リコー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社リコー
RICOH Company, Ltd.
Ricoh logo.png
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7752
1949年5月16日上場
名証1部 7752
2018年4月15日上場廃止
福証 7752
2018年4月15日上場廃止
札証 7752
2018年4月15日上場廃止
OTCQB RICOY
本社所在地 日本の旗 日本
143-8555
東京都大田区中馬込1丁目3番6号
設立 1936年(昭和11年)2月6日
(理研感光紙株式会社)
業種 電気機器
法人番号 2010801012579
事業内容 OA光学機器半導体
代表者 代表取締役社長執行役員CEO
山下良則
資本金 1,353億64百万円
(2019年3月31日時点)[1]
発行済株式総数 7億4,491万2000株
(2019年3月末時点)[1]
売上高 連結:2兆132億28百万円
(2019年3月期)[1]
営業利益 連結:868億39百万円
(2019年3月期)[1]
純利益 連結:553億77百万円
(2019年3月期)[1]
純資産 連結:9,325億77百万円
(2019年3月末時点)[1]
総資産 連結:2兆7,251億32百万円
(2019年3月末時点)[1]
従業員数 連結:9万2,663人
(2019年3月末時点)[1]
決算期 3月末日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
主要株主 GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL 10.63%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 9.90%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 7.11%
日本生命保険 4.06%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口9) 3.97%
(2019年3月31日現在)[1]
主要子会社 リコージャパン 100%
リコーインダストリー 100%
リコーエレメックス 100%
関係する人物 市村清(創業者)
大河内正敏理化学研究所第3代所長)
浜田広(元社長)
桜井正光(元社長)
近藤史朗(元社長)
三浦善司(元社長)
外部リンク https://www.ricoh.co.jp/
特記事項:国際会計基準のため純利益は「親会社の所有者に帰属する当期利益」、純資産は「資本合計」
テンプレートを表示

株式会社リコー(英:Ricoh Company, Ltd. )は、事務機器光学機器などを製造するメーカー。主な製品は複写機ファクシミリレーザープリンターやそれらの複合機カメラデジタルカメラなど)である。

創業者は市村清。リコー三愛グループ「三愛会」創始者でもある[2]

概要[編集]

1936年2月6日に、理化学研究所で開発された複写機用感光紙「理研陽画感光紙」の製造販売の目的で理化学興業から独立し、「理研感光紙株式会社」として東京銀座に設立された[3][4]。従業員33人での出発で[3]、創業者の市村清は「人を愛し、国を愛し、勤めを愛す」の「三愛精神」を創業の精神として掲げた[3]。この「三愛」はグループ会社の社名の由来ともなっている。1938年3月「理研光学工業株式会社」に社名変更[5]。理研光学工業時代の王子工場は感光紙製造の主力工場で、カメラや双眼鏡も製造していた[3]。戦後の財閥解体による理研コンツェルンの解体を経て、事業の多角化に伴い1963年に現社名となった[4]

複写機用感光紙製造事業から出発し、戦前からカメラを製造していた老舗カメラメーカーでもあるが、1955年に「リコピー」1号機「リコピー101」を発売して事務機器分野へ進出[3]。以降、カメラなど光学機器分野と複写機など事務機器分野の2本柱を中心に事業を展開し、1977年4月には業界で初めて「オフィス・オートメーション (OA) 」を提唱した[5][6]

OA機器分野では「販売のリコー」とも呼ばれるほど広く厚い販売網を持っており、都心の大型ビル等では毎日リコーの営業マンが目を光らせているとも言われるほどである。[要出典]商店小企業にも強く、過去にはパソコン「マイツール」、ワープロ専用機「マイリポート」といった、このターゲットに特化したヒット商品も放った。かつては各都道府県に一つは販売子会社を持っていたが、2004年から2005年にかけて、それまで都道府県ごとに存在していた販社を地方ブロックごとに統合する作業を進めた。

