信越化学工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
信越化学工業株式会社
Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.
Shin-Etsu Chemical logo.svg
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社[1]
市場情報
略称 信越化学、信越化
本社所在地 日本の旗 日本
100-0005
東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
設立 1926年9月16日
業種 化学
法人番号 5010001008680 ウィキデータを編集
事業内容 塩ビ・化成品、シリコーン、機能性化学品、半導体シリコン、電子・機能材料、加工・商事・技術サービス
代表者 代表取締役会長 金川千尋
代表取締役副会長 秋谷文男
代表取締役社長 斉藤恭彦
資本金 1194億1900万円
2020年3月31日現在)
発行済株式総数 416,662,793株(2020年3月31日現在)
売上高 連結:1兆5435億25百万円
単独:8453億56百万円
(2020年3月期)
営業利益 連結:4060億41百万円
単独:1476億39百万円
(2020年3月期)
経常利益 連結:4182億42百万円
単独:1674億12百万円
(2020年3月期)
純利益 連結:3140億27百万円
単独:1318億36百万円
(2020年3月期)
純資産 連結:2兆7231億41百万円
単独:8218億94百万円
(2020年3月期)
総資産 連結:3兆2304億85百万円
単独:1兆1562億55百万円
(2020年3月期)
従業員数 連結:24,069名
単体:3,238名
(2021年3月31日現在)
決算期 3月31日
会計監査人 EY新日本有限責任監査法人
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(11.33%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(8.48%)
日本生命保険(5.14%)
主要子会社 関連会社参照
関係する人物 野口遵
小坂順造
小坂善太郎
小坂徳三郎
小林周蔵
越寿三郎
金川千尋代表取締役会長
秋谷文男代表取締役副会長
斉藤恭彦代表取締役社長
森俊三取締役相談役
外部リンク https://www.shinetsu.co.jp/
テンプレートを表示

信越化学工業株式会社(しんえつかがくこうぎょう、: Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く日本大手化学メーカー。日本国内において最大の時価総額および営業利益を誇る化学メーカーである。日経平均株価およびTOPIX Core30JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ[2][3][4]。東証プライムの化学セクタ企業において唯一Core30に組み込まれている。

概要[編集]

信越地方でカーバイドおよび石灰窒素の製造会社として発祥し、以降ケイ素および塩素化学を軸とした事業展開で発展した。創業のルーツである信越を社名に冠するが、本社は東京都千代田区に所在する。

5つの事業セグメントを展開し、塩化ビニル樹脂シリコンウェハーなど、多くの世界トップシェア製品を有する。また営業利益率の非常に高いメーカーであり、他の国内大手化学メーカーは概ね利益率6〜8%であるのに対し、約25%前後の利益率を有する。

営業利益約4,000億円(2020年度)は国内化学メーカーとして首位、2位の旭化成の約1,770億円の倍以上にのぼる。

事業内容[編集]

以下の5つの事業セグメントを展開し、各分野の製品において世界的に高いシェアを有する。

  • 塩ビ・化成品事業:塩化ビニル樹脂(世界シェア首位)
  • 半導体シリコン事業:シリコンウェハー(世界シェア首位)
  • シリコーン事業:シリコーン樹脂(世界シェア4位、国内首位)
  • 電子・機能材料事業:合成石英(世界シェア首位)、フォトマスクブランクス(世界シェア首位)、フォトレジスト(世界シェア2位)
  • 機能性化学品事業:合成性フェロモン(世界シェア首位)、メチルセルロース(世界シェア2位)

塩ビ樹脂やシリコーン樹脂といった汎用化学品と、レアアース製品などの先端材料をバランス良く事業ポートフォリオとして備えることで、市況や需給環境の変化に強い経営基盤を生み出している。

日本経済新聞により毎年元日に発表される「経営者が選ぶ有望銘柄」において、国内企業で唯一2009年より14年連続で上位3社に名を連ねている。

歴史[編集]

1926年9月16日長野県の電力会社信濃電気(後の長野電気)と日本窒素肥料(現・チッソ[注釈 1])との合弁会社として長野県長野市に設立された。当初、新潟県中頸城郡直江津町(現・上越市)の工場で、日本窒素肥料水俣工場の技術を導入し、石灰窒素を生産していた。

沿革[編集]

