玉田宿禰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

玉田宿禰(たまだのすくね、生年不詳 - 允恭天皇5年)は、『日本書紀』に伝わる古代日本の人物。『古事記』に記載はない。

系譜[編集]

日本書紀』では玉田宿禰について、允恭天皇5年7月14日条において葛城襲津彦の孫、雄略天皇7年是歳条において子とし、異同が見られる(『公卿補任』では子とする)。

子に関して『日本書紀』では雄略天皇7年是歳条に「別本云」として毛媛(吉備上道田狭の妻、のち雄略天皇の妃)の名を挙げる。『公卿補任』では、葛城円(かつらぎのつぶら)を子に挙げる。

記録[編集]

日本書紀允恭天皇5年7月14日条によると、玉田宿禰は反正天皇を命じられていたが、地震允恭地震:日本の記録上初めての地震)があったにも関わらず酒宴を行なっていて殯宮にいなかった。允恭天皇は尾張連吾襲を遣わして調べさせたが、玉田宿禰は事の発覚を恐れて吾襲を殺し、武内宿禰(葛城襲津彦の父)の墓域に逃げ込んだ。天皇は玉田宿禰を呼び出したが、玉田宿禰が鎧を身につけているのを見つけ、これを誅したという[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寒川旭 『地震の日本史』 中公新書、2007年

関連項目[編集]