環境科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

環境科学(かんきょうかがく、: environmental science)は、環境に関する科学物理学化学生物学地球科学の諸分野に跨がる学際的学科である。啓蒙時代博物学自然史)と医学の分野から生じた[1]

環境科学(Science)と比較して、環境学(studies)は社会科学環境工学(engineerg)は工学的応用に焦点を当てている。

歴史[編集]

アメリカ合衆国の環境科学は、1960年代と1970年代に実際的な科学調査の分野として活発になり、(a )複雑な環境問題を分析するための学際的手法の必要性、(b )環境調査の詳細な記録を求めることを明文化した環境法の施行、(c )環境問題に取り組む必要があるという人々の認識の高まり、によって促された。この展開に拍車をかけた出来事には、レイチェル・カーソンの記念碑的な環境本である「沈黙の春[2]」の出版と、1969年サンタ・バーバラ原油流出英語版や同年のクリーブランドにあるカヤホガ川の発火のような環境問題がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Eddy, Matthew Daniel (2008). The Language of Mineralogy: John Walker, Chemistry and the Edinburgh Medical School 1750-1800. Ashgate. https://www.academia.edu/1112014 
  2. ^ Carson, Rachel. Silent Spring (Boston: Houghton Mifflin, 1962), Mariner Books, 2002, ISBN 0-618-24906-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]