パーマカルチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エコロジカルデザイン環境デザイン分野の用語であり、自然のエコシステムを参考にし、持続可能な建築や自己維持型の農業システムを取り入れ、社会や暮らしを変化させる総合的なデザイン科学概念[1][2]

定義[編集]

パーマカルチャー(Permaculture)という言葉は1970年代にオーストラリア南部のタスマニア島で暮らしていたデビッド・ホルムグレン[1]とビル・モリソンが作った造語である。ふたりによれば最初その言葉はパーマネント(permanent)とアグリカルチャー(agriculture)を組み合わせ「永続する農業」という意味が込められていた。パーマカルチャーを初めて世に問うふたりの唯一の共著『パーマカルチャー・ワン』(1978年)によれば、「動物や多年生の植物、および自家更新する植物を人間が利用する目的で組みあわせたシステムであり、それは常に進化する」と定義されていた。

パーマカルチャーの元となるパーマネント・アグリカルチャーという概念は、ふたりが『パーマカルチャー・ワン』の中で指摘するようにモリソンやホルムグレンの創造ではない。パーマネント・アグリカルチャー(永続する農業、持続型農業)はアメリカの土壌学者、FHキングが日本、中国、朝鮮半島の視察を綴る『東アジア四千年の永続農業(農文協、 杉本俊朗訳)[2]の副題で使われていた。また、J・ラッセル・スミスが1929年に出版した『トゥリー・クロップス(Tree Crops)』[3]の副題もパーマネント・アグリカルチャーだった。すでに20世紀初頭において、そういう考え方が生まれてきたことは、「永続しない」農業が支配的になりつつあったことがうかがえる。

このようにパーマカルチャーは、少なくともその創世においては動物や多年生の木を組み合わせ、その特性を利用する。そして野菜など一年生の植物を野生化し、多年生化する、それが基本の概念だった。一年生の野菜や穀物に依存する現代人の暮し方、単一作物栽培、モノカルチャーを指向する農業に頼りっきりな現代社会への批判であり、もうひとつの生き方の可能性、社会のあり方を提示するものだった。「永続的な農業(パーマネント・アグリカルチャー)」を指すとされたパーマカルチャーだが、提唱されてから30年以上を経て、最近では「永続的な文化(パーマネント・カルチャー)」を意味するという解釈が広がりつつある。ホルムグレンは2012年に邦訳が出版された『パーマカルチャー:農的暮らしを実現するための12の原理』(コモンズ、リック・タナカら訳)[4]で「食物や繊維、エネルギーなど人間の必要を満たすため、自然の中に見られるパターンや関係を真似し、風土を意識的にデザインすること」と定義している。ホルムグレンは、ピークオイルと気候変動の発症など人間社会がこれまでにない変動を迎える時代、右肩上がりに成長しない不確実な時代に、パーマカルチャーは「下降の時代の文化」としてその真価を発揮すると説く。[5]

パーマカルチャー、3つの倫理[編集]

パーマカルチャーの初期の文献では、以下に掲げるデザイン原理同様、倫理(道徳的な訓戒、原理)についても明記されていなかった。世界各地での教育や実践を経て、パーマカルチャーは次の三つの倫理に基づくと理解されるようになった。これらの倫理は宗教や共同体の倫理に関する研究から抽出されたとされる。 [3]

  • 地球に配慮する(Care for the earth) - 全ての生命システムが持続し繁栄できる状態を維持する。人間は地球の健康なしに繁栄できないのであり、これが最も基本の倫理である。
  • 人びとに配慮するCare for the people) - 人々が存続するために必要な資源を供給する。
  • 余剰は分かち合い、消費と再生産には限度を設けよSet limits to consumption and reproduction, and redistribute surplus)- 健康な自然システムは、それぞれ生存に必要な要素を互いに供給しあっている。人類も同様のことができる。我々が各々らに必要なものを供給しあうことで、我々は上記の方針に必要な資源を確保する事ができる。

パーマカルチャーの原理[編集]

パーマカルチャーの原理はシステム思考やデザイン思考と呼ばれる世界観から生まれており、自然と産業化以前の持続可能な社会を観察することで普遍な原理が抽出できるという考えに基づいている。パーマカルチャーのデザイン原理は生態学、特にハワード・オーダムなどのシステム生態学に基づくとされ、環境地理学や民族生物学などにも影響を受けた。

これらの原理は、これからの脱産業化社会において土地や資源を持続可能に利用する際、世界のどこにでも適用できると考えられている。パーマカルチャーの原理は簡潔な文章やスローガンで表される。これらの原理は、さまざまなな選択肢を検討する時にチェックリストとして利用される。原理は万国共通に当てはまるが、その具体的な適用はそれぞれの場所や状況により、大きく異なる。ホルムグレンは「パーマカルチャーの花」で個人、経済、社会、政治の再編成にもこれらの原理が有効であるとしている。