2005年10月1日付より、新CIロゴを制定し、社名フォントも一新した。

2015年から国内において建物内の全面禁煙を開始した。社員に対しては出張や移動中など社外であっても就業時間内は禁煙が義務付けられた。また禁煙を支援するため独自の補助制度も新設した[7]

2017年MITが監修する『MIT Technology Review』誌において、2017年で注目すべき10個の革新的技術の1つとして「360度自撮り技術(The 360-Degree Selfie)」のなかで、Kodak等の製品とともに、リコーのRICOH THETA Sが紹介された[8]

本社は元グループ会社の三愛と共に長年東京・銀座にあったが、三愛を分割・売却した後、首都圏事業所再編の一環として2017年末限りで引き払った。2018年1月5日から、創業の地である大田区中馬込の馬込事業所を「本社事業所」と改称して移転した。なお、銀座のビル「三愛ドリームセンター」は2006年よりリコーが広告主となっており、このビルにはリコーが運営するフォトギャラリー「RING CUBE」が設置されている。

沿革[編集]

創業 - 終戦まで[編集]

  • 1929年
    その後、業績拡大により日本統治時代の朝鮮満州国の総代理店の権利も得る[9]
  • 1933年
    しかし貧農出身で学歴もない市村の抜擢に周囲が反発し、社内で四面楚歌となる[9]
  • 1936年
    • 2月6日 - 会社設立[3]。大河内正敏の厚意により、理化学興業感光紙部を理研感光紙株式会社として独立[9]。市村清が代表権を持つ専務取締役に就任[5][9]会長は大河内が務めたが、社長は空席での会社設立であった[9]。これに伴い吉村商会は解散、理研感光紙福岡支店となる[9]
    その後、理研感光紙の業績良好につき大河内からの信任が深まり、市村は理研関連会社の役員を兼務、60社を越える理研コンツェルンの中心的存在となる[9]
  • 1937年11月 - 大河内が会長を務める旭光学工業株式会社(現:リコー大森事業所)の専務取締役に市村が就任[9]
  • 1938年3月 - 理研光学工業株式会社に商号変更[5]
  • 1942年
    • 6月 - 旭光学工業が旭無線に社名変更[9]
    大河内の厚意により、理研光学工業、旭無線、飛行機特殊部品の3社が理研コンツェルンから切り離され完全に独立[9]

戦後 - 1960年代[編集]

1970年代 - 1990年代[編集]

