幣立神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幣立神社
Heitate Jingu.jpg
幣立神社 鳥居
所在地 熊本県上益城郡山都町大野712
位置 北緯32度41分13秒 東経131度08分08秒 / 北緯32.687056度 東経131.135602度 / 32.687056; 131.135602座標: 北緯32度41分13秒 東経131度08分08秒 / 北緯32.687056度 東経131.135602度 / 32.687056; 131.135602
主祭神 神漏岐命
神漏美命
社格 郷社
創建 不詳
別名 幣立神宮
日の宮
例祭 9月15日
テンプレートを表示

幣立神社(へいたてじんじゃ)、幣立神宮(へいたてじんぐう)は、熊本県上益城郡山都町に鎮座する神社である。日の宮(ひのみや)ともいう。旧社格郷社

由緒[編集]

社伝によれば、神武天皇の孫である健磐龍命が、阿蘇に下向した際この地で休憩し、眺めがとても良い場所であると、幣帛を立て天神地祇を祀ったという[1]

その後、延喜年間901年 - 923年)、阿蘇大宮司友成が神殿を造営し伊勢両宮を祀り幣立社と号した。天養元年(1144年)には、阿蘇大宮司友孝阿蘇十二神を合祀し大野郷の総鎮守とした[2]

現在の社殿は、享保14年(1729年)、細川宣紀により改修されたもの。明治6年1873年)、郷社に列した[3]。なお、天孫降臨の伝承を持つ高千穂にも近く、他にも神話、伝承などが伝わる。

祭神[編集]

例祭日[編集]

社宝[編集]

  • 火の玉
  • 水の玉
  • 五色神面

御神木[編集]

  • 万世一系の天神木 - 社殿横。ヒノキ。
  • 五百枝杉 - 参道沿い。スギ。

出典[編集]

  1. ^ 熊本県教育会『阿蘇郡誌』熊本県教育会阿蘇郡支会、1926年、334頁
  2. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典43 熊本県』角川書店、1987年、975頁
  3. ^ 鈴木喬 『熊本の神社と寺院』 熊本日日新聞社、1980年、66頁

参考文献[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]