日本農薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本農薬株式会社
Nihon Nohyaku Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4997
1963年7月5日上場
略称 日農、日農薬、ニチノー、Nichino、農薬
本社所在地 日本の旗 日本
104-8386
東京都中央区京橋1-19-8(京橋OMビル)
設立 1928年昭和3年)11月17日
業種 化学
法人番号 2010001034985
事業内容 農薬医薬品の製造・販売
代表者 友井 洋介(代表取締役社長
資本金 109億39百万円
発行済株式総数 7,002万6,782株
売上高 連結:600億33百万円
単独:378億29百万円
(2017年9月期)
営業利益 連結:34億96百万円
単独:22億25百万円
(2017年9月期)
純利益 連結:17億17百万円
単独:15億8百万円
(2017年9月期)
純資産 連結:488億67百万円
単独:540億32百万円
(2017年9月30日現在)
総資産 連結:887億13百万円
単独:767億61百万円
(2017年9月30日現在)
従業員数 連結:1,461名 単独:419名
(2017年9月30日現在)
決算期 9月30日
主要株主 (株)ADEKA 23.10%
(株)みずほ銀行 4.00%
(2017年9月30日現在)
主要子会社 (株)ニチノー緑化 100%
(株)ニチノーレック 100%
(株)ニチノーサービス 100%
日本エコテック(株) 100%
関係する人物 代表取締役会長 神山洋一
外部リンク http://www.nichino.co.jp/
特記事項:古河三水会の会員会社である。
テンプレートを表示

日本農薬株式会社(にほんのうやく、: Nihon Nohyaku Co., Ltd.)は、東京都中央区に本社を置く、古河グループ農薬医薬品などを製造する企業である。自社で抗真菌成分のラノコナゾールを創製しており、医療用医薬品は「アスタット」の商品名でマルホが、一般用医薬品は「ピロエースZ」・「ウィンダム」の商品名で第一三共ヘルスケアがそれぞれ製造販売している(かつては製造も手掛けていたが、現在はそれぞれの販売会社で製造・販売を手掛けている)。

主力製品・事業[編集]

  • 農薬
  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 動物用医薬品
  • 水産動植物用薬剤
  • 工業用薬品
  • 有機中間体
  • 木材用薬品
  • 水処理薬剤および装置
  • 農業資材

主要事業所[編集]

沿革[編集]

自社原体[編集]

【農薬】[編集]

殺菌剤

  • イソプロチオラン(フジワン®) - 稲用殺菌剤ではあるが、活着促進・登熟歩合向上などの植調剤的な効果もあり、またリンゴの野ネズミに対する忌避効果もある。
  • 塩基性硫酸銅(Zボルドー) - 旧トモノアグリカからの導入品
  • フルオルイミド(ストライド®) - 旧名スパットサイド
  • フルトラニル(モンカット®
  • フェノキサニル(アチーブ®
  • チアジニル(ブイゲット®、アプライ®

殺虫剤・殺ダニ剤

  • ブプロフェジン(アプロード®) - 家庭園芸用エアゾル剤「ベニカ®DX」も同社が製造(販売は住友化学園芸
  • イソプロカルブ(ミプシン®
  • フェノブカルブ(バッサ®
  • フェンピロキシメート(ダニトロン®
  • テブフェンピラド(ピラニカ®
  • トルフェンピラド(ハチハチ®
  • フルベンジアミド(フェニックス®、スティンガー®
  • メタフルミゾン(アクセル®、クロスガード®、コロニーバスター®
  • ピリフルキナゾン(コルト®

除草剤

  • クロルフタリム(ダイヤメート®) - 旧ローヌ・プーラン油化アグロ(現・バイエルクロップサイエンス)からの導入品。元々、同原体は旧三菱油化(現・三菱化学)が創生したものである。このため、ローヌ・プーラン油化アグロから製剤が発売されていた時期には、その商品名の頭に「三菱油化」と入っていた。(ローヌ・プーラン油化アグロの“油化”は、三菱油化のことである。)
  • ピラフルフェンエチル(エコパート®、デシカン®、サンダーボルト®) - プロトックス阻害剤。単味剤は接触剤であり(浸透移行性ほぼ無し)、植物の緑色部にのみ作用し、噴霧のかかった部分のみ枯れる。それぞれ、ムギ用除草剤、バレイショ用枯調剤、園芸・緑地管理用非選択性除草剤である。うち、サンダーボルト®は、ゼネカ(現・シンジェンタ)社との共同開発品で、グリホサートとの混合剤であり、グリホサート単味剤よりも夏場の効果発現が早く、かつ各単味剤より有効成分含量が少ない為、作物に対する(偶発的な飛散による)薬害や、環境への悪影響が少ない。何れの剤も土壌に落ちると不活化、分解され、また噴霧が水田や河川、池などに流入しても速やかに薄まるので魚毒性が少ない。種子には作用しない為、本剤では種子からの発芽は抑制できない。
  • インダノファン(ダイナマン®、マサカリ®、トレビエース®、ライジンパワー®
  • イソウロン(イソキシール®) - 塩野義製薬からの導入品

【医薬・動物薬】[編集]

  • マロチラート(カンテック®
  • イソプロチオラン(フジックス®
  • ラノコナゾール(アスタット®、ウィンダム®、ピロエース®
  • ルリコナゾール(ルリコン®
  • ピリプロール(プラクティック®
  • メタフルミゾン(プロメリス®

主要関係会社[編集]

国内グループ企業[編集]

海外グループ企業[編集]

外部リンク[編集]