  • 1970年3月15日 - 日本万国博覧会に「よりよき人類の眼」をテーマとしたリコー館を出展[5]
  • 1971年
  • 1972年3月 - 乾式普通紙複写機 (PPC)「リコーPPC900」発売[5]
  • 1973年4月 - 世界初の電話回線網に直接接続する高速デジタルファクシミリ1号機「リファクス600S」、製品発表会で東京 - ニューヨーク間の衛星回線経由ファクス送受信に成功[5][13]
  • 1975年2月 - 乾PPC「ニューリコピーDT1200」発売、普及機では初の2種類用紙ワンタッチ切替機構を搭載しベストセラーとなる[5]
  • 1977年3月 - 東京都港区青山にリコービルを竣工、本社事務所として業務開始。
  • 1980年 - 「リファクス600S」に搭載された通信技術をベースとした通信プロトコルが、CCITT(現:ITU-T)に採択され、T.30規格として正式勧告される[13]。これにより規格に準拠していればメーカーや機種を問わず通信可能となり、ファクシミリの普及に寄与した[13]
  • 1982年6月 - 拡大・縮小機能付きA3判PPC 「リコピーFT4060」発売、ヒット商品となる[5]
  • 1985年
    • 2月 - アナログカラー複写機1号機「リコーカラー5000」発売[14]
    • 3月 - 「普通紙複写機の多品種生産システムの開発」で大河内記念生産賞を受賞[14]
  • 1986年4月 - 創立50周年事業としてコーポレートロゴを変更し[14]横浜市港北ニュータウンにリコー中央研究所を設立[14]
  • 1987年1月 - 一般オフィス向けデジタル複写機「IMAGIO 320」発売、小型化と低価格によりヒット商品となる[14]
  • 1990年10月 - デジタルカラー複写機1号機「ARTAGE 8000」発売、当時の世界最速カラー出力を実現[14]
  • 1992年3月 - 世界初の透明ボディフィルムカメラ「リコーFF-9sD LIMITED」を2000台限定で発売[15]、発売日に完売となる[16]。デザインが好評だった1990年3月発売の「リコーFF-9sD」[17]のボディを透明プラスチックにしたもの[15][16]
  • 1994年9月 - 超薄型コンパクトフィルムカメラ「リコーR1」発売[18]パトローネ部分以外を厚さ25mmとすることで世界一薄いボディを実現した[19]。翌年5月にはカメラ記者クラブ特別賞を受賞したほか[14]、国内外で5つの賞を受賞[18][19]
  • 1995年5月 - コンパクトデジタルカメラ1号機「リコーDC-1」発売[14]記録媒体PCカードを採用[14]
  • 1996年
    • 8月 - デジタル複写機「imagio MF200」発売[14]。当時のA3コピー機で世界最小幅の小型化と低価格で中小企業にヒットし、リコー複写機の国内出荷台数でデジタルがアナログを上回るようになる[14]
    • 11月 - CD-RWディスクを生産開始[14]
  • 1997年4月 - 世界初のCD-R/RWドライブ「リコーMP6200シリーズ」発売[14]

2000年代以降[編集]

主な事業・製品[編集]

OA機器[編集]

過去にジアゾ式や電子写真式の複写機では国内で圧倒的なシェアを持っていたため、同社の商標リコピー」は、複写機の事実上の代名詞であった(商標の普通名称化)。

複写機のデジタル化では先陣を切り、カラーコピーが主流となった今、国内でのシェアはカラー、モノクロで総合首位である。スモールオフィス向けの小型複合機ファクスでも高いシェアを持つ。

1990年代以降は提携買収による事業戦略の強化を進めており、2001年には米OA機器販社レニエ子会社化し、海外事業の販売力を強化。2004年には日立製作所の大型プリンター部門を分社化した日立プリンティングソリューションズ株式会社を友好的買収により子会社化し、大型業務用プリンター事業に参入した。2007年には米IBMの大型業務用プリンター事業部門を買収して同事業の強化を推し進め、OA関連機器事業全体の収益増を見込んでいる。2008年8月27日には、米国の独立系大手事務機器販売会社アイコンオフィスソリューションズen:IKON_Office_Solutions)を買収すると発表した。

2010年代には複合機の生産拠点を中国の上海市深圳に置き、アメリカをはじめとした海外へ輸出を行ってきたが、2019年、米中貿易戦争が激化したことを契機にタイの拠点へ生産移管を始めた[41]

カメラ製品[編集]

カメラ老舗でもあり、戦前はライカに範を取り独自の機構を盛り込んだ「護国」「リコール」シリーズ等の高級カメラから[42]、各種蛇腹カメラや35mmフィルム使用のコンパクトカメラの先駆ともいえる「オリンピック」シリーズ、各種軽便カメラ等の中級機から大衆機までを手広く製造した[43]

戦後は構造を単純化し製造を容易にした「リコーフレックスIII」が安価(6,500円)でよく写ると大評判になり、一時は店頭に行列が出来たりプレミアすらついたりと爆発的な売れ行きを示し、国産二眼レフカメラの大ブームの火付け役となった[44]。リコーフレックスはその後次々と改良・シリーズ化され、高品質大衆カメラのリコーという印象を消費者に植え付けた[45]

一眼レフカメラの時代には、旭光学(現・ペンタックス)のカメラと互換性のあるプラクチカマウントやKマウントを採用したカメラを発売している[46][47]

