9年)2月7日
南次郎 陸軍大将、陸軍大臣 1934年(昭和9年)2月7日 A級戦犯として終身刑主権回復後に保釈)
渡辺錠太郎 陸軍大将、教育総監 1934年(昭和9年)2月7日 二・二六事件で暗殺
多門二郎 陸軍中将 1934年(昭和9年)2月16日
湯浅倉平 内大臣 1934年(昭和9年)3月9日
安達謙蔵 内務大臣 1934年(昭和9年)4月29日 士族(熊本)
厚東篤太郎 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
阿部信行 陸軍大将、第36代内閣総理大臣 1934年(昭和9年)4月29日 士族(金沢
荒木貞夫 男爵、陸軍大将、陸軍大臣 1934年(昭和9年)4月29日 士族(徳川)
安藤利吉 陸軍大将、台湾総督 1934年(昭和9年)4月29日
伊藤賢三 陸軍軍医総監 1934年(昭和9年)4月29日
井上忠也 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
植田謙吉 陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
植村東彦 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
大村卓一 満鉄総裁 1934年(昭和9年)4月29日
緒方勝一 陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
小野寺長治郎 陸軍主計総監 1934年(昭和9年)4月29日
香椎浩平 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
加藤亮一 海軍主計中将 1934年(昭和9年)4月29日
蒲穆 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
川崎卓吉 商工大臣 1934年(昭和9年)4月29日
川島義之 陸軍大将、陸軍大臣 1934年(昭和9年)4月29日
川村竹治 台湾総督、司法大臣 1934年(昭和9年)4月29日
岸本綾夫 陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
黒田琢磨 海軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
黒田英雄 大蔵次官 1934年(昭和9年)4月29日
小磯国昭 陸軍大将、朝鮮総督、第41代内閣総理大臣 1934年(昭和9年)4月29日 士族(山形
合田平 陸軍軍医総監 1934年(昭和9年)4月29日
小林躋造 海軍大将、台湾総督 1934年(昭和9年)4月29日
小山松吉 司法大臣 1934年(昭和9年)4月29日
坂本政右衛門 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
左近司政三 海軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
佐藤尚武 外務大臣 1934年(昭和9年)4月29日
佐野会輔 陸軍主計総監 1934年(昭和9年)4月29日
末次信正 海軍大将、内務大臣 1934年(昭和9年)4月29日
杉政人 海軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
杉山元 元帥陸軍大将、陸軍大臣、参謀総長 1934年(昭和9年)4月29日
鈴木美通 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
高橋三吉 海軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
建川美次 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
田中隆三 文部大臣 1934年(昭和9年)4月29日
塚本清治 内閣書記官長 1934年(昭和9年)4月29日
出淵勝次 駐アメリカ大使 1934年(昭和9年)4月29日
永井松三 駐ドイツ大使 1934年(昭和9年)4月29日
長岡春一 駐ドイツ大使 1934年(昭和9年)4月29日
永野修身 元帥海軍大将、軍令部総長 1934年(昭和9年)4月29日 士族(土佐)、A級戦犯として裁判中病死
中村孝太郎 陸軍大将、陸軍大臣 1934年(昭和9年)4月29日
中村良三 海軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
西尾寿造 陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
西義一 陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
二宮治重 陸軍中将、文部大臣 1934年(昭和9年)4月29日
橋本虎之助 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
畑俊六 元帥陸軍大将、陸軍大臣 1934年(昭和9年)4月29日 士族(会津
秦真次 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
鳩山一郎 第52・53・54代内閣総理大臣 1934年(昭和9年)4月29日 士族(勝山
林桂 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
林銑十郎 陸軍大将、第33代内閣総理大臣 1934年(昭和9年)4月29日 士族(加賀
林仙之 陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
広田弘毅 第32代内閣総理大臣 1934年(昭和9年)4月29日 A級戦犯として法務死
藤田尚徳 海軍大将、侍従長 1934年(昭和9年)4月29日
二上兵治 枢密顧問官 1934年(昭和9年)4月29日
古荘幹郎 陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
本庄繁 男爵、陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
真崎甚三郎 陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
町田忠治 大蔵大臣 1934年(昭和9年)4月29日
松井石根 陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日 士族(尾張)、法務死
松浦松見 海軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
松木直亮 陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
松山茂 海軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
三木善太郎 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
水野錬太郎 内務大臣 1934年(昭和9年)4月29日
三土忠造 大蔵大臣 1934年(昭和9年)4月29日
南弘 逓信大臣、台湾総督 1934年(昭和9年)4月29日
三宅光治 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
室兼次 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
森寿 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
森連 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
柳川平助 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
山梨勝之進 海軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
山本英輔 海軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