パーマカルチャーの原理が最初から重要視されていたわけではなく、『パーマカルチャー・ワン』では「パーマカルチャーの木」と呼ばれる図が原理を紹介するために用いられ、デザイン理論とその適応例が紹介されるにとどまっていた。デザイン原理をモリソンが初めて提示するのは1991年に出版されたレニー・スレイとの共著『パーマカルチャー:農的暮らしの永久デザイン』(農文協、 田口 恒夫、小祝 慶子訳)においてである。このリストはアメリカ人パーマカルチャー教師、ジョン・キネイが作成したもので、それ以降、広く使われるようになった。ホルムグレンは『パーマカルチャー』で、次の12のデザイン原理を掲げている。ホルムグレンは「パーマカルチャーが新しい思想であり、まだ、発展途上にあることを考えれば」と断った上で、「このリストは有効ではあるが、不断の見直しが必要で、さらに明晰にしていかなければ、創造的な解決方法をさっと見つけ出す助けにはならない」と、それを盲目的に教条的にとらえることを戒めている。

【原理1】 まず観察、それから相互作用

【原理2】 エネルギーを獲得し、蓄える

【原理3】 収穫せよ 

【原理4】 自律とフィードバックの活用

【原理5】 再生可能な資源やサービスの利用と評価 

【原理6】 無駄を出すな

【原理7】 デザイン――パターンから詳細へ

【原理8】 分離よりも統合

【原理9】 ゆっくり、小さな解決が一番

【原理10】 多様性を利用し、尊ぶ

【原理11】 接点の活用と辺境の価値

【原理12】 変化には創造的に対応して利用する

日本におけるパーマカルチャー[編集]

日本におけるパーマカルチャー運動の歴史は、1990年にモリソンが日本人を対象に行ったパーマカルチャー・デザイン・コースに遡る。1993年には日本で初めてのパーマカルチャー・ワークショップが開催された。同じ年に農文協からモリソンの『パーマカルチャー』が翻訳出版された。1996年にパーマカルチャー・センタ−・ジャパン[6]がが設立され、2001年にはパーマカルチャーネットワーク九州[7]が設立された。2003年に初めての全国大会が開かれ、各地からパーマカルチャー活動家が安曇野にあるシャロムヒュッテ[8]に集結した。2004年、パーマカルチャー・センタ−・ジャパンのNPO法人化を記念し、ホルムグレンを招いた講演ツアーが実施された。2011年にはパーマカルチャー中部[9]ができ、2012年にはホルムグレンの『パーマカルチャー』が邦訳出版された。 ホルムグレンの日本滞在記『日本におけるパーマカルチャー』参照。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

パーマカルチャー(広義)共通の価値観[編集]

  • グローバルよりローカル
  • 中央集権より地方自治
  • 速さよりゆとり
  • 競争より共生、シェア
  • みんな違ってみんないい
  • コミュニティ
  • 風土の考慮
  • 国家より民衆同士のつながり
  • 少数権力者による被支配よりコンセンサスによる民主自治
  • 科学技術盲進でなく伝統と科学の融合
  • 持続可能性の追及
  • 自然であること
  • 金で買うより作り共有すること
  • 要素より関係性

パーマカルチャーの根本概念[編集]

  • 伝統の再発見
  • 自然のシステムをよく観察し生かすこと
  • その土地の特性を生かした適正技術の融合

パーマカルチャー(広義)の提案[編集]

都市環境について[編集]

道具と科学技術について[編集]

文化と教育について[編集]

健康と精神的安定について[編集]

財政と経済について[編集]

土地管理とコミュニティについて[編集]

土地と自然管理について[編集]

パーマカルチャー(狭義)の提案[編集]

  • 相互作用を考慮した要素の配置
  • 要素の複数役割性
  • 中央集権
  • 効率的エネルギー計画
  • 生物資源
  • エネルギー循環
  • 小規模集約システム
  • 自然遷移
  • 自然農法福岡正信
  • エッジ効果
  • 多様性の尊重

脚注[編集]

  1. ^ Hemenway, Toby (2009). Gaia's Garden: A Guide to Home-Scale Permaculture. Chelsea Green Publishing. p. 5. ISBN 978-1-60358-029-8. http://books.google.com/books?id=gxW0MGXha6cC&pg=PA5#v=onepage. 
  2. ^ Mars, Ross (2005). The Basics of Permaculture Design. Chelsea Green Publishing. p. 1. ISBN 978-1-85623-023-0. http://books.google.com/books?id=MWb6i-G6QAkC&pg=PA1. 
  3. ^ デビッド・ホルムグレン 2012年. 『パーマカルチャー:農的暮らしを実現するための12の原理』. http://www.commonsonline.co.jp/perma%28jyou%29.html

関連項目[編集]