青谷上寺地遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青谷上寺地遺跡(あおやかみじちいせき)は、鳥取県鳥取市青谷町青谷にある、弥生時代の集落遺跡

国道青谷羽合道路及び鳥取県道274号青谷停車場井手線の建設にともない、平成10年度から3年3ヶ月の期間をかけて、遺構面の面積で延べ約55,000m²が発掘調査された。典型的な低湿地遺跡で、弥生人の脳をはじめとする多彩な遺物が出土したことから「弥生の地下博物館」とも呼ばれている[1]

2008年平成20年)に国の史跡に指定[2]された。

概要[編集]

およそ1.5km四方の青谷平野の中央部に位置し、当時の地形の高低を利用した遺構が残されている。地形の高かったところでは無数の土坑群やピット群が検出されているが、周辺の低湿地部一部水田域を確認している。いずれにおいても厚い遺物包含層が形成されており、複数の遺構面が介在する。

遺跡は弥生時代前期後半に集落としての姿を現し、中期後半に著しい拡大を遂げ後期に続くが、古墳時代前期初頭に突如として姿を消す[1]

遺構で目を引くのは、の板材を用いた護岸施設である[1]。遺跡の南東部で検出された弥生時代中期後半の護岸施設には長さ260cm・幅70cmの巨大な板を数枚立て並べたうえ杭で固定していた。後期になると地形の高い範囲を取り囲むように溝がめぐらされているが、ここには矢板列を幾重にも打ち込んでいた。こうした護岸施設の中には建築部材を転用したものが含まれている。

遺物は膨大な数の土器以外に、鉄器青銅器木器石器骨角器など多彩で、後述の遺物も合わせ弥生時代の情報量の多さは特筆される。

特筆すべき遺物[編集]

  • 遺跡の東側の溝では弥生時代後期の100人分を超える約5,300点の人骨が見つかったが、うち110点に殺傷痕が見られた[3]。また2点に脊椎カリエスによる病変が確認された。これは日本における最古の結核症例である[4]
  • 日本で初めて弥生人が3人分発見された[5][3]
  • 120cmほどのモミ製のから緑色顔料(緑土)が確認された。これは東アジア最古の緑土の使用例である[6]
  • 35点もの糞石が出土した。これは弥生時代の糞石としては最も多い[7]。ちなみに同じ低湿地遺跡である唐古・鍵遺跡では1点のみの出土にとどまる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「東アジア考古学事典」2頁
  2. ^ 青谷上寺地遺跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  3. ^ a b 青谷上寺地遺跡展示館
  4. ^ 結核予防会(PDF)
  5. ^ 財団法人鳥取県教育文化財団 鳥取県埋蔵文化財センター「青谷上寺地遺跡4」『鳥取県教育文化財団調査報告書』74、財団法人鳥取県教育文化財団、2002。
  6. ^ 「青谷上寺地遺跡出土盾に塗布された顔料について」記者発表を行いました 鳥取県
  7. ^ 青谷上寺地物語

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度30分48.0秒 東経133度59分30.0秒 / 北緯35.513333度 東経133.991667度 / 35.513333; 133.991667