山本鶴一 陸軍中将 1934年(昭和9年)4月29日
吉田豊彦 陸軍大将 1934年(昭和9年)4月29日
米内光政 海軍大将、第37代内閣総理大臣 1934年(昭和9年)4月29日 士族(盛岡)
有吉明 駐中華民国大使 1934年(昭和9年)7月4日
河野秀男 会計検査院長 1934年(昭和9年)12月31日
下条康麿 文部大臣 1934年(昭和9年)12月31日
元田肇 衆議院議長 1935年(昭和10年)5月11日
田内三吉 陸軍少将、侍従、東宮侍従、宮中顧問官 1935年(昭和10年)12月2日
岩越恒一 陸軍中将 1936年(昭和11年)7月10日
川岸文三郎 陸軍中将 1936年(昭和11年)7月10日
児玉友雄 陸軍中将 1936年(昭和11年)7月10日
佐藤三郎 陸軍中将 1936年(昭和11年)7月10日
清水喜重 陸軍中将 1936年(昭和11年)7月10日
杉原美代太郎 陸軍中将 1936年(昭和11年)7月10日
津田静枝 海軍中将 1936年(昭和11年)7月10日
百武源吾 海軍大将 1936年(昭和11年)7月10日
三毛一夫 陸軍中将 1936年(昭和11年)7月10日
若山善太郎 陸軍中将 1936年(昭和11年)7月10日
荒木寅三郎 学習院長 1937年(昭和12年)2月1日
板垣征四郎 陸軍大将、陸軍大臣 1937年(昭和12年)7月7日 士族(盛岡) A級戦犯として法務死
尾高亀蔵 陸軍中将 1937年(昭和12年)7月7日
園部和一郎 陸軍中将 1937年(昭和12年)7月7日
馬場鍈一 大蔵大臣 1937年(昭和12年)12月21日
今井清 陸軍中将 1938年(昭和13年)1月22日
清水澄 枢密院副議長 1938年(昭和13年)3月9日
嘉納治五郎 東京高等師範学校 1938年(昭和13年)5月4日 没後追贈
寺内寿一 元帥陸軍大将、陸軍大臣 1938年(昭和13年)8月13日
長谷川清 海軍大将、台湾総督 1938年(昭和13年)8月13日
原嘉道 男爵、枢密院議長 1938年(昭和13年)9月14日
有田八郎 外務大臣 1938年(昭和13年)11月2日
武者小路公共 子爵、駐ドイツ大使 1938年(昭和13年)11月2日
渡久雄 陸軍中将 1939年(昭和14年)1月2日
上田宗重 海軍中将 1939年(昭和14年)1月26日
宇佐美興屋 陸軍大将、侍従武官長 1939年(昭和14年)3月23日
及川古志郎 海軍大将、海軍大臣 1939年(昭和14年)4月13日
近衛文麿 公爵、第34・38・39代内閣総理大臣 1939年(昭和14年)5月19日 公家
梅津美治郎 陸軍大将、参謀総長 1939年(昭和14年)7月11日 A級戦犯として獄中死
沼田徳重 陸軍中将 1939年(昭和14年)8月12日
小橋一太 文部大臣 1939年(昭和14年)10月2日
安藤利吉 陸軍大将、台湾総督 1939年(昭和14年)10月26日
岡村寧次 陸軍大将 1940年(昭和15年)2月16日
松浦鎮次郎 文部大臣 1940年(昭和15年)2月16日
藤沢幾之輔 衆議院議長 1940年(昭和15年)4月3日
多田駿 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月18日
土肥原賢二 陸軍大将、教育総監 1940年(昭和15年)4月18日 A級戦犯として法務死
秋山義兌 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
阿南惟幾 陸軍大将、陸軍大臣 1940年(昭和15年)4月29日
甘粕重太郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
天谷直次郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
安藤紀三郎 陸軍中将、内務大臣 1940年(昭和15年)4月29日
安藤三郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
荒木彦弼 海軍主計中将 1940年(昭和15年)4月29日
有地十五郎 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
飯田貞固 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
飯沼守 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
飯村穣 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
石川半三郎 陸軍主計中将 1940年(昭和15年)4月29日
井関隆昌 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
磯谷廉介 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
伊東政喜 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
稲葉四郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
井上成美 海軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
今村均 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
岩村清一 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
岩松義雄 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
上村清太郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
牛島貞雄 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
牛島実常 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
後宮淳 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
江橋英次郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
大内球三郎 陸軍主計中将 1940年(昭和15年)4月29日
大島浩 陸軍中将、駐ドイツ大使 1940年(昭和15年)4月29日 A級戦犯として終身刑
大野緑一郎 内務省 1940年(昭和15年)4月29日
大山文雄 陸軍法務中将 1940年(昭和15年)4月29日
小松原道太郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
岡田武松 中央気象台長 1940年(昭和15年)4月29日
岡部直三郎 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
荻洲立兵 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
笠井平十郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
笠原幸雄 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
片桐英吉 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
香月清司 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
加藤隆義 海軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
河辺正三 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
河村董 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
