グリーンウォッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グリーンウォッシング(greenwashing)は、環境配慮をしているように装いごまかすこと、上辺だけの欺瞞(ぎまん)的な環境訴求を表す。 安価な”漆喰・上辺を取り繕う"という意味の英語「ホワイトウォッシング」とグリーン(環境に配慮した)とを合わせた造語である。

特に環境NGOが企業の環境対応を批判する際に使用することが多く、上辺だけで環境に取り組んでいる企業などをグリーンウォッシュ企業などと呼ぶ場合もある。

概要[編集]

CSR報告書に関係の無い緑の写真を使うなど、エコなイメージを流布する行為を揶揄した言葉。

グリーンウォッシュは1980年代半ばから、欧米の環境活動家を中心に使われ始めた。 環境に優しい、地球に優しい、グリーンなどという表記がある商品を、環境意識が高い消費者が選択することを狙い、消費者に誤解を与えるような訴求を行っている商品に対し、グリーンウォッシュ商品と名づけられる。 80年代後半から90年代にかけては、森林や海洋の写真を使った広告キャンペーンにより安易にグリーンな印象付けを行おうとしていたが、現在のグリーンウォッシュはさらに洗練されている。 イメージ先行のものから、実績アピール型に移行しており、CSR報告書なども、グリーンウォッシュのツールの一つに用いられている場合もある。

偽る方法として

  1. 意図的な情報の隠蔽(危険物質を含む「省エネ」家電)
  2. 無関係(CFCの使用禁止が遥か以前に決定しているにも関わらず、CFC未使用を謳う)
  3. あいまいさ(100%天然を打ち出しているが、自然に存在する砒素などの定量的な評価がない)
  4. 証拠がない
  5. 空言
  6. より悪いものとの比較

などの6つのパターンがあるとされる[1]

また、企業がCSR報告書はエコ商品を発表する際は、グリーンウォッシュなものにならないよう事業者自身が配慮する必要があるとの専門家の指摘がある(外部リンク参照)。

グリーンウォッシングの見抜き方[編集]

グリーンウォッシングを行っているかもしれない企業を見抜くには様々な方法がある。商品を購入する時にそれが本当に自然にやさしいものなのか、それとも単なる広告であるのかを見抜くために考慮すべきことは次のようなことである。

  • 科学的な事実が欠如していないか。
  • 「炭素強度」、「持続可能な発展」、「カーボンオフセット」、「クリーンテクノロジー」などのような言葉が混乱するほどにうるさく使われていないか。[2] これらの用語は消費者が商品を調査しようとするのに対して注意をそらすために使われているかもしれない。
  • 商品に貼ってあるシールや環境に関するラベルを見てみる。信用できるラベルもあるが、規制されておらず、環境にやさしくなくても貼れる場合もある。
  • 一般的な感覚をもつ。もし、主張が正しくないと感じたならば、その通りなのかもしれない。
  • 商品をより自然にやさしいものにすることによって、実際にはより環境を汚染している企業に注意しよう。例えば、エネルギー効率のよい電球はエネルギーを節約するが、責任を持って製造し正確にリサイクルされなければ環境への負荷は貢献した分よりも大きくなってしまう。
  • 緑の絵や自然の写真などは、商品が自然にやさしいとほのめかすために使われているのかもしれない。それだけで、環境にやさしいという意味をもつものではない。
  • 見当違いの主張に注意する。主に企業が小さなひとつの環境にやさしい特性を強調するとき、企業や商品の他の部分は環境にやさしくはないかもしれない。

これらは商品を購入したりTVで広告を見たときに、それがグリーンウォッシングなのかを見抜く簡単な方法であるが、もしある企業がグリーンウォッシングを行っているのではないかと感じた時にもっともよい方法は単純に何らかの調査をしてみることである。

脚注[3][4][5]を参照。

[編集]

