日本軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Merchant flag of Japan (1870).svg日本の国軍
War flag of the Imperial Japanese Army.svg
日本陸軍
Naval Ensign of Japan.svg
日本海軍
創設 1871年(明治4年)
解散 1945年(昭和20年)
本部 東京都牛込区(陸軍省)
東京都麹町区(海軍省)
指揮官
大元帥 明治天皇
大正天皇
昭和天皇
陸軍大臣
海軍大臣
下村定(最後)
米内光政(最後)
参謀総長
軍令部総長
梅津美治郎(最後)
豊田副武(最後)
総人員
徴兵制度
関連項目
歴史
階級 陸海軍の階級
テンプレートを表示
大日本帝国陸軍軍旗
大日本帝国海軍軍艦旗

日本軍(にほんぐん、にっぽんぐん)は、広義には日本が有する軍隊のことであるが、狭義には第二次世界大戦以前日本が保持していた軍隊(日本陸軍日本海軍の両軍)を指す。

日本陸軍および海軍は、第二次大戦の敗戦により解体されたため、戦後は旧日本軍などと略称する。また、戦前からの呼称としては帝国陸海軍陸海軍皇軍(こうぐん、すめらみいくさ)、国軍帝国軍大日本軍官軍などがある。「自衛隊」については、日本国内では日本軍と呼称されることはほとんどない。日本語以外の言語地域では正式には「Self Defense Force」など「自衛隊」に相当する語で表現するが、「日本軍」に相当する語で表す場合もある。本項では「旧日本軍」について詳述する。

組織[編集]

天皇統帥の下に陸軍海軍があり、それぞれ陸軍大臣海軍大臣軍政について天皇を輔弼し、陸軍参謀総長と海軍軍令部総長軍令を統括した。陸軍の師団司令官、海軍の連合艦隊艦隊鎮守府の司令長官は天皇に直隷して部隊を指揮統率した。空軍は編成せず、陸海軍にそれぞれ航空隊があった[1]

概ね昭和10年代初めの平時編制として、陸軍は内地東部中部西部に区分されてそれぞれの地域に防衛司令部が設置され、また、内地に14個師団と北海道に1個師団が配備されていた。朝鮮には朝鮮軍司令部と2個師団が、台湾には台湾軍司令部と台湾守備隊が、関東州満州には関東軍司令部と関東軍守備隊が置かれ、内地・朝鮮には第一航空軍が設置されていた。

海軍は、平時編制ではまず艦船を現役艦と予備艦に分け、現役艦を以って第一艦隊第二艦隊から構成される連合艦隊、または警備艦として鎮守府に所属した。

明治時代最初期には徴兵告諭の「海陸二軍ヲ備ヘ」などで海軍を先に表記することもあったが、早々に陸海軍を併記する場合は陸軍を先に表記することに改められた。

天皇最高指揮官たる大元帥

管区[編集]

大日本帝国はその領土領海管区で区分し、軍事上の地方行政区として管区別に部隊が配備された。内地は東部、中部、西部の3つの区域に別けられ、それぞれに防衛司令部が設置された。また、北海道を含む全国を14に区分した師管区にそれぞれに師団司令部が置かれ、師管区の下を全国を51の連隊区に区分してそれぞれ連隊区司令部が置かれた。

海域も領海を海軍区によって区分して、そこに軍港要港を置いた。軍港が横須賀とされた第一海軍区、とされた第二海軍区、佐世保とされた第三海軍区、舞鶴とされた第四海軍区に分けて、これをさらに陸上区画と海上区画に分けた。各海軍区は軍港の鎮守府が管轄して要港は警備府が置かれた。

歴史[編集]

創設[編集]

日本では江戸時代後期に蘭学の興隆によりヨーロッパの軍制が部分的に紹介され、嘉永6年(1853年)の黒船来航などで対外的脅威により、江戸幕府や諸では西洋式軍隊の創設を開始する。幕府はフランス式陸軍を採用し、軍事顧問を招いて装備の導入や軍隊(幕府陸軍幕府海軍)の編成を行い、長州藩薩摩藩佐賀藩でも軍制改革が行われた。江戸時代の幕藩体制においては軍事に従事するのは武士階級のみであったが、長州藩で設立された奇兵隊などは、農民町人などが混成した民兵部隊であった。慶応3年(1867年)の大政奉還王政復古により江戸幕府は消滅して薩摩、長州の軍事力を中核とする明治新政府が成立し、旧幕府軍と戊辰戦争で戦った。