河村恭輔 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
儀峨徹二 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
喜多誠一 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
木下敏 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
木村兵太郎 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日 A級戦犯として法務死
木本益雄 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
草場辰巳 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
国崎登 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
久納誠一 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
桑木崇明 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
桑原重治 海軍造船中将 1940年(昭和15年)4月29日
黒田重徳 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
小泉親彦 陸軍軍医中将 1940年(昭和15年)4月29日
古賀峯一 贈元帥海軍大将、連合艦隊司令長官 1940年(昭和15年)4月29日
小須田勝造 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
小林宗之助 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
近藤信竹 海軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
斉藤博 駐アメリカ大使 1940年(昭和15年)4月29日
斎藤弥平太 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
酒井鎬次 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
酒井隆 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
佐々木到一 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
佐藤市郎 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
沢田茂 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
沢田節蔵 外交 1940年(昭和15年)4月29日
塩沢幸一 海軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
潮見茂樹 海軍法務官・海軍省法務局長 1940年(昭和15年)4月29日
重光葵 外務大臣 1940年(昭和15年)4月29日
七田一郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
篠塚義男 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
篠原誠一郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
嶋田繁太郎 海軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
下元熊弥 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
末松茂治 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
杉村陽太郎 駐フランス大使 1940年(昭和15年)4月29日
鈴木重康 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
住山徳太郎 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
関亀治 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
高木義人 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
高杉新一郎 海軍軍医中将 1940年(昭和15年)4月29日
高須四郎 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
武井大助 海軍主計中将 1940年(昭和15年)4月29日
田崎武八郎 陸軍獣医中将 1940年(昭和15年)4月29日
田尻昌次 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
多田礼吉 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
田中静壱 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
田中稔 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
田辺盛武 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
谷口元治郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
谷寿夫 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
谷村豊太郎 海軍造兵中将 1940年(昭和15年)4月29日
谷本馬太郎 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
塚田攻 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
常岡寛治 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
寺師義信 陸軍軍医中将 1940年(昭和15年)4月29日
東郷茂徳 外務大臣 1940年(昭和15年)4月29日
東條英機 陸軍大将、第40代内閣総理大臣、参謀総長 1940年(昭和15年)4月29日 士族(盛岡) A級戦犯として法務死
徳川好敏 男爵、陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日 士族(徳川)
土橋一次 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
豊田副武 海軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
豊田貞次郎 海軍大将、外務大臣 1940年(昭和15年)4月29日
中井良太郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
中岡弥高 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
中島今朝吾 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
中島鉄蔵 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
長瀬武平 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
中村明人 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
中村亀三郎 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
