電源開発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
電源開発株式会社
Electric Power Development Co.,Ltd.
Electric Power Development Co., Ltd (headquarters).jpg
電源開発本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9513 2004年10月6日上場
略称 J-POWER、Jパワー
本社所在地 日本の旗 日本
104-8165
東京都中央区銀座6-15-1
設立 1952年9月16日
業種 電気・ガス業
事業内容 電気事業など
代表者 北村雅良(代表取締役社長)
資本金 1524億49百万円
(2010年3月31日現在)
売上高 単体:5832億円
連結:6360億円
(2011年3月期)
純資産 単体:3491億円
連結:4149億円
(2011年3月31日現在)
総資産 単体:1兆8849億円
連結:2兆124億円
(2011年3月31日現在)
従業員数 連結:6774人
(2011年3月31日現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 日本生命保険(5.48%)
主要子会社 主な関連会社の項目を参照
関係する人物 高碕達之助(初代総裁)、小坂順造藤井崇治吉田確太大堀弘両角良彦門田正三藤原一郎杉山和男
外部リンク http://www.jpower.co.jp/
テンプレートを表示

電源開発株式会社(でんげんかいはつ、英語: Electric Power Development Co.,Ltd.)は、日本最大の卸電気事業者である。愛称はJ-POWER(ジェイパワー)。

概要[編集]

太平洋戦争の日本敗戦後、GHQの指示で作られた過度経済力集中排除法の指定を受け日本発送電が解体、地域電力会社に分割された。しかし、分割されたばかりの地域電力会社は資本的にも非常に貧弱で、復興のために必要となる電力を満足に供給できず、発電所新設の投資もままならない状態であったため、国内での電力需要の増加に対応して制定された電源開発促進法により、1952年9月16日に国の特殊会社として設立された(資本構成は66.69%を財務大臣、残りを9電力会社が出資)。

電源開発の最初の大事業は佐久間ダムであるが、10年はかかるという工事をアメリカからの技術導入により3年で完成させた。この成功により、関西電力は黒部ダムの建設にゴーサインを出したという話もある。 続けて”OTM”と呼ばれる奥只見ダム田子倉ダム御母衣ダムなど大規模なものを含む水力発電所を次々に建設。戦後復興を電力面から支える(なお、佐久間ダムの佐久間発電所は現在も年間発電量日本一の水力発電所であるなど、これらは現在でも国内最大級の規模を有する)。

高度成長期、大きく伸びる電力需要に合わせて、財務を立て直した電力会社と共に供給力も大きくしていったが、電力会社間の連携不足や昼夜間の需要ギャップ拡大など、効率面が問題となってきた。これに対し電源開発は複数の電力会社が利用できる広域火力発電所、電力会社間の連系送電線や佐久間周波数変換所などの連系設備、長距離直流送電、大規模揚水発電所を建設。電力会社の補完的事業を行う。

更に後、電力会社も十分な財務体質を有し、各社間で連系送電線やその他連系設備を建設していった。電源開発は当時斜陽化していた国内炭鉱産業支援のため、国内炭専用の火力発電所を建設したり(のち海外炭火力へと変更)、海水揚水発電所等の実証試験プラントや海外協力事業を積極的に行うなど、国策的性格が強い事業を行うようになった。

1997年に特殊法人合理化の中で5ヵ年程度の準備期間を置いた後に民営化することで閣議決定され、2003年に電源開発促進法を廃止、2004年10月6日東京証券取引所第1部に上場し、電力会社および政府出資の民営化ファンドの保有株式の全てを売却した(初値は2,795円)。また合わせて愛称を「でんぱつ」から「J-POWER(ジェイパワー)」に変更。

現在では、日本国内に水力火力合わせて60か所以上の発電所を有し、発電能力は一般電気事業者以外としては突出しており、一般電気事業者と比較しても四国電力などを抜き東北電力に匹敵する。特に石炭火力発電に関しては日本一の規模で、水力発電もトップクラス。送電・変電設備、電力会社間の連系送電線やその他連系設備も多数保有しており、特に北海道・本州間、本州・九州間を連系する送電網を有するのはJ-POWERのみである(以前は本州 - 四国間を保有するのもJ-POWERのみだったが、現在は4回線中3回線を保有)。なお、現在は原子力発電所を有していないが、青森県において大間原子力発電所を建設中である。 風力発電についても東京臨海風力発電所など国内18地点を有しトップクラス(2011年3月末現在)。海外においてもポーランドでの事業に参画(ザヤツコボ風力発電所)するなど、積極的な展開を進めている。

