工場排水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Wastewater from an industrial process can be converted at a treatment plant to solids and treated water for reuse.

工場排水(こうじょうはいすい、英語: Industrial Wastewater[1])とは、特定施設を設置する工場又は事業場から公共用水域に排出されるをいう[2]

工場排水等の規制に関する法律[編集]

工場排水等の規制に関する法律(昭和33年法律第182号)は、1958年12月25日に公布された日本法律である[3]。1971年に廃止された。この法律は、製造業等における事業活動に伴つて発生する汚水等の処理を適切にすることにより、公共用水域の水質の保全を図ることを目的とするものであった[2]

脚注[編集]

  1. ^ 環境用語集「工場排水」” (日本語). www.eic.or.jp. EICネット. 2022年8月5日閲覧。
  2. ^ a b 工場排水等の規制に関する法律” (日本語). www.shugiin.go.jp. 衆議院. 2022年8月5日閲覧。
  3. ^ 工場排水等の規制に関する法律” (日本語). hourei.ndl.go.jp. 日本法令索引. 2022年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]