永持源次 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
中山蕃 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
野村直邦 海軍大将、海軍大臣 1940年(昭和15年)4月29日
橋本群 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
蓮沼蕃 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
波田重一 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
秦雅尚 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
浜本喜三郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
原田熊吉 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
久村種樹 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
日高鉱一 海軍造兵中将 1940年(昭和15年)4月29日
日比野正治 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
百武三郎 海軍大将、侍従長 1940年(昭和15年)4月29日
百武晴吉 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
平生釟三郎 枢密顧問官 1940年(昭和15年)4月29日
平田昇 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
広野太吉 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
深沢友彦 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
福間忠戩 海軍造機中将 1940年(昭和15年)4月29日
藤井洋治 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
藤江恵輔 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
藤田進 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
星埜守一 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
堀田正昭 駐イタリア大使 1940年(昭和15年)4月29日
堀丈夫 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
堀内謙介 駐アメリカ大使 1940年(昭和15年)4月29日
本間雅晴 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日 マニラ軍事裁判で銃殺刑
舞伝男 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
前田政一 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
牧野正迪 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
町尻量基 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
松井命 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
松浦淳六郎 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
松岡洋右 外務大臣 1940年(昭和15年)4月29日 A級戦犯として裁判中に病死
松田巻平 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
三木良英 陸軍軍医中将 1940年(昭和15年)4月29日
三宅俊雄 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
武藤一彦 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
村上恭一 枢密院書記官長 1940年(昭和15年)4月29日
村上啓作 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
村上春一 海軍主計中将 1940年(昭和15年)4月29日
泉二新熊 大審院長 1940年(昭和15年)4月29日
森田宣 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
安岡正臣 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
安田郷輔 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
安田武雄 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
柳下重治 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
山岡重厚 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
山口正熈 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
山下奉文 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日 マニラ軍事裁判で絞首刑
山田乙三 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
山室宗武 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
山本五十六 贈元帥海軍大将、連合艦隊司令長官 1940年(昭和15年)4月29日 士族(長岡)
山本昇 陸軍主計中将 1940年(昭和15年)4月29日
山脇正隆 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
吉住良輔 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
吉田茂 厚生大臣 1940年(昭和15年)4月29日 士族(福井)
吉田善吾 海軍大将、海軍大臣 1940年(昭和15年)4月29日
吉成宗雄 海軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
吉本貞一 陸軍大将 1940年(昭和15年)4月29日
鷲津鈆平 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
渡辺中 陸軍獣医中将 1940年(昭和15年)4月29日
渡辺右文 陸軍中将 1940年(昭和15年)4月29日
真野文二 九州帝国大学総長 1940年(昭和15年)5月17日
前田治 陸軍中将 1940年(昭和15年)5月23日
篠塚義男 陸軍中将 1940年(昭和15年)8月16日
岡今朝雄 会計検査院長 1940年(昭和15年)11月1日
林柳三郎 陸軍中将 1942年(昭和17年)4月5日
北野憲造 陸軍中将 1942年(昭和17年)5月12日
山口多聞 海軍中将 1942年(昭和17年)6月5日
飯田祥二郎 陸軍中将 1942年(昭和17年)8月19日
前田利為 侯爵、陸軍大将 1942年(昭和17年)9月5日 士族(加賀) 没後追贈
平林盛人 陸軍中将 1942年(昭和17年)10月10日
横山勇 陸軍中将 1942年(昭和17年)11月12日
細萱戊子郎 海軍中将 1942年(昭和17年)12月9日
今村信次郎 海軍中将 1943年(昭和18年)1月15日
