ジオパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジオパーク: geopark)とは、地球科学的な価値を持つ遺産(大地の遺産、ジオヘリテイジ、: geoheritage)を保全し、教育ツーリズムに活用しながら、持続可能な開発を進める地域認定プログラムである。ジオパークは、地球大地を意味するジオ(Geo)と公園を意味するパーク(Park)とを組み合わせた言葉である[1]。「ジオ」の意味が地質に限定される「地質公園」は誤訳である[2]ことから、日本ジオパーク委員会ではそのままジオパークの語を用いるとともに、意味を説明する際には「大地の公園」と表現している[1]

概要[編集]

活動[編集]

ジオパークの活動は以下の3つに要約される[3]

  1. 保全(conservation) - 大地の遺産を保全する。
  2. 教育(education) - 大地の遺産を教育に役立てる。
  3. ジオツーリズム(geotourism) - 大地の遺産を楽しむジオツーリズムを推進し、地域の経済を持続的な形で活性化する。

認定[編集]

地域が「ジオパーク」と名乗るには、ジオパークネットワークに加盟するための審査および認定を受ける必要がある。また、4年に1回、現地審査を含む再認定審査があり、加盟認定が取り消される場合もある。

世界ジオパークネットワーク英語版GGN)の審査を受けて同ネットワークへの加盟を認定されているジオパークを、世界ジオパークと称する。これは国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の正式事業である。なお、日本にある世界ジオパークは、すべて日本ジオパーク(後述)でもある。日本ジオパークは、日本ジオパーク委員会(JGC)の推薦を受けると、世界ジオパークネットワーク(GGN)への加盟申請を行うことができる。日本にある世界ジオパークは、世界・日本それぞれの再審査・再認定を4年に1回受ける。

国や地域のレベルで認定されたジオパークも存在する。日本の場合、日本ジオパークネットワークJGN)に加盟している地域を日本ジオパークと称する。詳細は後述する。

沿革[編集]

ジオパーク教育・学習[編集]

ジオパークの教育・学習は、持続可能な社会や地球のあり方を考え、行動するための教育[7]であり、ユネスコや文部科学省環境省が重視する持続可能な開発のための教育(Education for sustainable development: ESD)の考え方と一致する。[8]

世界ジオパーク[編集]

日本[編集]

日本にある世界ジオパークは、以下の通りである[9]

海外[編集]

海外の世界ジオパークについては、en:Members of the Global Geoparks Network(英語)を参照されたい。なお、下記ジオパークはWikipedia上に日本語の情報を有する。

日本ジオパーク[編集]

日本ジオパークは、日本ジオパーク委員会(JGC)により日本ジオパークネットワーク(JGN)への加盟を認定されたジオパークである。2016年9月現在、43地域が加盟[15]。なお、日本の世界ジオパークはすべて日本ジオパークとしても認定されている。

日本ジオパーク功労者表彰[編集]

日本ジオパークネットワークは、日本におけるジオパーク活動に対して大きな貢献をした個人または団体に対して表彰を行っている。

糸魚川のジオパーク運動[編集]

国際的なジオパークの活動とは別に、1991年より新潟県糸魚川市ではジオパークという語を用いた活動が行われていた[要出典]。糸魚川市は、糸魚川静岡構造線フォッサマグナという日本列島の形成に関わる重要な地質構造ヒスイなど貴重な鉱物や多様な岩石地層が産出する地域であることから、1987年に市がまとめたフォッサマグナと地域開発構想に基づいて、1990年には人工的に糸魚川静岡構造線を露出させたフォッサマグナパークを設置した。さらに博物館の建設準備と市内の地質見学地のガイドマップや解説板の整備が進められる中、1994年に新設されるフォッサマグナミュージアムと調和のとれる名称として、それまでの地質見学地に代わってジオパークという名称が1991年に博物館の学芸員によって造語された。ジオパークという言葉を世界で最初に使い始めたのは糸魚川市である。中央博物館としてのフォッサマグナミュージアムと、野外博物館としてのジオパークの保全や利用の促進と、それらを通じた地域の振興が進められてきたが、これは2004年に始まる国際的なジオパーク活動とは独立に発想され進められてきたものであり、地質学に特化した博物館施設とフィールドミュージアムの総称として使われていた。 2008年に世界ジオパークネットワークに加盟し、独自のジオパークという名称の使用を止め、国際的なジオパークへと転換した。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本ジオパークネットワーク > ジオパークとは(2016年10月30日閲覧)
  2. ^ 田辺裕 「On the translation of Geopark(ジオパークの「地質公園」への誤訳)」『観光産業の現状と問題点:経済社会の変化と産業構造に与える影響』 田邉裕編、日本産業リサーチセンター〈日本産業リサーチセンター受託研究報告書別冊〉、2009年、263-265頁。
  3. ^ F. Wolfgang Eder; Margarete Patzak (2004). “Geoparks—geological attractions: A tool for public education, recreation and sustainable economic development” (PDF). Episodes (Geological Society of India) 27 (3): 162-164. ISSN 0705-3797. http://www.episodes.org/index.php/epi/article/viewFile/62384/48655. 
  4. ^ a b c d e f g 日本ジオパークネットワーク > JGNについて > 沿革(2016年9月30日閲覧)
  5. ^ 日本ジオパークネットワーク > JGNについて > お知らせ・プレスリリース(2016年10月30日閲覧)
  6. ^ 世界ジオパークが「格上げ」 ユネスコ正式事業に (神戸新聞、2015年11月17日)
  7. ^ GGN Guidline Chapter 4. Education
  8. ^ JGN学校教育調査(高木秀雄・山本隆太、2015年10月2日)
  9. ^ Global Geoparks Network. “Members_of_the_Global_Geoparks_Network” (英語). 2015年9月23日閲覧。
  10. ^ 阿蘇ジオパーク
  11. ^ 阿蘇、世界ジオパークに認定 国内7例目
  12. ^ “熊本・阿蘇、世界ジオパークに認定”. (2014年9月23日). オリジナル2014年10月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141006091033/http://www.yomiuri.co.jp/science/20140923-OYT1T50063.html 
  13. ^ “阿蘇、世界ジオパークに認定=隠岐諸島に続き国内7件目”. 時事ドットコム. (2014年9月23日). オリジナル2014年9月23日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/Be5OY 
  14. ^ 北海道のアポイ岳、世界ジオパークに認定 国内8カ所目
  15. ^ a b 日本ジオパークネットワーク新規加盟認定地域決定(日本ジオパーク委員会、2016年9月9日)
  16. ^ a b 日本ジオパーク委員会 > 日本のジオパーク
  17. ^ とかち鹿追ジオパークの概要
  18. ^ 日本ジオパークネットワーク新規加盟地域決定(2014年9月7日閲覧)
  19. ^ 日本ジオパーク認定審査結果報告(2015年9月5日閲覧)
  20. ^ 日本ジオパークネットワーク新規加盟地域決定(日本ジオパーク委員会、2015年9月4日)
  21. ^ “栗駒山麓など3地域、日本ジオパークに認定”. 読売新聞. (2015年9月4日). オリジナル2015年9月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150907000104/http://www.yomiuri.co.jp/science/20150904-OYT1T50115.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]