火山ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
噴き上がる火山ガス(地獄谷
北海道 登別温泉の爆裂火口からの火山ガス

火山ガス(かざんガス、: volcanic gas)は、火山火口噴気口から出る成分(火山噴出物)のうち、気体のもの。火山ガスを多く含むガスを火山性ガス(かざんせいガス)ということもある。

概要[編集]

主成分は水蒸気二酸化炭素のほか、二酸化硫黄(亜硫酸ガス)も含まれる。通常は少量の水素ガス、一酸化炭素硫化水素塩化水素が含まれる。火山によってはフッ化水素[1]四フッ化ケイ素[1]メタンガス[1]アンモニア[1]硫化カルボニル[2]ヘリウム[3]ラドン水銀蒸気[4]などが含まれることもある。

毒性をもつ成分や酸欠により、動植物の生命に関わるほどの大危害を及ぼすことがある。熱によって周辺の生態に大きな影響があることも多いうえ、吸った動物人間が、その場で死亡することも珍しくない。また、中毒に気づかず手遅れとなり、死亡することもある。

噴火はしなくても、恒常的あるいは間歇的に火山ガスのみを噴出する火山も多い。

温度は数百以上であることが多い。

空気よりも密度が高いため、くぼ地にたまりやすい。

日本国内における主な被害[編集]

  • 1986年 - 1997年:熊本県阿蘇山・中岳第一火口にて、観光客が7名(発生件数6件)死亡。
  • 1997年7月12日:青森県の八甲田山山麓にて、凹地に滞留していたガスにまかれ、訓練中の自衛隊隊員3名が死亡[5]
  • 1997年9月15日:福島県安達太良山の火口付近にて、登山客4名が死亡。安達太良山火山ガス遭難事故を参照。
  • 2000年8月10日 - :東京都三宅島雄山にて、火山活動により大量の火山ガスが放出、全島民が避難した(2005年2月より、順次帰島が開始される)。なお、現在も火山ガスの放出が続いており、山頂周辺が立ち入り禁止区域となっている。
  • 2005年12月29日:秋田県泥湯温泉近郊の駐車場で、雪でできた窪地に滞留した火山ガスにまかれ観光に来ていた一家4名が死亡。
  • 2010年6月20日:八甲田山近くにある酸ヶ湯温泉で、根曲竹のタケノコを採りに来ていた女子中学生がガスにまかれ死亡[5]。1997年に自衛隊員が死亡した場所は、南西に約7km離れた地点にある[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 加藤祐三『軽石─海底火山からのメッセージ八坂書房、2009年。ISBN 978-4-89694-930-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]