本多政材 陸軍中将 1943年(昭和18年)2月9日
平賀譲 男爵、海軍造船中将、東京帝国大学総長 1943年(昭和18年)2月17日 没後追贈
遠藤源六 行政裁判所長官 1943年(昭和18年)3月9日
バー・モウ ビルマ行政府長官 1943年(昭和18年)3月22日[1] 日本軍占領地における対日協力の功績
林頼三郎 司法大臣 1943年(昭和18年)4月10日
菅原通敬 東洋拓殖総裁 1943年(昭和18年)5月11日
菅原道大 陸軍中将 1943年(昭和18年)6月9日
篠田治策 李王職長官 1943年(昭和18年)9月7日
ホセ・ラウレル フィリピン共和国、独立準備委員長 1943年(昭和18年)10月1日[2] 日本軍占領地における対日協力の功績
ホルヘ・B・ヴァルガスen フィリピン共和国、独立準備委員 1943年(昭和18年)10月1日[3] 日本軍占領地における対日協力の功績
安達二十三 陸軍中将 1943年(昭和18年)10月9日
樋口季一郎 陸軍中将 1943年(昭和18年)11月11日
潮恵之輔 枢密院副議長 1943年(昭和18年)12月20日
松浦光清 陸軍軍医中将 1944年(昭和19年)1月18日
桜井省三 陸軍中将 1944年(昭和19年)3月7日
古野好武 陸軍主計中将 1944年(昭和19年)4月12日
小泉六一 陸軍中将 1944年(昭和19年)6月13日
俵孫一 商工大臣 1944年(昭和19年)6月17日
高橋伊望 海軍中将 1944年(昭和19年)7月13日
沢本頼雄 海軍大将 1944年(昭和19年)8月15日
牛島満 陸軍大将 1944年(昭和19年)9月12日
松平頼寿 伯爵、貴族院議長 1944年(昭和19年)9月13日 士族(高松) 没後追贈
石黒貞蔵 陸軍中将 1944年(昭和19年)10月12日
河瀬四郎 海軍中将 1944年(昭和19年)10月12日
草鹿任一 海軍中将 1944年(昭和19年)10月12日
三川軍一 海軍中将 1944年(昭和19年)10月12日
荒川文六 九州帝国大学総長 1944年(昭和19年)11月15日
小野塚喜平次 東京帝国大学総長 1944年(昭和19年)11月27日
秋田清 衆議院議長 1944年(昭和19年)12月3日
永井柳太郎 逓信大臣 1944年(昭和19年)12月4日
小畑英良 陸軍大将 1945年(昭和20年)1月31日
鷹森孝 陸軍中将 1945年(昭和20年)3月22日
遠藤喜一 海軍大将 1945年(昭和20年)3月23日
高木武雄 海軍大将 1945年(昭和20年)3月23日
遠山登 陸軍中将 1945年(昭和20年)4月18日
渡辺正夫 陸軍中将 1945年(昭和20年)7月25日 士族(岸和田

昭和時代(戦後)[編集]

日本国憲法
受章者名 主な官職・役職 受章日 備考
美濃部達吉 枢密顧問官 1948年(昭和23年)5月23日 没後追贈
西野元 元枢密顧問官 1948年(昭和23年)8月3日
長岡半太郎 帝国学士院会員 1950年(昭和25年)12月11日 没後追贈
穂積重遠 最高裁判所判事 1951年(昭和26年)7月29日 没後追贈
田中舘愛橘 旧東京帝国大学名誉教授 1952年(昭和27年)5月21日 没後追贈
本多光太郎 東北帝国大学総長 1954年(昭和29年)2月12日 没後追贈
市来乙彦 大蔵大臣 1954年(昭和29年)2月19日 没後追贈
前田米蔵 商工大臣 1954年(昭和29年)3月18日 没後追贈
松本烝治 憲法改正担当国務大臣 1954年(昭和29年)10月8日 没後追贈
大達茂雄 旧内務大臣 1955年(昭和30年)9月25日 没後追贈
緒方竹虎 内閣官房長官、副総理、自由党総裁 1956年(昭和31年)1月28日 没後追贈
三木武吉 衆議院議員自由民主党総裁代行委員 1956年(昭和31年)7月4日 没後追贈
大口喜六 衆議院議員 1957年(昭和32年)1月26日 没後追贈
大麻唯男 国家公安委員会委員長 1957年(昭和32年)2月20日 没後追贈
永井潜 旧東京帝国大学教授 1957年(昭和32年)5月17日 没後追贈
川合芳三郎(玉堂) 帝国芸術院会員 1957年(昭和32年)6月30日 没後追贈
下村宏 情報局総裁 1957年(昭和32年)12月3日
砂田重政 防衛庁長官 1957年(昭和32年)10月27日
山崎猛 運輸大臣 1957年(昭和32年)10月27日
横山秀麿(大観) 旧帝国美術院会員 1958年(昭和33年)2月26日 没後追贈
松岡駒吉 衆議院議長 1958年(昭和33年)8月14日 没後追贈
安藤広太郎 内閣顧問 1958年(昭和33年)10月14日 没後追贈
岡田忠彦 衆議院議長 1958年(昭和33年)10月30日 没後追贈
井上匡四郎 旧子爵、鉄道大臣 1959年(昭和34年)3月18日 没後追贈
金森徳次郎 法制局長官、憲法担当国務大臣 1959年(昭和34年)6月16日 没後追贈
苫米地義三 運輸大臣、国民民主党最高委員 1959年(昭和34年)6月29日 没後追贈
小山松寿 衆議院議長 1959年(昭和34年)11月25日 没後追贈
松阪広政 司法大臣 1960年(昭和35年)1月5日 没後追贈
河本文一 会計検査院長 1960年(昭和35年)2月12日 没後追贈
高木貞治 旧東京帝国大学名誉教授 1960年(昭和35年)2月28日 没後追贈
石黒忠篤 農林大臣 1960年(昭和35年)3月10日 没後追贈
藤原銀次郎 商工大臣、王子製紙社長 1960年(昭和35年)3月17日 没後追贈
中島久万吉 旧男爵、商工大臣、横濱護謨製造(横浜ゴム)会長 1960年(昭和35年)4月25日 没後追贈
犬養健 法務大臣 1960年(昭和35年)8月28日 没後追贈
次田大三郎 法制局長官、内閣書記官長 1960年(昭和35年)9月15日 没後追贈
小坂順造 枢密顧問官 1960年(昭和35年)10月16日 没後追贈
水谷長三郎 商工大臣 1960年(昭和35年)12月17日 没後追贈
筧克彦 東京帝国大学教授 1961年(昭和36年)2月27日 没後追贈
広幡忠隆 旧侯爵、皇后宮大夫 1961年(昭和36年)4月12日 没後追贈
牧野良三 法務大臣 1961年(昭和36年)6月1日 没後追贈
田中都吉 駐ソ連大使 1961年(昭和36年)10月3日 没後追贈
小倉正恒 大蔵大臣 1961年(昭和36年)11月20日 没後追贈
戸田正三 金沢大学学長 1961年(昭和36年)11月20日 没後追贈
アーレイ・バーク アメリカ海軍作戦部長 1961年(昭和36年)月日
安井誠一郎 東京都知事 1962年(昭和37年)1月14日
熊谷岱蔵 東北大学名誉教授 1962年(昭和37年)2月19日 没後追贈
前田多門 文部大臣 1962年(昭和37年)6月4日 没後追贈
柳田國男 枢密顧問官、民俗学者 1962年(昭和37年)8月8日 没後追贈
真島利行 旧東北帝国大学名誉教授 1962年(昭和37年)8月19日 没後追贈
谷正之 外務大臣 1962年(昭和37年)10月26日 没後追贈
植原悦二郎 衆議院副議長 1962年(昭和37年)12月2日 没後追贈
徳川家正 旧公爵、貴族院議長 1963年(昭和38年)2月18日 没後追贈
湯沢三千男 内務大臣 1963年(昭和38年)2月21日 没後追贈
田子一民 衆議院議長 1963年(昭和38年)8月15日 没後追贈
河田烈 大蔵大臣 1963年(昭和38年)9月10日
勝沼精蔵 名古屋大学学長 1963年(昭和38年)11月10日 没後追贈
田中万逸 無任所国務大臣、衆議院副議長 1963年(昭和38年)12月5日 没後追贈
高碕達之助 経済企画庁長官 1964年(昭和39年)2月24日 没後追贈
石橋湛山 第55代内閣総理大臣 1964年(昭和39年)4月29日
片山哲 第46代内閣総理大臣 1964年(昭和39年)4月29日
加藤鐐五郎 衆議院議長 1964年(昭和39年)4月29日
小原直 法務大臣 1964年(昭和39年)4月29日
霜山精一 最高裁判所判事 1964年(昭和39年)4月29日
田中耕太郎 最高裁判所長官 1964年(昭和39年)4月29日
山田三良 日本学士院院長 1964年(昭和39年)4月29日
清瀬一郎 衆議院議長 1964年(昭和39年)11月3日
正力松太郎 科学技術庁長官、読売新聞社社主 1964年(昭和39年)11月3日
