神栖市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かみすし ウィキデータを編集
神栖市
Kashima Coastal Industrial Region 01.jpg
砂山都市緑地より望む鹿島臨海工業地帯
神栖市旗 神栖市章
神栖市旗
1977年12月26日制定
神栖市章
1970年3月24日制定
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
市町村コード 08232-5
法人番号 8000020082325 ウィキデータを編集
面積 146.98km2
総人口 94,695[編集]
推計人口、2022年11月1日)
人口密度 644人/km2
隣接自治体 茨城県鹿嶋市潮来市
千葉県銚子市香取市香取郡東庄町
市の木 マキ
(2009年1月1日制定)
市の花 センリョウ
(2009年1月1日制定)
市の鳥 ウグイス
(2009年1月1日制定)
神栖市役所
市長 石田進
所在地 314-0192
茨城県神栖市溝口4991-5
北緯35度53分24秒 東経140度39分52秒 / 北緯35.88994度 東経140.66453度 / 35.88994; 140.66453座標: 北緯35度53分24秒 東経140度39分52秒 / 北緯35.88994度 東経140.66453度 / 35.88994; 140.66453
Kamisu City hall.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

神栖市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

神栖市(かみすし)は、茨城県最東南端の鹿行地域に位置するである。

概要[編集]

隣接する鹿嶋市とともに鹿島臨海工業地帯を形成する。鹿嶋市・潮来市鉾田市行方市とともにJリーグ鹿島アントラーズホームタウンである。

以前は農業漁業が中心の「陸の孤島」と呼ばれた非常に貧しい地域であったが、1960年に始まった鹿島開発によって、掘込式人工港「鹿島港」を核に、鉄鋼・石油を中心とした重化学コンビナートが形成された。現在も工場立地企業からの税収が財政を支えている。このため、鹿嶋市との広域市町村合併構想については、自主財源の確保を理由の一つとして、反対であった。

波崎区域はアウトドアスポーツを観光の中心に据えており特にサッカー合宿が盛んである。

2003年には、有機ヒ素化合物で汚染された井戸水により、住民がヒ素中毒を起こした事件が各メディアで報道され全国的に知られるようになった。環境省は、2007年にこの原因が当初言われていた旧日本軍化学兵器説ではなく、近年に不法投棄された産業廃棄物に含まれた有機ヒ素化合物による可能性が高いと結論づけた。なお、住民は2006年7月24日公害等調整委員会に対して国・県の責任を認める裁定を下すよう申請を行った。同委員会は2012年5月11日に国に対する責任については棄却したが、県に対しては地下水汚染が判明してから健康被害が生じるまで住民周知等の措置を取らなかったことの責任を認める裁定を下した[1]

地理[編集]

東は太平洋(鹿島灘)に面し、南は利根川常陸利根川)が流れる。かつては広大な面積の池「神之池(ごうのいけ)」があったが、現在は鹿島開発のため一部を残して大部分が埋め立てられている。

隣接する自治体[編集]

利根川河口と神栖市波崎地区(上側)と対岸の銚子市街地(下側)
霞ヶ浦(外浪逆浦)
神之池(ごうのいけ)

歴史[編集]

年表[編集]

市制施行以前[編集]

市制施行以後[編集]

