サステイナブル工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サステイナブル工学sustainable engineering)とは、「持続可能な工学」のこと。

概要[編集]

産業革命以降科学技術は飛躍的に進歩し、その一翼を工学分野が担って来た。工学とは、自然界の法則や資源などを利用し、人間の社会生活に役立つものづくりを行う学問の一つであるが、それゆえこれまでは利便性や機能性、また経済性を重視してきた[1][2]。このような科学技術の発展により人類の生活は便利になったが、一方で現代においては環境汚染や資源の枯渇地球温暖化、エネルギー問題など様々な問題を抱えている。サステイナブル工学は、これら諸問題と向き合い解決の道を探りながらも、未来に向けても工学的な観点から技術発展を目指す概念、学問である[1][2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b サステイナブル工学 工学部 大学・大学院案内 東京工科大学”. 東京工科大学. 2014年6月3日閲覧。
  2. ^ a b サステイナビリティ学とは 東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)”. 東京大学国際高等研究所サスティナビリティ学連携研究機構. 2014年6月3日閲覧。