1978年にはレンズ込み39,800円と画期的な低価格を実現した「リコーXR500」を発売、「リコーのサンキュッパ」のテレビCMを流して宣伝した。それまでプロカメラマンやマニアが持つものであった一眼レフカメラを普及させ、一眼レフ最多販売記録も作られた[48][49]。XRシリーズはその後も改良が続けられロングセラーとなり、1980年には世界最軽量のAE一眼レフ「リコーXR7」[50]、世界最軽量の一眼レフ用標準レンズ「XRリケノンF2」が発売[51]。翌1981年に発売された「リコーXR6」[52]とAFリケノン50mmF2レンズのセット「スクープアイ」は世界初のオートフォーカス一眼レフカメラとなった[53]。また同年発売された「リコーXR-S」は世界初の太陽電池搭載一眼レフカメラである[54][55]

高い性能と比べて廉価な価格はアマチュアカメラマンの支持を得ており、同時に先進的な技術への挑戦を重ねているメーカーでもある。

デジタルカメラ時代になってからは、コンパクトデジタルカメラのエントリー機として2001年[22]から2007年まで「キャプリオ」シリーズ、2005年からは高級コンパクトデジタルカメラというジャンルを開拓した「GRデジタル」シリーズを発売。

2011年10月、HOYAよりPENTAXイメージング・システム事業を買収し、ペンタックスリコーイメージング株式会社を完全子会社として発足させた。ペンタックスのブランドと、デジタル一眼レフ機のKマウント機や645マウント機、ミラーレス一眼カメラのQマウント機などの多マウント展開を活かし、コンシューマー向け製品やサービスの強化に取り組む方針を打ち出した[56]

2012年4月1日、「RICOH」および「PENTAX」の双方のブランドのコンシューマー向けカメラ事業が、ペンタックスリコーイメージング株式会社(現:リコーイメージング株式会社)に集約された[57]

その他の事業・サービス[編集]

半導体部品においては、かつてファミリーコンピュータ用のLSIを製造していたほか、フォントパッケージ「TrueTypeWorld【ValueFont D2】」も制作。リョービ明朝体ゴシック体TrueTypeフォント化したものが、日本語版Microsoft Windows搭載の「MS 明朝MS ゴシック」になっている。

2003年、カナダトロントに位置する「CNEコロシアム」のリニューアル時に命名権を獲得し「リコー・コロシアム」となった。当地は北米のプロアイスホッケーリーグ・NHLの下部組織にあたるAHLに所属するチーム・トロント・マーリーズの本拠地となっている。また2005年には、イギリスのプロサッカークラブであるコヴェントリー・シティFCのホームスタジアムの命名権を獲得し「リコー・アリーナ」と名付けられた。当地はスタジアムの他、商業施設やホテル、会議場、展示場なども擁する大規模複合施設である。

音楽配信を行う株式会社フェイス・ワンダワークスの「GIGA PARK」のルーツは旧ギガネットワークスである。ギガネットワークスはリコーの通信機器ノウハウを生かして通信カラオケ市場に参入。のちに通信カラオケの曲データを用いて着メロに参入後、市場激化のため通信カラオケ事業より撤退して着メロ事業に一本化した。その後三愛グループ配下を経て、2006年4月にフェイスが買収した。しばらくロゴは当時のまま使用していた。2009年4月に株式会社デスペラードと合併し、株式会社フェイス・ワンダワークスに社名変更した[58]。現在、リコーグループとは無関係である。

2011年より将棋女流棋戦である女流王座戦を主催しており、日本将棋連盟と共同で棋譜の自動記録システム「リコーAI自動記録システム(リコー棋録)」を開発している[59]。2020年5月16日の女流王座戦一次予選で初めて運用され[60]、翌2021年1月29日からは同じく女流棋戦である白玲戦でも運用が開始された[61]。慢性的な記録係不足解消や、コロナ禍における感染症対策の一環として期待されている[61]。2021年4月1日よりリコーAI自動記録システムの運用をHEROZ株式会社へと継承することになった[62]

