健磐龍命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
健磐龍命
(建五百建命)
時代 上古
別名 天健磐龍命[1]
阿蘇都彦命[1]
その他は本文参照
神号 健磐龍命神[2]、健磐龍神[1]阿蘇神[1]、阿蘇大神[3]
墓所 森将軍塚古墳説あり[4]
阿蘇市の神陵説もあり[3]
官位九州の長官」[5]
科野国造[6]
主君 神武天皇崇神天皇景行天皇
氏族阿蘇氏科野氏祖)
父母 父:神八井耳命[3]または敷桁彦命[7]
兄弟 武恵賀前命[7]健磐龍命建緒組命[7]
阿蘇都媛命[1]
速瓶玉命[7]建稲背命[7]
テンプレートを表示

健磐龍命[7](たけいわたつ の みこと、生没年不詳)は、古代日本の人物。建五百建命[6](たけいおたつ の みこと)、阿蘇都彦命[1](あそつひこ-)の名でも知られる。

のちに神格化された。現在は阿蘇神社の祭神として知られ[8]、健磐龍命神[2]、健磐龍神[1]阿蘇神[1]、阿蘇大神[3]という神号を持つ。さらにのちには阿蘇山火山神としての性格も備えた。

阿蘇氏金刺氏他田氏の祖である[7]。また諏訪氏の祖ともいうが、諏訪氏は通常は建御名方神の子孫とされる。

名の表記[編集]

健磐龍命の名には、多くの異表記がある。

  • 健磐龍命[7](たけいわたつ の みこと)
    • 建磐龍命[7]
    • 武磐龍命[1]
  • 建五百建命[6](たけいおたつ の みこと)
    • 健五百武命[7]
    • 武五百建命
  • 天健磐龍命[1]
  • 阿蘇都彦命[1](あそつひこ-)
    • 阿蘇都彦[9](あそつひこ[10]
    • 阿蘇都彦尊[1]
    • 阿蘇津彦尊[1]

系譜[編集]

健磐龍命の家系については三説がある。

第1は、神八井耳命の第5子とする説[3][1]である。神八井耳命は神武天皇(初代天皇)の第2皇子綏靖天皇(第2代天皇)の兄であり、天皇の位を弟に譲って神祇を奉典したという[11]

第2は、建五百建命を神八井耳命の孫とする説[12]である。

第3は、神八井耳命の曽孫である敷桁彦命の子とする説[7]である。この場合、兄に武恵賀前命多氏の祖)、弟に建緒組命火国造)がいる。

記録[編集]

ここでは健磐龍命についての記録を史料別に示す。

日本書紀[編集]

日本書紀』には、阿蘇都彦について次のような記載がある。景行天皇18年6月16日に景行天皇(第12代天皇)は九州巡幸の一環として阿蘇国に到ったが、その国の野原は広く遠く、人居は見えなかった。そこで天皇は「是国に人有りや。」と言った。するとその時阿蘇都彦阿蘇都媛の二神があり、たちまちに人になって天皇のもとにいたり、「吾二人在り。何ぞ人無らんや。」と言った。ゆえにその国をなづけて阿蘇といったという。

これは阿蘇の地名の由来を説明する説話であるが、前述のように崇神天皇の時代にはすでに阿蘇という地名は存在していた。

肥後国風土記[編集]

肥後国風土記』にも『日本書紀』とほぼ同内容の記載がある。景行天皇の発言は『日本書紀』と同一だが、二神の発言は「吾二神、阿蘇都彦阿蘇都媛、見(いま)此の国に在り。何ぞ人無らんや。」となっている。

延喜式[編集]

延喜式神名帳には、肥後国阿蘇郡名神大社として「健磐龍命神社(たけいわたつ の みこと の -)」が記載され、現在は阿蘇神社一宮の祭神が健磐龍命である[1]

この阿蘇神社の創始は、孝霊天皇の9年6月に、孝霊天皇(第7代天皇)が速瓶玉命[7]前述)にして健磐龍命を神として祀らせたこととされる[3]。またこの月の26日に勅して阿蘇宮を修造させた[3]ともいう。

また、阿蘇神社は景行天皇が阿蘇を訪れた時(前述)に速瓶玉命(前述)に命じて宮地村に建てたものであるともいう。また、景行天皇18年に景行天皇は健渟美命前述)にして特に阿蘇神社への崇敬を尽くさしめたともいう[3]

国造本紀[編集]

