火山ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
噴き上がる火山ガス(地獄谷
北海道 登別温泉の爆裂火口からの火山ガス

火山ガス(かざんガス、: volcanic gas)は、火山火口噴気口から出る成分(火山噴出物)のうち、気体のもの。火山ガス(水蒸気や二酸化炭素を多く含む気体)を多く含むガスを火山性ガス(かざんせいガス)ということもある。

概要[編集]

主成分は水蒸気二酸化炭素のほか、二酸化硫黄(亜硫酸ガス)も含まれる。通常は少量の水素ガス、一酸化炭素硫化水素塩化水素が含まれる。火山によってはフッ化水素[1]四フッ化ケイ素[1]メタンガス[1]アンモニア[1]硫化カルボニル[2]ヘリウム[3]ラドン水銀蒸気[4]などが含まれることもある。

毒性をもつ成分や酸欠により、動植物の生命に関わるほどの大危害を及ぼすことがある。熱によって周辺の生態に大きな影響があることも多いうえ、吸った動物人間が、その場で死亡することも珍しくない。また、中毒に気づかず手遅れとなり、死亡することもある。

噴火はしなくても、恒常的あるいは間歇的に火山ガスのみを噴出する火山も多い。

温度は数百以上であることが多い。

空気よりも密度が高いため、くぼ地にたまりやすい。

日本国内における主な被害[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Volcanic Gases - Michigan Technological University
  2. ^ Component Of Volcanic Gas May Have Played A Significant Role In The Origins Of Life On Earth - Science Daily
  3. ^ Volcanic Gases and Their Effects - USGS
  4. ^ 火山ガスとエアロゾルの概要 - IVHHN
  5. ^ a b 中央防災会議災害教訓の継承に関する専門調査会 2012, p. 35.
  6. ^ 井口正人 et al. 2019, p. 307.
  7. ^ a b 登山の女高生、集団ガス中毒 噴気の硫化水素を吸う 2人死亡し2人重体『朝日新聞』1976年8月3日夕刊、3版、7面
  8. ^ a b 八甲田山,気象庁
  9. ^ 火山ガスか、タケノコ採りの中2女子死亡…青森[リンク切れ] 2010年6月20日 YOMIURI ONLINE。2010年6月26日閲覧

参考文献[編集]

  • 加藤祐三 『軽石─海底火山からのメッセージ』八坂書房、2009年。ISBN 978-4-89694-930-8http://www.yasakashobo.co.jp/books/detail.php?recordID=551 
  • 中央防災会議災害教訓の継承に関する専門調査会「第2章 大正噴火の経過と災害」 (pdf)、内閣府、2012年。
  • 井口正人、中道治久、小林哲夫、岩松暉、幸福崇、田嶋祐哉、黒岩賢彦、上林嵩弘 ほか「桜島の大規模噴火を考える」『自然災害科学』第38巻第3号、日本自然災害学会、2019年、 doi:10.24762/jndsj.38.3_279ISSN 0915-9010NAID 130007866142

関連項目[編集]

外部リンク[編集]