国内主要拠点[編集]

2017年末までは中央区銀座に本社機能を置いていた
  • 本社事業所 - 〒143-8555 東京都大田区中馬込一丁目3番6号
  • 新横浜事業所 - 〒222-8530 神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目2番地3
  • 厚木事業所 - 〒243-0298 神奈川県厚木市下荻野1005
  • 沼津事業所 - 〒410-8505 静岡県沼津市本田町16-1
  • 中央研究所 - 〒224-0035 神奈川県横浜市都筑区新栄町16-1
  • システムセンター - 〒140-8655 東京都品川区東品川3-32-3
  • リコー環境事業開発センター - 〒412-0038 静岡県御殿場市駒門1-10
  • 国内販売拠点 - 8事業本部(2014年3月31日現在)(詳細はリコージャパンを参照)
  • 国内サービス拠点 - 377拠点(2013年4月現在)
  • 国内生産拠点 - 6拠点(2014年3月31日現在)
  • 国内研究拠点 - 6拠点(2014年3月31日現在)

グループ企業[編集]

主要関連会社[編集]

過去の関連会社[編集]

海外地域統括会社[編集]

  • 北米 - Ricoh Americas Corporation
70 Valley Stream Parkway Malvern, Pennsylvania 19355, U.S.A.
  • ヨーロッパ - Ricoh Europe PLC
20 Triton Street, London. NW1 3BF, UK
  • アジア・パシフィック・中国 - Ricoh Asia Pte. Ltd.
103 Penang Road #08-01/07 VISIONCREST Commercial Singapore 238467
  • 韓国 - Sindoh Co., Ltd.
24-3 Seongsuiro Seongdong-gu Seoul 133-121, South Korea

社員への出向命令を巡る紛争(労務裁判記録)[編集]

2011年夏に同社が一部従業員に対して発した出向命令を不当として、その効力を争う訴訟が提起された。裁判所による審理を経て、2013年11月に出向命令を無効とする判決が下され[63]、以後会社と従業員との間で再配置への協議が進められていたが、2014年10月、社員が加入する東京管理職ユニオンにより会社側と命令を撤回する和解が成立したことが公表された。リコーは「社員の能力を最大限に発揮できる職場配置を行い、さらなる事業成長に取り組んでまいります」とのコメントを公表した[64]

提供番組[編集]