また、近年の電力自由化の流れに対応すべく事業を多角化(水道事業など)。併せて、これまで主にはアジア地域におけるコンサルティングを展開してきた海外事業も、近年はIPPへの積極投資(タイ・カエンコイ2発電所、アメリカ・テナスカフロンティア、エルウッド、グリーン・カントリーなど)、炭鉱開発(豪州・クレアモント炭鉱など)などにより拡大しつつある。

沿革[編集]

(主要設備運転開始時期等)

人事(代表権のある取締役のみ)[編集]

特殊会社時代には最高責任者の役職名は「総裁」であったが、一般の株式会社に改組してからは「社長」となっている。

主要事業所一覧[編集]

(国内)

(海外)

  • ワシントン事務所
  • クアラルンプール事務所
  • ハノイ事務所
  • ジャカルタ事務所

※(主な海外法人)

  • オーストラリア
    • J-POWER AUSTRALIA PTY. LTD.
  • 米国
    • J-POWER North America Holdings Co., Ltd.
  • オランダ
    • J-Power Investment Netherlands B.V. 
    • CBK Netherlands Holdings B.V.
  • タイ
    • J-POWER Generation(Thailand)
    • Gulf Electric Public Co., Ltd.
    • TLP Cogeneration Company Limited
    • Thaioil Power Co., Ltd.
    • Gulf Power Generation Co., Ltd.
    • Nong Khae Cogeneration Co., Ltd.
    • Samutprakarn Cogeneration Co., Ltd.
    • Gulf Cogeneration Co., Ltd.
    • Gulf Yala Green Co., Ltd.
    • Independent Power(Thailand) Co., Ltd.
  • フィリピン
    • CBK Power Company Limited
  • スペイン
    • SEC HoldCo, S.A.
  • 中国
    • 捷帕瓦電源開発諮詢(北京)有限公司
  • 台湾
    • 嘉恵電力股有限公司

発電施設[編集]

合計 67箇所、1,699万2,500kW(2012年3月31日現在)[2]

  • 総出力には長期計画停止中、定期点検中の号機を含む。廃止された号機、建設中の号機は含まない。

水力発電所[編集]

59箇所、856万5,500kW

  • 主な水力発電所(10万kW以上の発電所)
発電所 水系 一次支川
(本川)
二次支川 発電方式 認可出力 ダム 所在地 運用開始
下郷発電所 阿賀野川 阿賀野川
小野川
ダム水路式(揚水式 100万kW 大川ダム(下池)
大内ダム(上池)
福島県 1988年
奥只見発電所 阿賀野川 只見川 ダム式 56万kW 奥只見ダム 福島県
新潟県
1960年
大鳥発電所 阿賀野川 只見川 ダム式 18.2万kW 大鳥ダム 福島県 1963年
田子倉発電所 阿賀野川 只見川 ダム式 38.5万kW 田子倉ダム 福島県 1959年
沼原発電所 那珂川 那珂川
(河道外)
ダム水路式(揚水式) 67.5万kW 深山ダム(下池)
沼原ダム(上池)
栃木県 1973年
佐久間発電所 天竜川 天竜川 ダム水路式 35万kW 佐久間ダム 静岡県
愛知県
1956年
新豊根発電所 天竜川 天竜川
大千瀬川

大入川
ダム水路式(揚水式) 112万kW 佐久間ダム(下池)
新豊根ダム(上池)
愛知県 1972年
奥清津第一発電所
奥清津第二発電所
信濃川 清津川
カッサ川
ダム水路式(揚水式) 100万kW
60万kW
二居ダム(下池)
カッサダム(上池)
新潟県 1978年
1996年
御母衣発電所 庄川 庄川 ダム式 21.5万kW 御母衣ダム 岐阜県 1961年
手取川第一発電所 手取川 手取川 ダム水路式 25万kW 手取川ダム 石川県 1979年
長野発電所 九頭竜川 九頭竜川 ダム式(揚水式) 22万kW 九頭竜ダム
鷲ダム
福井県 1968年
池原発電所 熊野川 北山川 ダム式(揚水式) 35万kW 池原ダム
七色ダム
奈良県 1964年
川内川第一発電所 川内川 川内川 ダム式 12万kW 鶴田ダム 鹿児島県 1965年

