植林活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
植林から転送)
移動先: 案内検索

植林(しょくりん、: Afforestation)は、木材生産や森林保全を目的として、を植えることである。森林保全の中には、地盤の安定化、水資源の確保、生態系の保全、防、防といったさまざまな目的が含まれる。

概要[編集]

ヒノキが整然と植林された里山
四季を通して薄暗いスギ・ヒノキの人工林

近年まではその大部分が木材生産を目的としたものであった。森林保全、特に環境保全活動として木を植える場合に、「植林」と呼ぶ傾向が強い。

環境保護に貢献する自然林と、木材生産などの林業ための人工林には、樹種や手入れの有無などに大きな違いがあるため、専門家の間では区別されているが、一般的には混同されることが多い。

植林によって生まれた森林は、人工林と呼ばれる。日本においては、全森林面積の4割が植林によって生まれた人工林である。ただし、それらの地は以前は自然林が成立していた場である。横内浄水場水源地など環境保護の名目で自然林を伐採してから「植林活動」を行ったため社会問題となった例もある。

森林光合成により地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)を吸収することから、温暖化対策の手段として、排出権取引においても、新しく植林した森林をCDM植林の対象とし、CO2削減とみなし、京都議定書における京都メカニズムにより、排出権を創出することがルール上は可能となっている。

植林支援活動[編集]

植林活動を支援するための募金の代表的なものとして、緑の募金があるほか、ウェブ上でもクリック募金として行われている。また、植林活動への貢献に対する賞として明日への環境賞などがある。 たくさんの大企業CSRとして、従業員ボランティアによる植林活動を行っている。

植林活動を行った人物[編集]

植林活動を扱った作品[編集]

関連項目[編集]