日本軽金属ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本軽金属ホールディングス株式会社
Nippon Light Metal Holdings Company, Ltd.
本社(天王洲郵船ビル)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5703
2012年10月1日上場
大証1部(廃止) 5703
2012年10月1日上場
略称 日軽金HD、NLMHD
本社所在地 日本の旗 日本
100-6312
東京都品川区東品川二丁目2番20号
設立 2012年10月1日
業種 非鉄金属
法人番号 9010701027118
事業内容 グループ会社の経営管理
代表者 岡本一郎(代表取締役社長)
資本金 390億85百万円
(2015年3月31日現在)
発行済株式総数 5億4,512万6,049株
(2015年3月31日現在)
売上高 連結4,314億77百万円
(2015年3月期)
純資産 連結1,373億85百万円
(2015年3月31日現在)
総資産 連結4,572億77百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 連結13,335人
(2015年3月31日現在)
決算期 3月末日
会計監査人 新日本有限責任監査法人
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 6.54%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 6.47%
第一生命保険株式会社 3.67%
(2015年3月31日現在)
主要子会社 日本軽金属株式会社 100%
日軽金加工開発ホールディングス株式会社 100%
東洋アルミニウム株式会社 100%
日本フルハーフ株式会社 66.0%
関係する人物 石山喬(初代社長)
外部リンク www.nikkeikinholdings.co.jp
特記事項:古河三水会の理事会社である。
テンプレートを表示

日本軽金属ホールディングス株式会社(にっぽんけいきんぞくホールディングス、: Nippon Light Metal Holdings Company, Ltd.)は、アルミニウムの一貫生産メーカー日本軽金属などを傘下に持つ持株会社である。

概要[編集]

2012年に日本軽金属が単独株式移転により設立した持株会社。同時にグループ再編を行い、直接の子会社は日本軽金属、押出関連事業を統括する中間持株会社の日軽金加工開発ホールディングス、箔・粉末製品事業を営む東洋アルミニウム、トレーラ(被けん引車)・自動車車体等の製造業を営む日本フルハーフの4社となっている。

沿革[編集]

  • 2012年(平成24年)10月1日 – 日本軽金属株式会社が単独株式移転を行い持株会社日本軽金属ホールディングス株式会社設立[1]。日本軽金属に代わり東京証券取引所、大阪証券取引所の各一部に上場[2]。同時に日軽金加工開発ホールディングス株式会社と、東洋アルミニウム株式会社の保有株式を日本軽金属株式会社から譲受、日本フルハーフ株式会社の保有株式を同社から現物配当され、4社は当社の直接の子会社となった[3]

主なグループ企業[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]