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
神栖市市域の変遷(年表)
月日 現神栖市市域に関連する行政区域変遷
1889年(明治22年) 4月1日 町村制施行に伴い、以下の町村がそれぞれ発足。[4][5][6]
  • 鹿島郡
    • 中島村(なかじま-) ← 息栖村・居切村・深芝村・平泉村・下幡木村
    • 軽野村 ← 木崎村・高浜村・石神村・田畑村・溝口村・柴崎村・萩原村・知手村・奥野谷村・日川村
    • 東下村(とうしも-) ← 東下村単独で村制施行
    • 矢田部村 ← 矢田部村単独で村制施行
    • 若松村 ← 柳川新田・須田新田・太田新田
1925年(大正14年) 1月1日 中島村が改称し息栖村になる。
1928年(昭和3年) 1月1日 東下村が町制施行改称し波崎町になる。
1955年(昭和30年) 2月15日 波崎町は矢田部村を編入。
3月1日 息栖村・軽野村が合併し、神栖村が発足。
1956年(昭和31年) 2月15日 波崎町は若松村の大半(太田新田の一部を除く)を編入。
1970年(昭和45年) 1月1日 神栖村は町制施行し神栖町となる。
1980年(昭和55年) 神栖町と波崎町の境界が一部変更。
  • 神栖町の一部(日川の一部)を波崎町に編入。
  • 波崎町の一部(柳川の一部)を神栖町に編入。
2005年(平成17年) 8月1日 神栖町は波崎町を編入。同日、神栖町は市制施行し神栖市となる。
  • 変遷表
神栖市市域の変遷表(※細かな境界の変遷は省略)
1868年
以前
明治22年
4月1日
明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
息栖村 中島村 大正14年1月1日
息栖村に改称
昭和30年3月1日
神栖村
昭和45年1月1日
町制
平成17年8月1日
市制
神栖市
居切村
深芝村
平泉村
下幡木村
木崎村 軽野村 軽野村
高浜村
田畑村
溝口村
芝崎村
萩原村
神田村
知手村
奥野谷村
日川村
  太田新田 若松村 若松村 昭和31年2月15日
神栖村に編入
  昭和31年2月15日
波崎町に編入
波崎町 平成17年8月1日
神栖町に編入
柳川新田
須田新田
東下村 東下村 昭和3年1月1日
波崎町に町制改称
波崎町
矢田部村 矢田部村 矢田部村 昭和30年2月15日
波崎町に編入

人口[編集]

Population distribution of Kamisu, Ibaraki, Japan.svg
神栖市と全国の年齢別人口分布(2005年) 神栖市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 神栖市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

神栖市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

2021年4月末日現在、95,407人[7]

行政[編集]

市長[編集]

2005年11月6日
当落 得票数 候補者 党派 市長歴
26,360 保立一男 無所属
20,108 岡野敬四郎 無所属
2009年11月8日
当落 得票数 候補者 党派 市長歴
28,290 保立一男 無所属
17,810 村田康博 無所属
2,246 野口あつし 無所属

国の行政機関[編集]

※ナンバープレート:水戸

※過去には法務省東京入国管理局鹿島港出張所が存在したが水戸出張所に統合された。

県の行政機関[編集]

  • 茨城県農林水産部農業総合センター鹿島地帯特産指導所
  • 茨城県土木部鹿島港湾事務所
  • 茨城県土木部鹿島下水道事務所

警察[編集]

交番 自治体 所在地
神之池地区 神栖市 木崎
知手浜 知手中央
土合地区 土合本町
波崎 波崎
水上警備 東深芝

消防[編集]

神栖消防署・鹿島港消防署・ 波崎消防署・土合分署

議会[編集]

市議会[編集]

県議会[編集]

  • 選挙区:神栖市選挙区
  • 定数:2人
  • 西篠昌良(自由民主党)
  • 村田康成(自由民主党)

衆議院[編集]

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
額賀福志郎 77 自由民主党 110,831票
藤田幸久 71 立憲民主党 61,103票

産業[編集]

鹿島港南航路と神之池東部地区の工場群(港公園展望塔より)
鹿島港南航路と神之池東部地区の工場群(港公園展望塔より)
神之池西部地区の工場群(港公園展望塔より)
神之池西部地区の工場群(港公園展望塔より)

農業[編集]

工業[編集]

神栖市に工場を立地している企業[編集]

漁業[編集]

  • 波崎漁港 - イワシ陸揚げ量 日本第2位
  • 太田漁港

商業[編集]

神栖市内の商業地域は国道124号沿いを中心に広がっている。鹿島セントラルホテルアトンパレスホテルといった宿泊施設のほかショッピングセンターなどのロードサイド店舗が立地している。

市内に本社を置く企業[編集]