幕府により行われた西洋式軍隊創設は明治新政府に引き継がれた。新政府は富国強兵を国策に掲げ、明治4年(1871年)2月には長州藩出身の大村益次郎の指揮で天皇の親衛を名目に薩摩、長州、土佐藩の兵からなるフランス式兵制の御親兵10,000人を創設し、常備軍として廃藩置県を行うための軍事的実力を確保した。

明治4年(1871年)4月の設立当初は鎮台制と呼ばれる組織体系の下、士族反乱である佐賀の乱西南戦争など内乱鎮圧を主たる任務とした。徴兵制度の施行に伴い国民軍としての体裁を整えていった。その後陸軍は鎮台を廃止し師団制に移行。海外において外国軍隊との戦争を行いうる軍制に移行した。設立の基礎が明治維新時の薩長軍であったために永らく藩閥支配が払拭できず、陸軍では長州藩、海軍では薩摩藩の出身者が要職を固めた。明治5年(1872年)に陸軍省が兵部省から分離し、明治11年(1878年)には参謀本部が独立する。新政府は廃藩置県や廃刀令で武士階級を事実上消滅させた後、明治6年(1873年)に徴兵令を施行する。陸軍卿には奇兵隊出身の山縣有朋海軍卿には勝海舟が就任する。山県は普仏戦争1870年)でプロイセンが勝利した事をうけ、フランス式の軍制からドイツ式への転換を行った。海軍は当初からイギリス式の軍制に倣って編成された。

陸海軍共に初期の仮想敵国ロシアであったが、日露戦争後は陸軍はロシア革命後のソ連を、海軍はアメリカを仮想敵国と見なして軍備をすすめた。明治期においては兵器類はフランスやイギリスなどから購入していたが、日露戦争前後からは小火器を筆頭に次第に国産化がすすみ、大東亜戦争太平洋戦争)期にはアジア軍事大国として、海軍零式艦上戦闘機や陸軍四式戦闘機「疾風」一〇〇式司令部偵察機に代表される航空機など、欧米に比肩しうる高性能の兵器を開発・装備した。しかし、欧米列強国に遥かに劣る基礎工業力により弾薬の総生産数から徹甲弾の質に至るまで揮わず、また、陸海軍ともに拙劣な運用ドクトリンにより欧米を凌駕することはできなかった。また、ミッドウェー海戦ガダルカナル島の戦い以降反攻に転じたアメリカ軍に対して、キスカ島撤退作戦など撤退が成功した例を除いて、物量において劣勢な各地の陸海軍部隊は、アッツ島の戦いでの玉砕以降、降伏を拒否しての最後の万歳突撃を行って玉砕を遂げる部隊が続出した。その結果、本土空襲を日本本土にもたらし、史上最大の惨禍をもたらしたせいか、戦後の国民からは概ね陸軍が「軍隊=悪」の象徴として見られており、未だに侮蔑されている感が強く、戦後60年以上経っても顧みられる事は無い。しかしながら、これは苦戦を強いられたアメリカがGHQに命じて日本国民に対して日本の軍政時代を悪と戦後一貫して教育してきたことが原因である。アメリカはこの大戦により日本軍の強さと生産性の弱さを高い技術力でカバーしていた事を知り、当時の白人至上主義のアメリカでは有色人種の日本に苦汁をなめさせられたため、日本人がこのまま軍備を保持し続ければアメリカの脅威になると考えた大戦末期当時の首脳の決定により軍隊を解体させることは決定されていた。だが、その施策は結果的に1950年の朝鮮戦争の勃発でその目論見は脆くも崩れ去り、防衛の観点から日本の軍事力の必要性が再認識された。(逆コース[2]

やがてソビエト連邦との冷戦が勃発した事で、米国政府や軍首脳は「極東での自分たちの負担が増える」という観点からダグラス・マッカーサーが推進した日本非武装化政策を疎んじるようになり、共産主義へ対抗する方法を模索し始め、防波堤として日本を利用する為に非武装原則を覆してでも再軍備を容認するようになった。日本の陸軍悪玉論に染まった世論へ配慮し、次第に組織を強化する形で再軍備を日本政府を通して推進し、第一段階として警察予備隊を設立し、保安隊へ再編させた段階で軍への再編は完全にGHQの方針となった。保安隊になった後、組織の運用性をあげるため、より軍事的専門性を高めるために実戦経験がある旧軍軍人の存在が必要となり、民間の仕事へ散らばっていた旧軍の人間を次第に取り込むようになった。そして更に自衛隊として再編し、防衛組織の名目で正式に再軍備させた。しかしGHQが行なった施策は冷戦が激化した際に裏目に出てしまい、米国は戦後、少なからず極東での軍運用に支障をきたす事になった。日本の同盟国であったドイツはナチス・ドイツの蛮行にも関わらず軍隊の再編が認められているが、それは米国などの国がドイツ軍を必要としたためである。

