末森城の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
末森城の戦い
Suemori Castle.jpg
末森城本丸跡
戦争戦国時代 (日本)
年月日天正12年9月9日1584年10月12日
場所能登国末森城
結果前田利家側の勝利
交戦勢力
前田軍Japanese crest Kaga Umebachi.svg 佐々軍So clan mon2.svg
指導者・指揮官
前田利家Japanese crest Kaga Umebachi.svg
前田利長Japanese crest Kaga Umebachi.svg
前田秀継Japanese crest Kaga Umebachi.svg
奥村永福
千秋範昌
佐々成政So clan mon2.svg
神保氏張
佐々平左衛門
戦力
4,000
(末森城1,500
前田軍2,500)
15,000
損害
約750 約750
小牧・長久手の戦い

末森城の戦い(すえもりじょうのたたかい)は、天正12年9月9日1584年10月12日)に能登国末森城石川県羽咋郡宝達志水町)で行われた攻城戦である。末森の合戦ともいう。

戦いの経緯[編集]

天正12年(1584年)、羽柴秀吉織田信雄徳川家康連合軍が小牧長久手の地で対峙した。それに呼応し、織田徳川連合軍に味方した越中国佐々成政は、8月28日羽柴方の前田利家朝日山城(石川県金沢市加賀朝日町)を急襲。前田氏家臣の村井長頼がこれを撃退する。

9月9日、成政は利家の領国である加賀国と能登国の分断をはかるべく、宝達山を越えて坪山砦に布陣し、総勢15,000人で末森城を包囲する。利家の増援軍を警戒し、神保氏張を北川尻に置いて警戒にあたらせた。

9月10日、戦闘が始まると城将奥村永福・千秋範昌らの篭城軍1,500人[注釈 1]が篭城戦を展開。戦況は佐々軍が有利であり、前田方の城代土肥次茂土肥親真の弟)が討死するなど、落城寸前にまで追い込まれる。

金沢城にて急報を聞いた前田利家は兵2,500人を率いて出陣。高松村(かほく市)の農民桜井三郎左衛門の案内により、佐々軍の手薄な海岸路に沿いながら北川尻を越えて今浜まで進軍する。9月11日明け方には末森城に殺到する佐々軍の背後から攻撃し、これを破った。両軍ともに750人余りの死者が出たとされる[1]

戦後[編集]

佐々成政は越中国に向けて退却するが、途中で無人であった鳥越城(石川県河北郡津幡町七黒)を占領している[注釈 2]。以降、成政は守備を固めて守勢に転じた。前田利家は領国の防衛に成功し、小牧・長久手の戦いで政治的勝利を収めた羽柴秀吉と協力し攻勢を強めていく(富山の役)。

末森城の戦いに関する創作[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 300人や500人との説もある。
  2. ^ 城将の目賀田、丹羽の両名が「利家が末森の戦いに敗れた」との誤報により城を放棄していた。「津幡町HP」より

脚注[編集]

  1. ^ 『図説 前田利家』(図説前田利家編纂委員会、尾山神社、1999年4月)

外部リンク[編集]