家族計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

家族計画(かぞくけいかく、英語:family planning)は、家庭毎の、いつ・どれだけ子供を持つかという計画をいう。

厚生白書での定義[編集]

日本の1958年度の『厚生白書』では家族計画は単なる子減らしではなく、

われわれが健康にして文化的な生活を営むためには、自らの手で家族設計すなわち適当な家族構成を考えて行くことが必要となるが、家族計画とは、このような自主的計画的な家族設計のことをいうのである。

としている[1]。即ち産児制限の中で、各家庭が自主的、計画的に行う側面を強調している。「子供ができる」ことから「子供をつくる」ことへの変化である。

厚生省は家族計画の重要性を国民に知らせるべく努力した。その結果現在の日本では家族計画のための避妊は極常識的に行われるようになり、逆に少子化が問題になる程になった。

方法[編集]

必要以上に子供を作らないのが骨子となる。そのためには避妊人工妊娠中絶があるが、後者には倫理的なあるいは母体保護上の問題が多い。日本では厚生省を初めとした各機関が避妊法を国民の間に広めた。

明るい家族計画[編集]

「家族計画」は「避妊法」の隠語としても用いられた。岡本理研ゴムコンドームに「明るい家族計画」とキャッチコピーをつけ、自動販売機で販売した。

脚注[編集]

  1. ^ 厚生白書(昭和33年度版)”. 厚生労働省. 2012年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]