理研グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

理研グループ(りけんグループ)は、戦前の理研コンツェルンの流れを汲む企業グループ。

概要[編集]

理研コンツェルン(別称は「理研産業団」)は渋沢栄一が設立した財団法人(のちに特殊法人化→独立行政法人国立研究開発法人移行で現在に至る)理化学研究所の研究成果を企業化して生まれた関連会社群からなる新興財閥だったが、GHQから十五大財閥指定を受け、財閥解体により持株会社だった理化学興業(1941年に理研工業へ改組改称)は11社へ解体(新理研工業、理研鋼材、理研精機、理化学興業、理研製鋼、大阪理研工業、新潟工業、理研前橋ピストンリング工業、大研工業、理研柏崎ピストンリング工業、理研熊谷鋳鉄)。

また、政府との関与が濃厚であったため、戦後、融資系列が旧日本勧業銀行・旧日本興業銀行(いずれも現在のみずほ銀行)など、かつての特殊銀行の流れを汲む銀行となっている企業が多い。

1987年(昭和62年)9月、理化学研究所とゆかりのある企業により、理化学研究所と産業界との交流をもって科学技術の社会還元を図ることを目的とした「理化学研究所と親しむ会」を設立(初代会長:太田幹二科研製薬株式会社取締役会長)。理化学研究所の役員、研究者等と企業の経営者等の交流を深める場として発展。さらに2017年に会の名称を「理研と未来を創る会」へ改定した[1]

主要会社[編集]

理研と未来を創る会 正会員[2]

過去の理研コンツェルン[編集]

機械・金属
化学・食品

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 沿革理研と未来を創る会
  2. ^ 会員一覧理研と未来を創る会

外部リンク[編集]