地域[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

  • 息栖小学校
  • 軽野小学校
  • 軽野東小学校
  • 大野原小学校
  • 横瀬小学校
  • 大野原西小学校
  • 深芝小学校
  • 波崎小学校
  • 波崎西小学校
  • 植松小学校
  • やたべ土合小学校
  • 太田小学校
  • 須田小学校
  • 柳川小学校

中学校[編集]

  • 神栖第一中学校
  • 神栖第二中学校
  • 神栖第三中学校
  • 神栖第四中学校
  • 波崎第一中学校
  • 波崎第二中学校
  • 波崎第三中学校
  • 波崎第四中学校

高等学校[編集]

公立高校
中等教育学校

本市には存在しないが、隣接する鹿嶋市にある私立清真学園高等学校・中学校に通学する生徒も少なくない。

姉妹都市・提携都市[編集]

海外[編集]

交通[編集]

鹿島臨港線・神栖駅(貨物駅)
鹿島臨港線・神栖駅(貨物駅)
かしま号(JRバス関東)
かしま号(JRバス関東)
はさき号(関東鉄道)
はさき号(関東鉄道)
銚子大橋(国道124号)
銚子大橋(国道124号)
鹿島港 中央航路
鹿島港 中央航路
波崎港
波崎港

鉄道[編集]

鹿島臨海鉄道
鹿島臨港線貨物線
神栖駅 - 奥野谷浜駅

バス[編集]

神栖市内のバス路線には、都心方面を結ぶ高速バスと、路線バスは、隣の鹿嶋市(鹿島神宮駅)と銚子市(銚子駅)を結ぶ路線と波崎海水浴場へ向かう便がある。 また、2018年より、市内中心で運行している「神栖市コミュニティバス」が運行されている。

高速バス[編集]

はさき号・かしま号を始め、東関東自動車道を経由する複数の路線が運行され、東京駅羽田空港幕張メッセ東京ディズニーリゾートお台場地区などと結ばれている。
停留所のある鹿島セントラルホテルが市内の交通拠点の役割を持っている。全路線とも、鹿島神宮駅・波崎総合庁舎~水郷潮来バスターミナル間の途中乗降は出来ない。

路線バス[編集]

全路線とも、関東鉄道潮来営業所波崎車庫が運行している。

利根川線 (日川バス停から、銚子大橋まで利根川沿線のルートを走行。)
鹿島神宮駅 - (この区間は鹿嶋市) - 鹿島セントラルホテル - 神栖市役所 - 池ノ端 - 日川 - 太田 - 寺前 - 矢田部公民館 - 関鉄波崎車庫 - 波崎総合支所 - 銚子駅
海岸線 (知手入口バス停から、銚子大橋の手前まで海岸沿いのルートを走行。)
鹿島神宮駅 - (この区間は鹿嶋市) - 鹿島セントラルホテル - 神栖市役所 - 池ノ端 - 神栖済生会病院 - 知手入口 - 柳川上 - ゆーぽーとはさき - 植松 - 土合ヶ原東電社宅前 - 労災病院 - 舎利 - 銚子駅
波崎海水浴場線 (一部便は、波崎車庫発着。)
波崎海水浴場 - 新港 - 波崎中央 - 銚子駅

神栖市コミュニティバス[編集]

2018年11月1日に実証実験を兼ねての運行開始。当初は、1系統・2系統のみの運行で、2020年10月より、3系統・4系統が追加された。
2021年3月末までの実証実験を経て、2021年4月より、本格運行を開始した。全路線とも、関東鉄道に運行を委託。

  • 1系統 (平泉関下 - 鹿島セントラルホテル - 息栖稲荷 - 小見川駅
  • 2系統 (息栖神社 - 白十字総合病院 - 平泉関下 - 鹿島セントラルホテル - 神栖市役所 - 奥ノ谷公民館 - 神栖済生会病院 - 知手団地入口 - ふれあいセンター湯楽々)
  • 3系統 (鹿島神宮駅 - チェリオ・イオン前 - 平泉関下 - 鹿島セントラルホテル - 息栖稲荷 - 小見川駅)
  • 4系統 (神栖済生会病院 - うずもコミュニティセンター - 知手南部団地 - 奥ノ谷南 - 利根川水門前 - 下総橘駅