現在[いつ?]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i [1]
  2. ^ リコー三愛グループ 三愛会”. 2020年10月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q リコーのあゆみ | リコーについて” (日本語). リコーグループ企業IRサイト. 2020年10月23日閲覧。
  4. ^ a b 紙から紙に複写するコピー機がたどった道(前編)” (日本語). 大塚商会. 2020年10月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 創業~事務機分野進出(1936-1969) | リコーのあゆみ | リコーについて” (日本語). リコーグループ企業IRサイト. 2020年10月23日閲覧。
  6. ^ a b 1955年発売の「リコピー101」が複写機遺産 第1号に認定” (日本語). リコーグループ 企業・IRサイト (2018年10月19日). 2020年10月23日閲覧。
  7. ^ リコー、国内で社内・就業時間内の全面禁煙化を開始 | Japan | Ricoh - ニュースリリース
  8. ^ The 360-Degree Selfie - MIT Technology Review
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 市村清の年譜 / 創業者・市村清”. リコー三愛グループ 三愛会. 2020年10月23日閲覧。
  10. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1946-1960 | リコー オート35”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  11. ^ カメラライブラリ / フィルムカメラ / 製品 | カメラ史に残る長寿命機 リコーオートハーフ (1962)”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k グローバルカンパニーへ(2000 - 2009) | リコーのあゆみ | リコーについて” (日本語). リコーグループ企業IRサイト. 2020年10月23日閲覧。
  13. ^ a b c d ニュースリリース | リファクス600S、国立科学博物館の未来技術遺産に登録” (日本語). リコーグループ企業IRサイト (2014年8月26日). 2020年10月23日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m デジタル化を推進(1985 - 1999) | リコーのあゆみ” (日本語). リコーグループ企業IRサイト. 2020年10月23日閲覧。
  15. ^ a b カメラライブラリ / フィルムカメラ / 製品 | 予期せずにできた透明カメラ FF-9sD リミテッド(1992)”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  16. ^ a b フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1981- リコー FF-9sD LIMITED”. www.ricoh-imaging.co.jp. 2020年10月23日閲覧。
  17. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1981- リコー FF-9s DATE”. www.ricoh-imaging.co.jp. 2020年10月23日閲覧。
  18. ^ a b フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1981- | リコー R1”. www.ricoh-imaging.co.jp. 2020年10月23日閲覧。
  19. ^ a b カメラライブラリ / フィルムカメラ / 製品 | 世界で一番薄いボディーの35mmカメラ リコー R1 (1994)”. www.ricoh-imaging.co.jp. 2020年10月23日閲覧。
  20. ^ カメラライブラリ / フィルムカメラ / 製品 | 交換レンズを不要にしたコンパクトカメラ リコー GR21 (2001)”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  21. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1981- リコー GR21”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  22. ^ a b Caplio RDC-i500 / デジタルカメラ | RICOHブランド デジタルカメラ生産終了製品”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  23. ^ 株式会社インプレス (2009年12月9日). “新製品レビュー:リコーGXR 独自のコンセプトを持つ「ユニット交換式カメラ」” (日本語). デジカメ Watch. 2020年10月23日閲覧。
  24. ^ a b c d e f g h i 新たなお客様価値の創造へ(2010 - ) | リコーのあゆみ | リコーについて” (日本語). リコーグループ企業IRサイト. 2020年10月23日閲覧。
  25. ^ a b セーブ・ザ・メモリープロジェクト 活動の記録 | 第一章 はじめに” (日本語). リコーグループ企業IRサイト. 2020年10月23日閲覧。
  26. ^ セーブ・ザ・メモリープロジェクト 活動の記録 | 第二章 セーブ・ザ・メモリープロジェクトの全体像” (日本語). リコーグループ企業IRサイト. 2020年10月23日閲覧。
  27. ^ ニュースリリース | ペンタックスリコーイメージング株式会社を発足” (日本語). リコーグループ企業IRサイト (2011年10月1日). 2020年10月23日閲覧。
  28. ^ ニュースリリース | リコーグループのコーポレートブランド訴求を強化~「imagine. change.」によるコミュニケーションをグローバルに展開~” (日本語). リコーグループ企業IRサイト (2012年4月2日). 2020年10月23日閲覧。
  29. ^ 1955年発売の「リコピー101」が機械遺産に認定” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 日経BP (2012年7月23日). 2020年10月23日閲覧。
  30. ^ 機械遺産 第54号 卓上複写機リコピー101”. 日本機械学会「機械遺産」. 一般社団法人 日本機械学会. 2020年10月23日閲覧。
  31. ^ 2012年度「機械遺産」パンフレット”. 一般社団法人 日本機械学会. 2020年10月23日閲覧。
  32. ^ a b RICOH THETA”. 株式会社リコー. 2020年10月23日閲覧。
  33. ^ a b ニュース一覧 | 世界初の画像インプットデバイス「RICOH THETA」新発売” (日本語). リコーイメージング株式会社 (2013年10月25日). 2020年10月23日閲覧。
