日本の合戦一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本の合戦一覧(にほんのかっせんいちらん)は、日本の歴史上で発生した武力を以って行った主要な争いの一覧である。

概ね「戦い」や「合戦」は軍隊同士の大規模な戦闘、「乱」は国家や公的な組織に対する内戦反乱クーデターに当たる争い、「変」は国家や公的な組織による内戦・反乱・クーデター[1]、「[要曖昧さ回避]」は外国・異民族との戦争[2][3]暴動テロの類や暗殺などを伴う事も少なくない。

この項目では国家、公的な団体・組織、武装勢力、宗教団体政治団体或いは多数の市民民衆の集合的な活動、暴行・脅迫・破壊などの暴力的な活動、もしくはそれらとの武力衝突が発生した事件についても羅列する。

縄文時代[編集]

  • 全般(B.C.13000年頃 - B.C.300年頃) : 縄文時代にも争いによる殺傷あり[4](じょうもん 全国)
  • 中期(B.C.3500年頃 - B.C.2500年頃) : 粒江貝塚(粒江船元貝塚)(つぶえ/つぶえふなもと 岡山県)頚骨に石鏃が刺さり即死の人骨[5]。縄文の殺傷痕人骨の初発見
  • 後期(B.C.2500年頃 - B.C.1300年頃) : 加曽利貝塚(かそり 千葉県)加曽利南貝塚で2人による殺傷を示す人骨
  • 後期(B.C.2500年頃 - B.C.1300年頃) : 枌洞窟遺跡(へぎ 大分県)石鏃を撃ち込まれた人骨
  • 晩期(B.C.1300年頃 - B.C.300年頃) : 伊川津貝塚(いかわづ 愛知県田原市)意図的な殺傷と思われる人骨
  • 晩期(B.C.1300年頃 - B.C.300年頃) : 高砂貝塚(たかさご 北海道虻田郡洞爺湖町)集団間戦闘での損傷を強く示唆する人骨

弥生時代[編集]

古墳時代(大和時代)[編集]

飛鳥時代[編集]

奈良時代[編集]

平安時代[編集]

鎌倉時代[編集]

建武の新政[編集]

室町時代[編集]

南北朝時代[編集]

1336年 - 1392年

狭義の室町時代[編集]

1392年 - 1467年1493年

戦国時代[編集]

1467年1493年) - 1590年

安土桃山時代[編集]

織田信長の天下布武[編集]

1573年 - 1582年

秀吉の天下統一[編集]

1582年 - 1590年

秀吉統一後[編集]

1590年 - 1603年

江戸時代[編集]

明治[編集]

大正[編集]

昭和(戦前)[編集]

昭和(戦後)[編集]

平成[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『プログレッシブ和英中辞典』小学館。
  2. ^ 入間田宣夫「復興は地域の目線で」『日本経済新聞』2012年2月4日夕刊東京版。
  3. ^ 井沢元彦『井沢式「日本史入門」講座〈5〉朝幕併存と天皇教の巻』徳間書店、2008年。
  4. ^ 受傷人骨からみた縄文の争い
  5. ^ 倉敷考古館「倉の内外よもやま話(44)」学者が作ったミステリー
  6. ^ 古墳時代直前に激増する焼失集落
  7. ^ 若井敏明著「邪馬台国の滅亡―大和王権の征服戦争」(吉川弘文館 2010年3月1日)P.155
  8. ^ 若井敏明著「邪馬台国の滅亡―大和王権の征服戦争」(吉川弘文館 2010年3月1日)P.178 三国史記364年の倭と新羅の戦争は、大和朝廷が進出する直前の北九州の倭人の国の新羅侵攻の失敗と考える。
  9. ^ 若井敏明著「邪馬台国の滅亡―大和王権の征服戦争」(吉川弘文館 2010年3月1日)P.183
  10. ^ 友田吉之助著「日本書紀成立の研究 増補版」(風間書房 1983年)所収「好太王碑文と顓頊暦紀年法」より。好太王碑文の紀年法は通常の暦より干支が1年遅れの顓頊暦を使っているとみられる。このため倭に関する記事の年も全て通説より1年遅れになるとする。
  11. ^ 「日本の時代史2 倭国と東アジア」(吉川弘文館 2002年7月)の鈴木靖民執筆「はじめにかえて」

関連項目[編集]