  • 自然に対する影響を減らそうという配慮がなされていなくても、多くの食品は自然にやさしいと思わせるようなパッケージがしてある。[6]
  • 2009年にヨーロッパのマクドナルドはロゴの色を黄色と赤から黄色と緑に変えた。[7][8]
  • ガーディアンの掲載されたフレッド ピアスのコラムによれば、クリーンコールは究極の気候変動の矛盾語法であり、完全なグリーンウォッシングであると彼は語っている。[9]
  • イギリスの広告基準協議会は、スズキやセアト、トヨタ、レクサスなど乗り物について間違った主張をする自動車メーカーに対するいくつかの不平を支持した。[10][11][12][13]
    • また、英国の自動車番組「トップ・ギア」は時折エコカーが必ずしもエコではないと主張している。極端な例としてサーキット走行での燃費が10km/Lを大きく割り込んだことを交えながら、トヨタ・プリウスであろうとも走り方次第で燃費は悪くなる(エコカーよりエコドライブが大切)と主張した。また同番組では電気自動車(テスラ・ロードスター)に対しても「充電に必要な電気を作る際の環境負荷は?」と突っ込んだ。
  • フォード・モーターはTaurus SHO 2010モデルにエコブーストと名づけたが、2010 Taurusの燃費(17/25mpg)は1990年モデルの燃費(16/24mpg)と変わらなかった。
  • キンバリー・クラークは環境にやさしいパッケージで、ピュアでナチュラルなおむつである主張した。その製品は、外側には有機栽培の綿を使いアロエとビタミンEを加えていたが、内側には同じ石油化学製品のゲルがあった。[1]

グリーンウォッシングに対する反感[編集]

個人や団体がグリーンウォッシング減らすために、それを公にさらすことができる。オーストラリアのCHOICE[14]はグリーンウォッシングであるという主張を報告する機会を提供している。オレゴン大学によって考えられたグリーンインデックス[15]によって、グリーンウォッシングを評価することが可能になった。[16]国際的な環境保護団体であるグリーンピースには、グリーンウォッシングの主張を評価することが可能なブログ[17]がある。グリーンウォッシングのブログは主張の真実でない部分を明らかにするために存在する。

脚注[編集]

  1. ^ The six sins of Greenwashing
  2. ^ Naish, J. (2008). LIES…DAMNED LIES…AND GREEN LIES. Ecologist, 38(5), 36-39. Retrieved from Academic Search Co mplete database.
  3. ^ GREENWASH 101. Retrieved November 14, 2009.
  4. ^ Ju, S. (2008, December 31) How to spot greenwashing. Mother nature network.
  5. ^ How To Identify Greenwashing. (n.d.). Received November 14, 2009
  6. ^ Severson, Kim (2007-01-03). "Be It Ever So Homespun, There's Nothing Like Spin". The New York Times.Retrieved 2009-01-28.
  7. ^ http://greenbiz.com/blog/2009/11/24/mcdonalds-new-green-strategy-extends-its-signage
  8. ^ http://www.chicagotribune.com/news/local/wire/chi-ap-eu-germany-mcdonalds,0,2162039.story
  9. ^ Pearce, Fred (2009-02-26)."Greenwash: Why 'clean coal' is the ultimate climate-change oxymoron". The Guardian. Retrieved 2010-02-13.
  10. ^ "ASA Adjudications - Suzuki GB plc". ASA. 2009-06-10. Retrieved 2009-07-20.
  11. ^ "ASA Adjudications Volkswagen Group UK Ltd t/a Seat UK". ASA. 2009-04-22. Retrieved 2009-07-20.
  12. ^ "ASA Adjudications Toyota (GB) plc". ASA. 2008-12-10. Retrieved 2009-07-20.
  13. ^ "ASA Adjudications Lexus (GB) Ltd". ASA. 2008-09-24.Retrieved 2009-07-20.
  14. ^ "Green Watch". CHOICE.Retrieved 2009-09-11.
  15. ^ Post. "Greenwashing Index". Greenwashing Index.Retrieved 2009-09-11.
  16. ^ "StopGreenwash.org". StopGreenwash.org.Retrieved 2009-09-11.
  17. ^ "The Unsuitable Blog". Thesietch.org. Retrieved 2009-09-11.

参考[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]