先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、建五百建命は崇神天皇(第10代天皇)の時代に初代科野国造に任命されたという。

またこれに関連して、建五百建命は科野大宮社を創建したという伝承がある。

科野国造の治所は小県郡にあった[15]が、『和名類聚抄』によれば小県郡には「安宗郷(あそ-)」というがあったといい、「阿蘇(あそ)」と同音である。現在も上田市古安曽(こあそ)に安曽神社が存在する。

阿蘇郡誌[編集]

以下に『阿蘇郡誌』による伝承を示す。

神武天皇76年に神武天皇(初代天皇)は孫である健磐龍命に西海鎮撫の命を下し、火の国に封じた。健磐龍命はこの年の2月山城国宇治の郷から阿蘇に下向した。この途中、宮崎において神武天皇の宮跡にその神霊を祀ったのが宮崎神宮の創祀とされる[5]。そこから阿蘇山の東側にある草壁にうつり、阿蘇都姫前述)をめとり阿蘇都彦と号した。そこより阿蘇にいたった。

当時、阿蘇カルデラの内部の阿蘇谷南郷谷(「介鳥湖」と呼ばれた)であった。健磐龍命は田を造るために湖水を排水しようとした。外輪山を蹴破ろうとしたが、峠が二重になっているために破れなかった(二重峠)。2度目は山に隙間があったために成功し、湖水は西の方に流れ出た。「すきまがある」を約して「すがる」とし、以後この場所はスガルが滝と呼ばれるようになった。熊本市の小山と戸島は蹴破られた山の破片であり、菊陽町の津久礼は「つちくれ」の約で土塊が落ちたところであり、合志市の名は小石に由来するという。また、大津町の引の水も関係地名である。

こののち健磐龍命は自ら矢を射て、それが落ちたところに宮を定めた。これは現在の矢村社の地である。そうして定めた宮の地が、今の宮地の地名の由来である。そののちに健磐龍命は残賊を平定し、阿蘇一帯を統治して、107歳で薨じた。阿蘇市阿蘇神社の楼門前には神があり、2個の小丘の北が健磐龍命、南が阿蘇都比咩神の陵であるという。

その他[編集]

  • 健磐龍命は「九州の長官」だったという[5]
  • 神武天皇は神武天皇76年2月1日に健磐龍命を阿蘇に封じたという[1]
  • 健磐龍命は神武天皇76年2月に大和国から阿蘇に下向したという[1]
  • のちの阿蘇神社大宮司家(健磐龍命の子孫)が宇治氏なのは、健磐龍命の出発地が宇治であることによるという[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 阿蘇津媛[1]、阿蘇都姫[1]、阿蘇姫[1]、阿蘇比売神[13]、阿蘇比咩命[1]、阿蘇比咩神[1]、阿蘇比咩[1]、阿蘇都比咩神[3]、比咩神[1]とも。
  2. ^ 神武東征の際に日向高知尾にとどまって留守をした皇子で、のちに草壁にうつったとされる[3]。「草壁」という地名は、草を仮御所の屋根・壁としたことに由来するといい、のちに「草部」となった[3]。この神は、『古事記』によれば健磐龍命の父である神八井耳命の兄で、健磐龍命からみると伯父にあたる(なお、『日本書紀』には記載はない)。すなわち阿蘇都媛命は健磐龍命とはたがいにいとこの関係にあり、いわゆるいとこ婚となる。
  3. ^ 惟人命[15]、惟人之命、惟人君命[10]、惟人[1]、彦御子[15]、八井耳玉命[15]とも。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 古事類苑. 神祇部30』。
  2. ^ a b 延喜式』。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 阿蘇郡誌』。
  4. ^ 科野国造 ( 信濃 ) - 日本辞典(2018年7月6日午前4時29分(JST)閲覧)
  5. ^ a b c 宮崎神宮の由来 - 宮崎神宮 公式ホームページ(2018年7月6日午後5時10分(JST)閲覧)
  6. ^ a b c 国造本紀科野国造条。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 古代豪族系図集覧』。
  8. ^ 「健磐竜命」『日本人名大辞典』 講談社。
  9. ^ a b 日本書紀景行天皇段。
  10. ^ a b c 国造本紀考』。
  11. ^ 日本書紀』。
  12. ^ 先代旧事本紀』「国造本紀」。
  13. ^ a b c 諏訪史料叢書. 巻28』。
  14. ^ 姓氏家系大辞典. 第2巻』。
  15. ^ a b c d e 姓氏家系大辞典. 第1巻』。