星島二郎 衆議院議長 1964年(昭和39年)11月3日
益谷秀次 衆議院議長 1964年(昭和39年)11月3日
カーティス・ルメイ アメリカ空軍参謀総長 1964年(昭和39年)12月4日
川島正次郎 行政管理庁長官、自由民主党副総裁 1965年(昭和40年)4月29日
重宗雄三 参議院議長 1965年(昭和40年)4月29日
船田中 衆議院議長 1965年(昭和40年)4月29日
石井光次郎 法務大臣 1965年(昭和40年)11月3日
横田喜三郎 最高裁判所長官 1965年(昭和40年)11月3日
東龍太郎 東京都知事 1967年(昭和42年)4月29日
高木武雄 旧海軍大将 1967年(昭和42年)8月30日 戦没者殊勲
遠藤喜一 旧海軍大将 1967年(昭和42年)10月28日 戦没者殊勲
藤山愛一郎 外務大臣、藤山コンツェルン総帥 1967年(昭和42年)11月3日
山口喜久一郎 衆議院議長 1967年(昭和42年)11月3日
栗林忠道 旧陸軍大将 1967年(昭和42年)12月23日 戦没者殊勲
下村定 旧陸軍大将、陸軍大臣 1968年(昭和43年)3月25日 没後追贈
増田甲子七 運輸大臣 1968年(昭和43年)11月3日
山県正郷 旧海軍大将 1968年(昭和43年)12月25日 戦没者殊勲
奥野健一 最高裁判所判事 1969年(昭和44年)4月29日
椎名悦三郎 外務大臣、自由民主党副総裁 1969年(昭和44年)4月29日
横田正俊 最高裁判所長官 1969年(昭和44年)4月29日
鈴木宗作 旧陸軍大将 1969年(昭和44年)9月27日 戦没者殊勲
永山忠則 自治大臣 1969年(昭和44年)11月3日
堀切善次郎 内務大臣 1969年(昭和44年)11月3日
足立正 日本商工会議所(日商)会頭 1970年(昭和45年)4月29日
石坂泰三 経済団体連合会(経団連)会長 1970年(昭和45年)4月29日
灘尾弘吉 衆議院議長 1970年(昭和45年)4月29日
松田竹千代 衆議院議長 1970年(昭和45年)4月29日
斯波孝四郎 三菱重工業会長 1970年(昭和45年)11月3日
向井忠晴 大蔵大臣、三井財閥総帥 1970年(昭和45年)11月3日
安川第五郎 安川電機会長 1970年(昭和45年)11月3日
青木一男 大蔵大臣 1971年(昭和46年)4月29日
入江俊郎 法制局長官 1971年(昭和46年)4月29日
中村梅吉 法務大臣 1971年(昭和46年)4月29日
荒木万寿夫 文部大臣 1971年(昭和46年)11月3日
菅野和太郎 通産大臣 1971年(昭和46年)11月3日
後藤文夫 農林大臣 1971年(昭和46年)11月3日
橋本登美三郎 運輸大臣 1971年(昭和46年)11月3日
広瀬久忠 厚生大臣 1971年(昭和46年)11月3日
一松定吉 厚生大臣 1972年(昭和47年)4月29日
稲田周一 侍従長 1972年(昭和47年)4月29日
井上孝治郎 駐トルコ大使 1972年(昭和47年)4月29日
井野碩哉 法務大臣 1972年(昭和47年)4月29日
今道潤三 東京放送会長 1972年(昭和47年)4月29日
植村甲午郎 経済団体連合会(経団連)会長 1972年(昭和47年)4月29日
大浜信泉 早稲田大学総長 1972年(昭和47年)4月29日
加藤弁三郎 協和発酵会長 1972年(昭和47年)4月29日
川端康成 小説家 1972年(昭和47年)4月29日 1961年(昭和36年)、文化勲章受章。
高田元三郎 日米通信社社長 1972年(昭和47年)4月29日
中安閑一 宇部興産社長 1972年(昭和47年)4月29日
新関八洲太郎 三井物産会長 1972年(昭和47年)4月29日
西尾末広 国務大臣副総理、民社党委員長 1972年(昭和47年)4月29日
橋本清之助 日本原子力産業会議 1972年(昭和47年)4月29日
保利茂 労働大臣 1972年(昭和47年)4月29日
松本正雄 最高裁判所判事 1972年(昭和47年)4月29日
郡祐一 法務大臣 1972年(昭和47年)4月29日
森八三一 参議院副議長 1972年(昭和47年)4月29日
山県勝見 郵政大臣、興亜火災海上保険会長 1972年(昭和47年)4月29日
横溝光暉 岡山県知事 1972年(昭和47年)4月29日
木内四郎 科学技術庁長官 1972年(昭和47年)11月3日
河野謙三 参議院議長 1972年(昭和47年)11月3日
中村寅太 運輸大臣 1972年(昭和47年)11月3日
馬場義続 検事総長 1972年(昭和47年)11月3日
松浦周太郎 労働大臣 1972年(昭和47年)11月3日
村上勇 郵政大臣 1972年(昭和47年)11月3日
山県昌夫 東京大学教授 1972年(昭和47年)11月3日
有田喜一 文部大臣 1973年(昭和48年)4月29日
石原幹市郎 自治大臣 1973年(昭和48年)4月29日
河野密 衆議院議員 1973年(昭和48年)4月29日
福田一 衆議院議長 1973年(昭和48年)4月29日
真野毅 最高裁判所判事 1973年(昭和48年)4月29日
天野貞祐 文部大臣 1973年(昭和48年)11月3日
石田和外 最高裁判所長官 1973年(昭和48年)11月3日
桑原幹根 愛知県知事 1973年(昭和48年)11月3日
小山邦太郎 衆議院議員、参議院議員 1973年(昭和48年)11月3日
島津忠承 日本赤十字社長 1973年(昭和48年)11月3日
周東英雄 農林大臣 1973年(昭和48年)11月3日
高橋誠一郎 日本芸術院院長 1973年(昭和48年)11月3日
西村英一 厚生大臣、自由民主党副総裁 1973年(昭和48年)11月3日
倉石忠雄 農林大臣 1974年(昭和49年)4月29日
古池信三 郵政大臣 1974年(昭和49年)4月29日
佐藤喜一郎 三井銀行会長 1974年(昭和49年)4月29日
床次徳二 総理府総務長官 1974年(昭和49年)4月29日
南原繁 旧東京帝国大学総長、日本学士院院長 1974年(昭和49年)4月29日
森戸辰男 文部大臣 1974年(昭和49年)4月29日
吉武恵市 労働大臣 1974年(昭和49年)4月29日
伊藤整一 旧海軍大将 1974年(昭和49年)6月26日 戦没者殊勲
冨永信政 旧陸軍大将 1974年(昭和49年)9月28日 戦没者殊勲
木村篤太郎 法務大臣、防衛庁長官 1974年(昭和49年)11月3日
黒川利雄 東北大学学長 1974年(昭和49年)11月3日
篠田弘作 自治大臣 1974年(昭和49年)11月3日
新谷寅三郎 運輸大臣 1974年(昭和49年)11月3日
瀬戸山三男 法務大臣、文部大臣 1974年(昭和49年)11月3日
塚田十一郎 郵政大臣 1974年(昭和49年)11月3日
鳥養利三郎 京都大学総長 1974年(昭和49年)11月3日
中山伊知郎 一橋大学学長 1974年(昭和49年)11月3日
赤城宗徳 農林水産大臣 1975年(昭和50年)4月29日
有沢広巳 法政大学総長 1975年(昭和50年)4月29日
大橋武夫 運輸大臣 1975年(昭和50年)4月29日
茅誠司 東京大学総長 1975年(昭和50年)4月29日
千葉三郎 労働大臣 1975年(昭和50年)4月29日
東畑精一 東京大学教授 1975年(昭和50年)4月29日
上原正吉 科学技術庁長官 1975年(昭和50年)11月3日
加藤常太郎 労働大臣 1975年(昭和50年)11月3日
木原均 京都大学教授 1975年(昭和50年)11月3日
武見太郎 日本医師会会長 1975年(昭和50年)11月3日
西村直己 農林水産大臣 1975年(昭和50年)11月3日
早稲田柳右衛門 衆議院議員 1975年(昭和50年)11月3日
秋田大助 自治大臣 1976年(昭和51年)4月29日
宇佐美毅 宮内庁長官 1976年(昭和51年)4月29日
小島徹三 法務大臣 1976年(昭和51年)4月29日
小山長規 建設大臣 1976年(昭和51年)4月29日
島村一郎 衆議院議員 1976年(昭和51年)4月29日
田中伊三次 法務大臣 1976年(昭和51年)4月29日
高橋雄豺 警察官僚 1976年(昭和51年)4月29日
朝永振一郎 東京教育大学学長 1976年(昭和51年)4月29日 1952年(昭和27年)、文化勲章受章。
前尾繁三郎 衆議院議長 1976年(昭和51年)4月29日