軍事機構の問題[編集]

政戦略の不一致[編集]

国家が国防方針を策定する場合には国家戦略軍事戦略との整合性が重要であり、この整合を「政戦略の一致」と言う。大正・昭和に入ると、日本軍の統帥権の独立を巡って軍部が政府と対立するという深刻な政軍関係上の問題が発生することになり、この政治的対立によって政戦略の不一致がもたらされることになった。

明治22年(1889年)に制定された大日本帝国憲法第11条にある「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」という文言は、統帥権すなわち軍事作戦に関する命令・実行の権限が、行政・司法・立法から独立していることを保障したものとする憲法解釈が次第に行われるようになる。これは立憲君主制に基づいた、陸軍は陸軍大臣の輔弼(ほひつ)、海軍は海軍大臣の輔翼(ほよく)責任のもと政府と陸軍省・海軍省の統制下にあり、統帥大権も統治大権と同じく大臣の補弼責任の下にあり、決して統帥大権の独立を保障するものではないという解釈に反し、総理大臣帝国議会が軍事に干渉することは出来ず、政治と軍事が対等の地位に定められることになった。

これは満州事変支那事変日中戦争)で軍が政府の方針を無視して独走し、それを政府が追認するという事態が生じた。また、昭和期に入って軍部大臣現役武官制が復活したことによって、軍部が陸海軍大臣を推薦しなければ内閣が組織できなくなり、軍部の政治権力の強化に利用されることにもなった。

この統帥システムはプロイセンの軍制を模範として考案されたものであり、軍隊が政治指導者の政治的意図で利用されることを防いだり、作戦行動の秘密を保全する目的があった。しかし、実際には大日本帝国憲法の統帥権の独立は政略不一致をもたらす大きな要因となった[3]

統合運用の障害[編集]

統合運用とは軍種間で脅威認識や国防方針を一致させ、平時においては共同の作戦計画準備や訓練を行うことによって、統合化を行ったうえで運用する方式である。大日本帝国憲法第11条での陸海軍の並立の規定は、歴史的な陸海軍の政治対立もあって、この統合運用体制の確立を阻害する一因となった。

明治初期には兵部卿が陸海軍の軍令と軍政を一元的に統括していたが、明治5年(1872年)に軍隊の巨大化に伴って軍政機関が陸軍省と海軍省に分けられた。明治11年(1878年)には軍令機関の参謀本部が設置されて三元化する。明治19年(1886年)に陸海軍統合軍令機関である統合参謀本部(国防省防衛省に相当)が設置されることが決定したが、後に陸軍参謀本部と海軍参謀本部に再び軍令機関が二元化した[4]。明治36年(1903年)には海軍の軍令機関である軍令部が設置され、その後に陸海の軍令・軍政の統一的な統制を行う機関は昭和20年(1945年)の解体まで整備されることはなかった[3]。この統合運用の体制の不備は陸海軍の国防思想の不整合、作戦行動における不和、時には陸海軍の内部対立までをも生み出し、旧日本軍の統合運用を決定的に困難なものにした。

旧日本軍関連年表[編集]

明治期[編集]

大正期[編集]

昭和期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 空軍が第二次世界大戦以前からあったのはドイツなど一部の国のみ。アメリカに至ってはベトナム戦争後に編成された
  2. ^ 知られざる自衛隊の謎(彩図社)ISBN-978-4883928132より
  3. ^ a b 黒川雄三 『近代日本の軍事戦略概史』(芙蓉書房出版、2003年)
  4. ^ 黒野耐『帝国陸軍の〈改革と抵抗〉』(講談社、2006年)

参考文献[編集]

  • 防衛庁防衛研修所戦史部 『戦史叢書 陸海軍年表 付兵語・用語の解説』(朝雲新聞社、昭和55年)
  • 防衛法学会 『新訂 世界の国防制度』(第一法規出版、平成3年)
  • 黒川雄三 『近代日本の軍事戦略概史』(芙蓉書房出版、2003年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]