  • 1926年 - 信越窒素肥料株式会社として発足。翌年、直江津工場が完成し、カーバイドおよび石灰窒素の製造を開始。
  • 1938年 - 磯部金属試験所(現・群馬事業所)を設置。
  • 1940年 - 信越化学工業株式会社に社名変更。
  • 1945年 - 大同化学工業を合併、武生工場とする。
  • 1949年 - 東京証券取引所に株式上場。
  • 1960年 - 信越ポリマー株式会社を設立。ポルトガルに塩化ビニル樹脂の製造・販売を行うシレス社を設立。
  • 1967年 - 信越半導体株式会社を設立。
  • 1973年 - シンテック社(米国)を設立。翌1974年から米国テキサス州で塩化ビニル樹脂の生産を開始。
  • 1974年 - 小田切新太郎が社長に就任。
  • 1979年 - 米国ワシントン州にシンエツハンドウタイ・アメリカ社を設立。
  • 1983年 - 小田切新太郎社長が会長、小坂雄太郎専務が社長に就任。
  • 1990年 - 金川千尋副社長が社長に就任。
  • 2010年6月29日 - 森俊三副社長が社長、金川千尋社長が会長に就任。
  • 2016年6月29日 - 森俊三社長が取締役相談役、秋谷文男副社長が副会長、斉藤恭彦副社長が社長に就任。

歴代社長[編集]

氏名 就任日 退任日 備考
信越窒素肥料
1 越寿三郎 1926年9月 1930年1月 [5]
2 野口遵 1930年1月 1930年7月 [5]
3 名取和作 1930年7月 1931年5月 [5]
4 小坂順造 1931年5月 1940年3月22日 社名改称[5]
信越化学工業
4 小坂順造 1940年3月23日 1956年7月 [5]
5 小坂徳三郎 1956年7月 1971年7月 [5]
6 小林周蔵 1971年7月 1974年7月 [5]
7 小田切新太郎 1974年7月 1983年8月 [5]
8 小坂雄太郎 1983年8月 1990年8月 [5]
9 金川千尋 1990年8月 2010年6月
10 森俊三 2010年6月 2016年6月
11 斉藤恭彦 2016年6月 現職

主な製造拠点[編集]

関連会社[編集]

2018年3月末時点の子会社及び関連会社総数は140社である。

※ 主な企業

  • シンテック社 - 世界最大の塩ビメーカー。ロビンテック社(米国)との合弁事業として設立。1976年より信越化学の100%子会社。
  • 信越半導体 - シリコンウエハーで世界最大のマーケットシェア。同社の半導体部門が分離独立。
  • 信越エンジニアリング
  • 信越ポリマー - 日本の化学系諸工業セクターの会社[注釈 2]
  • 信越石英 - ヘレウス石英ガラスとの対等出資。持分法適用関連会社。
  • 三益半導体工業 - 群馬県発祥の半導体メーカー商社。
  • 日信化学工業 - 新日本窒素肥料(現・チッソ)との合弁で塩ビ製造のため設立した。現在は塩ビ・酢ビ共重合樹脂や各種エマルジョン等を製造・販売している。
  • タツノ化学 - 三菱商事とともに支配株主となっているプラスチック製フィルム・シート等のメーカー。
  • 長野電子工業 - 工業用機械メーカー・不二越機械工業[注釈 3]との合弁で設立した長野県の半導体メーカー。
  • 直江津電子工業 - 上記子会社との合弁で設立した新潟県の半導体メーカー。
  • 信濃電気製錬 - 旧小坂系の炭化ケイ素製品メーカー。1965年に信越グループ入り。
  • 信越アステック - 信越協同建設(のち信建産業)を母体とした建設・不動産業を兼業する複合商社。
  • アドマテックス - トヨタ自動車および信越石英との合弁で設立。
  • 日本酢ビ・ポバール - 旧信越酢酸ビニルが、ユニチカ系樹脂化学メーカーであった旧・ユニチカケミカルとの合併により誕生した酢ビ系メーカー。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 事業会社としてはJNC
  2. ^ 同様の会社に旧三井傘下の東亞合成子会社のアロン化成などがある。
  3. ^ 長野市にある。富山県の「不二越」とは別会社。

出典[編集]

  1. ^ コーポレートガバナンス - 信越化学工業株式会社
  2. ^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。
  3. ^ 「TOPIXニューインデックスシリーズ」の定期選定結果及び構成銘柄一覧 (PDF) jpx.co.jp 2020年10月7日公表 2021年10月8日閲覧。
  4. ^ JPX日経400・JPX日経中小型 jpx.co.jp 2021年10月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 信越化学工業株式会社 1986, 245-282頁.

参考文献[編集]

  • 信越化学工業株式会社 『未来への軌跡 : 昭和とともに60年』信越化学工業社長室、1986年。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]