水田三喜男 大蔵大臣 1976年(昭和51年)4月29日
植木庚子郎 大蔵大臣 1976年(昭和51年)11月3日
徳安実蔵 郵政大臣 1976年(昭和51年)11月3日
広瀬正雄 郵政大臣 1976年(昭和51年)11月3日
村上朝一 最高裁判所長官 1976年(昭和51年)11月3日
荒船清十郎 運輸大臣 1977年(昭和52年)4月29日
下田武三 外務次官、駐アメリカ大使、最高裁判所判事 1977年(昭和52年)4月29日
浜野清吾 法務大臣 1977年(昭和52年)4月29日
福田篤泰 郵政大臣 1977年(昭和52年)4月29日
湯川秀樹 京都大学名誉教授 1977年(昭和52年)4月29日 1943年(昭和18年)、文化勲章受章。
剱木亨弘 文部大臣 1977年(昭和52年)11月3日
藤林益三 最高裁判所長官 1977年(昭和52年)11月3日
増原惠吉 防衛庁長官 1977年(昭和52年)11月3日
土光敏夫 経済団体連合会(経団連)会長 1978年(昭和53年)4月29日
永野重雄 日本商工会議所(日商)会頭、富士製鐵社長 1978年(昭和53年)4月29日
長谷川四郎 農林水産大臣 1978年(昭和53年)4月29日
坊秀男 大蔵大臣 1978年(昭和53年)4月29日
芦原義重 関西電力会長 1978年(昭和53年)11月3日
岡原昌男 最高裁判所長官 1979年(昭和54年)4月29日
井上五郎 中部電力会長 1979年(昭和54年)11月3日
奥田良三 奈良県知事 1979年(昭和54年)11月3日
増本量 東北大学名誉教授 1979年(昭和54年)11月3日
稲葉修 法務大臣 1980年(昭和55年)4月29日
大石武一 農林水産大臣 1980年(昭和55年)4月29日
兼重寛九郎 日本学術会議会長 1980年(昭和55年)4月29日
小平久雄 衆議院副議長 1980年(昭和55年)4月29日
堀田庄三 日本航空会長 1980年(昭和55年)4月29日
春日一幸 民社党委員長 1980年(昭和55年)11月3日
木村武雄 建設大臣 1980年(昭和55年)11月3日
高辻正己 最高裁判所判事、法務大臣 1980年(昭和55年)11月3日
町村金五 自治大臣 1980年(昭和55年)11月3日
森永貞一郎 日本銀行総裁 1980年(昭和55年)11月3日
山田久就 環境庁長官 1980年(昭和55年)11月3日
大槻文平 三菱鉱業セメント会長 1981年(昭和56年)4月29日
松沢雄蔵 行政管理庁長官 1981年(昭和56年)4月29日
松下幸之助 松下電器産業会長 1981年(昭和56年)4月29日
原安三郎 日本化薬会長 1981年(昭和56年)11月3日
稲山嘉寛 経済団体連合会(経団連)会長、新日本製鐵社長 1982年(昭和57年)4月29日
牛場信彦 駐アメリカ大使、対外経済担当大臣 1982年(昭和57年)4月29日
小坂善太郎 外務大臣 1982年(昭和57年)4月29日
古井喜実 法務大臣 1982年(昭和57年)4月29日
安西浩 東京瓦斯会長 1982年(昭和57年)11月3日
中野四郎 国土庁長官 1982年(昭和57年)11月3日
松前重義 東海大学総長 1982年(昭和57年)11月3日
小川平二 文部大臣 1983年(昭和58年)4月29日
桜内義雄 外務大臣 1983年(昭和58年)4月29日
松平勇雄 福島県知事 1983年(昭和58年)4月29日
森八三一 参議院副議長 1983年(昭和58年)4月29日
木村俊夫 外務大臣 1983年(昭和58年)11月3日
佐伯勇 近畿日本鉄道会長 1983年(昭和58年)11月3日
藤田進 参議院議員、日本労働組合総評議会議長 1983年(昭和58年)11月3日
前田正男 科学技術庁長官 1983年(昭和58年)11月3日
金子岩三 農林大臣 1984年(昭和59年)4月29日
楯兼次郎 衆議院議員 1984年(昭和59年)4月29日
八木一郎 衆議院議員、参議院議員 1984年(昭和59年)4月29日
山本幸一 衆議院議員 1984年(昭和59年)4月29日
足立篤郎 農林水産大臣 1984年(昭和59年)11月3日
久保田豊 日本工営会長 1985年(昭和60年)4月29日
佐々木良作 民社党委員長 1985年(昭和60年)4月29日
渡海元三郎 自治大臣 1985年(昭和60年)4月29日
服部高顕 最高裁判所長官 1985年(昭和60年)4月29日
小林進 衆議院議員 1985年(昭和60年)4月29日
佐々木義武 通商産業大臣 1985年(昭和60年)11月3日
天野光晴 国土庁長官 1986年(昭和61年)4月29日
井出一太郎 内閣官房長官 1986年(昭和61年)4月29日
井深大 ソニー会長 1986年(昭和61年)4月29日
岩佐凱実 富士銀行頭取 1986年(昭和61年)4月29日
上村千一郎 環境庁長官 1986年(昭和61年)4月29日
金子一平 大蔵大臣 1986年(昭和61年)4月29日
小平忠 衆議院議員 1986年(昭和61年)4月29日
西郷吉之助 法務大臣 1986年(昭和61年)4月29日
藤井勝志 労働大臣 1986年(昭和61年)4月29日
三原朝雄 文部大臣 1986年(昭和61年)4月29日
阿具根登 参議院副議長 1986年(昭和61年)11月3日
大来佐武郎 外務大臣 1986年(昭和61年)11月3日
岡田春夫 参議院副議長 1986年(昭和61年)11月3日
奥野誠亮 文部大臣 1986年(昭和61年)11月3日
勝間田清一 参議院副議長 1986年(昭和61年)11月3日
加藤武徳 自治大臣 1986年(昭和61年)11月3日
野田卯一 建設大臣 1986年(昭和61年)11月3日
細田吉蔵 運輸大臣 1986年(昭和61年)11月3日
石田博英 労働大臣 1987年(昭和62年)4月29日
斎藤邦吉 厚生大臣 1987年(昭和62年)4月29日
笹川良一 日本船舶振興会長 1987年(昭和62年)4月29日
古屋亨 自治大臣 1987年(昭和62年)4月29日
森山欽司 運輸大臣 1987年(昭和62年)4月29日
宇都宮徳馬 衆議院議員、参議院議員 1987年(昭和62年)11月3日
岡本道雄 京都大学総長 1987年(昭和62年)11月3日
木村睦男 参議院議長 1987年(昭和62年)11月3日
小林宏治 日本電気会長 1987年(昭和62年)11月3日
鈴木俊一 東京都知事 1987年(昭和62年)11月3日
田中正巳 厚生大臣 1987年(昭和62年)11月3日
団藤重光 最高裁判所判事、東京大学教授 1987年(昭和62年)11月3日
寺田治郎 最高裁判所長官 1987年(昭和62年)11月3日
中村正雄 衆議院議員、参議院議員 1987年(昭和62年)11月3日
根本龍太郎 内閣官房長官 1987年(昭和62年)11月3日
林敬三 赤十字社長 1987年(昭和62年)11月3日
日向方斉 住友金属会長 1987年(昭和62年)11月3日
下平正一 衆議院議員 1988年(昭和63年)4月29日
小坂徳三郎 運輸大臣 1988年(昭和63年)11月3日
丹羽兵助 労働大臣 1988年(昭和63年)11月3日
福井謙一 京都大学名誉教授 1988年(昭和63年)11月3日 1981年(昭和56年)、文化勲章受章。

平成[編集]

栄典制度改革前
受章者名 主な官職・役職 受章日 備考
小倉武一 税制調査会長 1989年平成元年)4月29日
林修三 法制局長官 1989年(平成元年)4月29日
松野幸泰 岐阜県知事、国土庁長官 1989年(平成元年)4月29日
角屋堅次郎 衆議院議員 1989年(平成元年)11月3日
白木義一郎 参議院議員 1989年(平成元年)11月3日
秋山長造 参議院副議長 1990年(平成2年)4月29日
斎藤英四郎 経済団体連合会会長、新日本製鐵社長 1990年(平成2年)4月29日
澄田智 日本銀行総裁 1990年(平成2年)4月29日
田中竜夫 通商産業大臣 1990年(平成2年)4月29日
二階堂進 内閣官房長官 1990年(平成2年)4月29日
八百板正 参議院議員 1990年(平成2年)4月29日
安井吉典 衆議院副議長 1990年(平成2年)4月29日
多賀谷真稔 衆議院副議長 1990年(平成2年)11月3日
豊田英二 トヨタ自動車工業社長 1990年(平成2年)11月3日
