八田裕二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八田裕二郎

八田 裕二郎(はった ゆうじろう、嘉永2年11月17日[1]1849年12月31日) - 昭和5年(1930年1月23日[2])は、日本の海軍軍人衆議院議員立憲政友会公正会憲政会)。

経歴[編集]

福井市出身。海軍兵学寮に入った後、イギリスに留学[2]1878年明治11年)、グリニッジ海軍大学を卒業した[2]。海軍大尉から海軍大佐まで累進し、その間に東伏見宮付武官、イギリス公使館付武官、フランス公使館付武官を務めた[1][2]。退役後は育英事業・船舶事業に従事した[2]

1912年明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し当選。第12回衆議院議員総選挙でも再選された。

出典[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録』
  2. ^ a b c d e 『議会制度七十年史』

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。