  34. ^ 重要科学技術史資料(未来産業遺産)”. 産業技術史資料情報センター Center of the History of Japanese Industrial Technology. 2020年10月23日閲覧。
  35. ^ ニュースリリース | リファクス600Sが「でんきの礎(いしずえ)」に決定” (日本語). リコーグループ企業IRサイト (2016年2月4日). 2020年10月23日閲覧。
  36. ^ 第9回 でんきの礎” (日本語). 一般社団法人 電気学会 (2019年2月6日). 2020年10月23日閲覧。
  37. ^ 業務提携契約の締結、子会社の異動(株式の一部譲渡)、および 単独決算における特別利益計上と通期連結業績予想の修正に関するお知らせ | リコー” (日本語). jp.ricoh.com. 2021年3月22日閲覧。
  38. ^ 子会社の異動(株式の一部譲渡)の完了のお知らせ | リコー” (日本語). jp.ricoh.com. 2021年3月22日閲覧。
  39. ^ 複写機遺産特設ページ”. 一般社団法人 日本画像学会. 2020年10月23日閲覧。
  40. ^ 日本画像学会「複写機遺産」第5号 リコー 電子リコピー BS-1”. 一般社団法人 日本画像学会. 2020年10月23日閲覧。
  41. ^ リコー、米国向け複合機生産を中国からタイへ移管 追加関税対象でリスク回避” (2019年5月15日). 2019年5月16日閲覧。
  42. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 戦前編(~1945) | ゴコク(護国)/リコール ベスト半裁判カメラ”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  43. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 戦前編(~1945)”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  44. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1946-1960 | リコーフレックス III 二眼レフ”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  45. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1946-1960”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  46. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  47. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1981-”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  48. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980 | リコー XR 500”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  49. ^ カメラライブラリ / フィルムカメラ / 製品 | 一眼レフカメラに価格破壊 リコーXR500 (1978)”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  50. ^ カメラライブラリ / フィルムカメラ / 製品 | 世界最軽量の一眼レフ XR 7 (1980)”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  51. ^ カメラライブラリ / フィルムカメラ / 製品 | 世界最軽量の一眼レフ用標準レンズ XRリケノンF2 50mm (1980)”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  52. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1981- | リコー XR 6”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  53. ^ 週刊BEACON エレクトロニクス立国の源流を探る 第13回 No.82 日本のエレクトロニクスを支えた技術「ビデオカメラ&デジカメ」” (日本語). アイコム株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  54. ^ フィルムカメラ / 製品 | リコーカメラ全機種リスト > 1981- | リコー XR-S”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  55. ^ カメラライブラリ / フィルムカメラ / 製品 | 電池の減らないカメラ XR-S (1980)”. リコーイメージング株式会社. 2020年10月23日閲覧。
  56. ^ http://www.ricoh.co.jp/about/pri/index.html
  57. ^ インフォメーション / デジタルカメラ | リコー, 2012年3月26日
  58. ^ ニュース│ギガネットワークス株式会社と株式会社デスペラードの合併に関するお知らせ”. 株式会社フェイス・ワンダワークス (2009年2月6日). 2020年10月23日閲覧。
  59. ^ 【リコー公式サイト】AIによる将棋棋譜記録 | リコーグループ 企業・IR | リコー” (日本語). リコーグループ 企業・IRサイト. 2021年2月1日閲覧。
  60. ^ 「リコー将棋AI棋譜記録システム」が第10期リコー杯女流王座戦一次予選で本稼働 ~棋譜の記録を無人化し、新型コロナの感染リスク低減にも貢献~ 日本将棋連盟、2020年5月18日(同日閲覧)。
  61. ^ a b 「リコー将棋AI棋譜記録システム」をヒューリック杯 白玲戦・女流順位戦に導入|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2021年2月1日閲覧。
  62. ^ 自動棋譜記録システムの運用について|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2021年4月2日閲覧。
  63. ^ “リコーの出向命令は無効 「人事権の乱用」と東京地裁判決”. 産経新聞. (2013年11月12日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131112/trl13111221360006-n1.htm 
  64. ^ “リコー退職勧奨:出向命令撤回で和解 80人再配置協議”. 毎日新聞. (2014年10月17日). http://mainichi.jp/select/news/20141018k0000m040074000c.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]