本田宗一郎 本田技研工業社長 1991年(平成2年)11月3日
渡辺栄一 建設大臣 1990年(平成2年)11月3日
石原俊 日産自動車社長 1991年(平成3年)4月29日
久野忠治 郵政大臣 1991年(平成3年)4月29日
小柳勇 参議院議員 1991年(平成3年)4月29日
田川誠一 自治大臣 1991年(平成3年)4月29日
畑和 埼玉県知事 1991年(平成3年)4月29日
原田憲 運輸大臣 1991年(平成3年)4月29日
永末英一 民社党委員長 1991年(平成3年)11月3日
山中貞則 通商産業大臣 1991年(平成3年)11月3日
内海英男 建設大臣 1992年(平成4年)4月29日
初村滝一郎 労働大臣 1992年(平成4年)4月29日
藤田正明 参議院議長 1992年(平成4年)4月29日
森下元晴 厚生大臣 1992年(平成4年)4月29日
長田裕二 参議院議長 1992年(平成4年)11月3日
伊藤正己 最高裁判所判事 1993年(平成5年)4月29日
江崎真澄 総務庁長官 1993年(平成5年)4月29日
倉成正 外務大臣 1993年(平成5年)4月29日
角田礼次郎 最高裁判所判事 1993年(平成5年)4月29日
永井道雄 文部大臣 1993年(平成5年)4月29日
塩崎潤 総務庁長官 1993年(平成5年)11月3日
楢崎弥之助 衆議院議員 1993年(平成5年)11月3日
林田悠紀夫 法務大臣 1993年(平成5年)11月3日
村山達雄 大蔵大臣 1993年(平成5年)11月3日
鈴木永二 日本経営者団体連盟会長 1994年(平成6年)4月29日
平岩外四 経済団体連合会会長 1994年(平成6年)4月29日
亀井正夫 住友電気工業会長 1994年(平成6年)11月3日
小林与三次 読売新聞会長 1994年(平成6年)11月3日
石川忠雄 慶応義塾長 1995年(平成7年)4月29日
沢田一精 熊本県知事 1995年(平成7年)4月29日
鈴木省吾 法務大臣 1995年(平成7年)4月29日
村田敬次郎 自治大臣 1995年(平成7年)4月29日
大出俊 郵政大臣 1995年(平成7年)11月3日
佐藤守良 農林水産大臣 1995年(平成7年)11月3日
武藤山治 衆議院議員 1995年(平成7年)11月3日
吉国一郎 法制局長官 1995年(平成7年)11月3日
左藤恵 法務大臣 1996年(平成8年)4月29日
山口鶴男 総務庁長官 1996年(平成8年)4月29日
栗原祐幸 労働大臣 1996年(平成8年)11月3日
河本敏夫 通商産業大臣 1996年(平成8年)11月3日
坂本三十次 労働大臣、内閣官房長官 1996年(平成8年)11月3日
竹入義勝 公明党委員長 1996年(平成8年)11月3日
田邊誠 日本社会党委員長 1996年(平成8年)11月3日
野坂浩賢 内閣官房長官 1996年(平成8年)11月3日
松永信雄 大使 1996年(平成8年)11月3日
味村治 最高裁判所判事 1996年(平成8年)11月3日
植木光教 総理府総務長官 1997年(平成9年)4月29日
鯨岡兵輔 衆議院副議長、環境庁長官 1997年(平成9年)4月29日
後藤田正晴 内閣官房長官 1997年(平成9年)4月29日
田沢吉郎 農林水産大臣 1997年(平成9年)4月29日
塚本三郎 民社党委員長 1997年(平成9年)4月29日
中山太郎 外務大臣 1997年(平成9年)4月29日
田邊圀男 総理府総務長官 1997年(平成9年)11月3日
江崎玲於奈 物理学者、筑波大学 1998年(平成10年)4月29日 1974年(昭和49年)11月3日、文化勲章を受章。
奥田敬和  郵政大臣、自治大臣、国家公安委員会委員長運輸大臣 1998年(平成10年)4月29日
越智伊平 農林水産大臣 1998年(平成10年)4月29日
世耕政隆  近畿大学総長、自治大臣裁判官弾劾裁判所裁判長 1998年(平成10年)4月29日
水野清 建設大臣 1998年(平成10年)4月29日
三ツ林弥太郎 科学技術庁長官 1998年(平成10年)4月29日
赤桐操 参議院副議長 1998年(平成10年)11月3日
江藤隆美 運輸大臣 1998年(平成10年)11月3日
瀬谷英行 参議院副議長 1998年(平成10年)11月3日
中山利生 防衛庁長官 1998年(平成10年)11月3日
藤尾正行 労働大臣 1998年(平成10年)11月3日
遠藤要 法務大臣 1999年(平成11年)4月29日
山下徳夫 厚生大臣 1999年(平成11年)4月29日
井上吉夫 国土庁長官 1999年(平成11年)11月3日
梶山静六 内閣官房長官 1999年(平成11年)11月3日
加藤六月 農林水産大臣 1999年(平成11年)11月3日
高鳥修 総務庁長官 1999年(平成11年)11月3日
長野士郎 岡山県知事 1999年(平成11年)11月3日
藤森昭一 宮内庁長官 1999年(平成11年)11月3日
松永光 大蔵大臣 1999年(平成11年)11月3日
三好達 最高裁判所長官 1999年(平成11年)11月3日
石原信雄 内閣官房副長官 2000年(平成12年)4月29日
大内啓伍 厚生大臣 2000年(平成12年)4月29日
小沢辰男 厚生大臣 2000年(平成12年)4月29日
近藤鉄雄 労働大臣 2000年(平成12年)4月29日
竹内黎一 科学技術庁長官 2000年(平成12年)4月29日
林義郎 大蔵大臣 2000年(平成12年)4月29日
平泉渉 経済企画庁長官 2000年(平成12年)4月29日
武藤嘉文 外務大臣 2000年(平成12年)4月29日
井上裕 参議院議長 2000年(平成12年)11月3日
小沢潔 国土庁長官 2000年(平成12年)11月3日
越智道雄 経済企画庁長官 2000年(平成12年)11月3日
粕谷茂 北海道開発庁長官 2000年(平成12年)11月3日
唐沢俊二郎 郵政大臣 2000年(平成12年)11月3日
坂野重信 自治大臣 2000年(平成12年)11月3日
塩川正十郎 自治大臣 2000年(平成12年)11月3日
谷川和穂 法務大臣 2000年(平成12年)11月3日
葉梨信行 自治大臣 2000年(平成12年)11月3日
岩崎純三 総務庁長官 2001年(平成13年)4月29日
小里貞利 労働大臣 2001年(平成13年)4月29日
坪井栄孝 医師会会長 2001年(平成13年)4月29日
藤本孝雄 農林水産大臣 2001年(平成13年)4月29日
堀之内久男 農林水産大臣 2001年(平成13年)4月29日
久保亘 大蔵大臣 2001年(平成13年)11月3日
田英夫 参議院議員 2001年(平成13年)11月3日
村岡兼造 内閣官房長官 2001年(平成13年)11月3日
相沢英之 経済企画庁長官 2002年(平成14年)4月29日
谷洋一 農林水産大臣 2002年(平成14年)4月29日
豊田章一郎 トヨタ自動車社長 2002年(平成14年)4月29日
野呂田芳成 農林水産大臣 2002年(平成14年)4月29日
原田昇左右 建設大臣 2002年(平成14年)4月29日
平井卓志 労働大臣 2002年(平成14年)4月29日
宮下創平 厚生大臣 2002年(平成14年)4月29日
上原康助 沖縄開発庁長官 2002年(平成14年)11月3日
中山正暉 建設大臣 2002年(平成14年)11月3日
西田司 自治大臣 2002年(平成14年)11月3日
野中広務 内閣官房長官 2002年(平成14年)11月3日
稲葉興作 日本商工会議所会頭 2003年(平成15年)4月29日
佐藤信二 運輸大臣 2003年(平成15年)4月29日
小柴昌俊 東京大学名誉教授 2003年(平成15年)4月29日 1997年(平成9年)11月3日、文化勲章を受章。
堀内光雄 通商産業大臣 2003年(平成15年)4月29日
渡部恒三 衆議院副議長、通商産業大臣 2003年(平成15年)4月29日
栄典制度改革後

脚注[編集]

  1. ^ 「日本ニュース」第146号|NHK戦争証言アーカイブス
  2. ^ 「日本ニュース」第174号|NHK戦争証言アーカイブス
  3. ^ 「日本ニュース」第174号|NHK戦争証言アーカイブス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]