火力発電所[編集]

磯子火力発電所

7箇所、841万2,000kW

発電所名 使用燃料 総出力 号機 出力 運転開始 所在地 備考
磯子火力発電所 石炭 120万kW 新1号機
新2号機
60万kW
60万kW
2002年4月
2009年7月
神奈川県横浜市磯子区
高砂火力発電所 石炭 50万kW 1号機
2号機
25万kW
25万kW
1968年7月
1969年1月
兵庫県高砂市
竹原火力発電所 石炭 130万kW 1号機
2号機
3号機
25万kW
35万kW
70万kW
1967年7月
1974年6月
1983年3月
広島県竹原市 新1号機(60万kW)建設中。
橘湾火力発電所 石炭 210万kW 1号機
2号機
105万kW
105万kW
2000年7月
2000年12月
徳島県阿南市
松島火力発電所 石炭 100万kW 1号機
2号機
50万kW
50万kW
1981年1月
1981年6月
長崎県西海市松島
松浦火力発電所 石炭 200万kW 1号機
2号機
100万kW
100万kW
1990年6月
1997年7月
長崎県松浦市
石川石炭火力発電所 石炭 31.2万kW 1号機
2号機
15.6万kW
15.6万kW
1986年11月
1987年3月
沖縄県うるま市

原子力発電所[編集]

(建設中1箇所)

発電所名 原子炉型式 総出力 運転開始 所在地 備考
大間原子力発電所 改良型沸騰水型軽水炉 kW 青森県下北郡大間町 1基建設中、138.3万kW予定。

新エネルギー[編集]

1箇所、1万5,000kW

発電所名 方式 総出力 運転開始 所在地
鬼首地熱発電所 地熱発電 1.5万kW 1975年3月 宮城県大崎市

過去に存在した発電施設[編集]

火力発電所[編集]

発電所名 使用燃料 総出力 廃止時期 所在地
若松火力発電所* 石炭、重油 15万kW 1989年 福岡県北九州市若松区

* 若松火力発電所跡地には、研究・実験・研修施設としての若松総合事業所が建設された。

海外実績[編集]

  • 技術コンサルティング 63カ国・地域318件(2011年5月末実績)
  • IPP(海外発電事業) 6カ国・地域29件(2010年6月末実績)

提供番組[編集]

主な関連会社[編集]

TCIによる株式取得をめぐる問題について[編集]

電源開発の発行済株式の9.9%を保有するザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)は、2007年6月の定時株主総会の時点で増配要求を出すなど、経営方針に対して不満を表明していた[3]。2007年11月には、社外役員の派遣を経営陣に要請したものの、電源開発の取締役会は2008年1月7日、この提案に反対する旨の回答をする[4]

そこでTCIは1月15日、電源開発の株式の保有率を20%まで引き上げるため、外為法による事前届出[5]を行った。しかし関税・外国為替等審議会外国為替等分科会外資特別部会は4月15日、この株式取得は日本の「公の秩序の維持が妨げられるおそれがあるもの」とする意見[6]を出した。この意見を受けて、額賀財務大臣甘利経済産業大臣は、TCIによる株式の取得の中止の勧告[1]を出すと同時に、「日本政府の対日直接投資促進は不変」という談話[7]を発表し、電源開発もこの勧告と談話を許容する内容のコメント[8]を発表した。

4月25日に入り、TCIは経済産業省から出された弁明の機会の付与[9]に対し中止勧告の応諾の拒否を通知したため、額賀財務大臣と甘利経済産業大臣は、外為法27条10項の中止命令のための手続に着手し、5月13日に中止命令[10]を発した。7月14日、TCIはこの中止命令に従い、不服申し立てを断念する旨の声明を発表した[11]