なお、神栖市での「コミュニティバス」は、以前に、波崎車庫が運行していた「タウンストリーム」以来となり、約10年半ぶりに復活した。

道路[編集]

港湾[編集]

施設[編集]

かみす防災アリーナ
かみす防災アリーナ
神栖市立中央図書館
神栖市立中央図書館
神之池緑地公園
神之池緑地公園

ホール・コミュニティセンター[編集]

  • 神栖市文化センター
  • かみす防災アリーナ
  • 大野原コミュニティセンター
  • うずもコミュニティセンター
  • 平泉コミュニティセンター
  • 波崎東ふれあいセンター(市立波崎東小学校跡地に新設)

図書館[編集]

  • 神栖市立中央図書館
  • 神栖市うずも図書館

博物館・資料館[編集]

  • 歴史民俗資料館(大野原)
  • 池沢早人師サーキットの狼MUSEUM(息栖) - 「サーキットの狼」の作者である池沢早人師(池沢さとし)が、『サーキットの狼』に登場したスーパーカーを中心とした実車を展示している資料館。

公園[編集]

スポーツ施設[編集]

医療[編集]

  • 神栖市内には、いくつかの診療所・クリニックが所在するが、神栖済生会病院・白十字総合病院は、神栖市内の主な医療機関となる。

観光・文化[編集]

息栖神社
息栖神社
日川浜海水浴場
日川浜海水浴場
波崎海水浴場
波崎海水浴場

寺社[編集]

観光地[編集]

祭事[編集]

  • 波崎のはね太鼓[10]
  • かみす舞っちゃげ祭り - 毎年9月に土日2日間で開催。神栖中央公園を舞台に全国から踊り子が集まる、よさこいとダンスの祭典。かみす舞っちゃげ祭り実行委員会主催[11]

出身有名人[編集]

芸能[編集]

漫画家[編集]

スポーツ選手[編集]

その他[編集]


神栖PR大使[編集]

2020年度より、神栖市の魅力を全国にアピールすると共に市の知名度とイメージアップを図るため、地元出身者や神栖にゆかりのある著名人をPR大使として起用。2020年の初年度には5名、2年目の2021年度には1名を加え、計6名が務めている。[12]

2020年(初年度)
  • オスペンギン - 吉本興業所属のお笑いコンビで「茨城県住みます芸人」として活躍。メンバーの山中崇敬は、神栖市出身。
  • 信太美月 - 東京・表参道にあるカフェLATTESTの店長・バリスタ・モデルとしても活躍。神栖市出身。
  • 安松青葉 - オリンピック強化指定のトライアスロン選手、神栖市出身。
  • 柳家三之助 - 噺家。出身は「千葉県銚子市」だが、中学時代に「神栖市立波崎第四中学校」に在籍。
2021年(2年目)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 神栖市におけるヒ素による健康被害等責任裁定申請事件の裁定要旨(総務省)
  2. ^ 字区域の変更(昭和60年8月1日 茨城県告示1130号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第99号: pp.1-4, (1985年8月1日) 
  3. ^ 町の区域の設定(平成5年9月30日 茨城県告示第1126号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第486号: p.2-4, (1993年9月30日) 
  4. ^ 神栖町史編さん委員会編著『神栖町史 下巻』、神栖町、1989年より
  5. ^ 波崎町史刊行専門委員編 『波崎町史』、波崎町、1991年より
  6. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より
  7. ^ 神栖市の人口・世帯数|茨城県神栖市” (日本語). 茨城県神栖市. 2021年5月30日閲覧。
  8. ^ 神栖の名産品 ピーマン/茨城県神栖市
  9. ^ 神栖市観光協会 公式ホームページ
  10. ^ はね太鼓『郷土の伝統芸能』芳賀日出男、保育社, 1991
  11. ^ かみす舞っちゃげ(ぶっちゃげ)祭り”. 神栖市. 2019年9月21日閲覧。
  12. ^ 神栖市PR大使の紹介”. 2022年2月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]