工業地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

工業地域(こうぎょうちいき)とは、工業活動の集積がみられ、景観機能の観点で工業活動が特筆される地域のことである[1]。工業地域では、工業的土地利用が卓越する[2]ほか、工場間での分業ネットワークが発達している[3]。また、特に規模が大きい場合は工業地帯(こうぎょうちたい)ともよばれ得る[2]

工業地域と工業地帯に明確な定義はないが、両者は概ね以下のように使い分けられている。

  • 海岸や道路・鉄道などの交通路に沿って帯状に広がるものを特に工業地帯と呼ぶ。
  • 日本国内においては、歴史や規模を考慮して、京浜、中京、阪神、北九州の四大工業地帯のみを工業地帯と呼び、他を工業地域と呼んで区別することがある(最近では北九州を工業地域とする場合もある)[4]。ただし、四大工業地帯以外でも、工業地帯という名称が公式に用いられたり、一般に普及しているものも数多い。

海岸地域に形成された工業地域を臨海工業地域(地帯)という。埋立地や干拓地に作られ、専用の港湾を持っていることが多い。原料の入手や製品の搬出に有利で、日本など原料・燃料の輸入の割合の高い国によく見られる。反対に、内陸部にある工業地域は内陸工業地域(地帯)という。

各国・各地域の工業地帯・工業地域[編集]

日本[編集]

アメリカ合衆国[編集]

大韓民国[編集]

ドイツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 『最新地理学用語辞典』浮田典良(編)、原書房、2004年、改訂版。ISBN 4-562-09054-5
  • 友澤和夫「工業地域」『キーワードで読む経済地理学』経済地理学会(編)、原書房、2018年、293-305頁。ISBN 978-4-562-09211-6

関連項目[編集]