揮発性有機化合物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

揮発性有機化合物(きはつせいゆうきかごうぶつ、英: Volatile Organic Compounds)は、常温常圧で大気中に容易に揮発する有機化学物質の総称のことである。略称は、VOCsVOC

具体例としてはトルエンベンゼンフロン類ジクロロメタンなどを指し、これらは溶剤燃料として重要な物質であることから、幅広く使用されている。しかし、環境中へ放出されると、公害などの健康被害を引き起こす。特に最近では、ホルムアルデヒドによるシックハウス症候群化学物質過敏症が社会に広く認知され、問題となっている。 2000年度の国内排出量は、年間150万トンであった。

光化学オキシダント浮遊粒子状物質の主な原因であるとして、2004年5月26日、改正大気汚染防止法により主要な排出施設への規制が行われることとなった。

定義[編集]

世界保健機関(WHO)の定義[1][2] では以下のようになっている。

英語表記(略称) 日本語呼称 沸点範囲( °C) 化合物の例
Very Volatile Organic Compounds (VVOC) 高揮発性有機化合物
(超揮発性有機化合物)
氷点下(< 0) から 50-100 プロパン,ブタン,塩化メチル
Volatile Organic Compounds (VOC) 揮発性有機化合物 50-100 から 240-260 ホルムアルデヒド, d-リモネン, トルエン, アセトン, エタノール, 2-プロパノール, ヘキサナール
Semi Volatile Organic Compounds (SVOC) 準揮発性有機化合物
(半揮発性有機化合物)
240-260 から 380-400 殺虫剤 (DDT, クロルデン), 可塑剤 (フタル酸化合物), 難燃剤(PCB, PBB)
Organic compound associated with particulate matter
or Particulate Organic Matter (POM)
粒子状有機化合物
(粒子状有機物)
380 以上

すべてのVOCを総称する語として、総揮発性有機化合物(TVOC; Total Volatile Organic Compounds)も用いられる。

なお、ホルムアルデヒドについては、VVOCに該当するが、独自の基準を設けているケースがあるため、VOCsとは区別している場合が多い。(シックハウス症候群室内空気質など参照)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ World Health Organization, 1989. "Indoor air quality: organic pollutants." Report on a WHO Meeting, Berlin, 23-27 August 1987. EURO Reports and Studies 111. Copenhagen, World Health Organization Regional Office for Europe.
  2. ^ アメリカ合衆国環境保護庁(EPA), "An Introduction to Indoor Air Quality (IAQ) - Volatile Organic Compounds (VOCs)"