一方でTCIは、4月16日に、6月の電源開発の定時株主総会において、期末配当に関する提案と、条件が受け入れられない場合の社長の解任を内容とする株主提案を行うことを発表した。電源開発は4月18日にこの提案を受領した旨を発表し、4月30日にTCIの全提案に反対する旨の取締役会の意見[12]を発表した。その後TCIと電源開発との間で書簡の往来が続いたものの意見の対立は埋まらず、5月22日には、定時総会に向けて委任状勧誘を行うことをTCIが発表した。

6月26日の第56期定時株主総会にて、TCIによる株主提案はすべて否決されたものの[13]、それと前後して、TCIは電源開発の経営陣の責任を追及する訴えを提起のための手続を進めており、また、持合い株主の議決権の投票結果の開示を要請する[14][15][16][17][18]など、定時株主総会によるTCIの株主提案の否決後も係争は続いていた。

しかし、2008年10月31日に、電源開発はTCIが保有している全株式を買い取ることを発表し、一連の問題に終止符を打つこととなった。なお、TCIが株式の売却を決めた理由については、電源開発が2008年7月末に決めた子会社事業を本体に取り込む事業再編[19]によるものとする報道[20]と、2008年9月に発生した世界規模の金融危機の影響によるものとする報道[21]とがあり、錯綜している。

天下り問題[編集]

福島第一原子力発電所事故以降、経済産業省と電力会社の天下り問題が監督官庁である経産省の原子力発電所の安全基準のチェックを甘くさせる構造として批判が集まった。

放送送信施設[編集]

当社本社ビル屋上にはコミュニティ放送局である中央エフエムの送信所が置かれている。

放送局名
愛称
コールサイン 周波数 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
中央エフエム
「Ginza'RADIOCITY」
JOZZ3AX-FM 84.0MHz 音声20W 音声29W 中央区と周辺8区の一部 -

脚注[編集]

  1. ^ a b 電源開発(株)に対するTCIの投資に係る外為法に基づく中止勧告について (経済産業省)
  2. ^ 企業概要
  3. ^ ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)、Jパワー社の株主に株主提案の理由を説明, 2007年6月(PDF) (PDF)
  4. ^ Jパワー社 経営陣への書簡, 2007年11月(PDF) (PDF)
  5. ^ ザ・チルドレンズ・インベストメント・マスター・ファンドによる外国為替及び外国貿易法に基づく事前届出について(TCI) (PDF)
  6. ^ 関税・外国為替等審議会外国為替等分科会外資特別部会 意見 (経済産業省) (PDF)
  7. ^ 財務大臣・経済産業大臣談話~日本政府の対日直接投資促進の姿勢は不変~ (財務省)
  8. ^ TCIからの株主提案に対する当社取締役会の反対意見について (電源開発、現在はウェブページが存在せず)
  9. ^ TCIに対する弁明の機会の付与について (経済産業省)
  10. ^ 電源開発(株)に対するTCIの投資に係る外為法に基づく中止命令について (経済産業省)
  11. ^ Jパワー株式追加取得に係る政府の中止命令につき不服申立てを行わず、Jパワーのコーポレート・ガバナンスの改善に専念することを決定 (PDF)
  12. ^ 株主提案に対する当社取締役会の意見について (電源開発)
  13. ^ http://www.jpower.co.jp/news_release/news080626-1.html
  14. ^ http://www.tcifund.jp/pdf/news_jp30.pdf 支持を頂いた株主の皆様に対する感謝の意と、J パワーに対する持ち合い株主による投票結果の開示要請(PDF) (PDF)
  15. ^ TCIによる5月8日付の公開要請について
  16. ^ TCI はJパワー監査役に対し、業務執行義務違反に関する実態調査を依頼(PDF) (PDF)
  17. ^ 株主からの料金値下げ等に関する取締役責任追及の訴えの提起等の請求について
  18. ^ 株主からの取締役責任追及の訴えに関する不提訴理由通知書の送付について
  19. ^ 電源開発株式会社の会社分割による子会社(株式会社JPリソーシズ)の一部事業の承継に関するお知らせ
  20. ^ 英投資ファンドTCI、Jパワー株売却へ(日経ネット)
  21. ^ 凋落と逆襲 ファンド岐路 金融危機の行方、左右(フジサンケイビジネスアイ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]