ディーゼル車規制条例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ディーゼル車規制条例(ディーゼルしゃきせいじょうれい)とは、ディーゼル自動車などの運行や乗入れ規制について規定した条例のことである。

概要[編集]

地方公共団体がディーゼル自動車による公害拡大を防ぐために制定された。

環境規制に適合しない商用ディーゼル車は、順次対象地域内を運行することができなくなることを規定している。排出基準を満たさないディーゼル車を運行させた者には、運行禁止を命じられ、命令に従わない場合は罰金が課せられる。

旧式のディーゼル車を運行している車はディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF)を付けることで、運行規制対象から外れることが可能である。

地域[編集]

都府県の条例
地域 条例名 施行日
埼玉県 埼玉県生活環境保全条例 2003年10月より
千葉県 千葉県ディーゼル自動車から排出される粒子状物質の排出の抑制に関する条例 2003年10月より
東京都[1] 都民の健康と安全を確保する環境に関する条例 2003年10月より
神奈川県 神奈川県生活環境の保全等に関する条例 2003年10月より
大阪府[2] 大阪府生活環境の保全等に関する条例第40条 2009年1月1日より
兵庫県[3] 環境の保全と創造に関する条例 2004年10月より

参考文献・出典[編集]

  • 三協社 バスマガジン(2009年11月25日発行)

脚注[編集]

  1. ^ 伊豆諸島小笠原諸島等、島部は除く。
  2. ^ ディーゼル車に限らず、ガソリン・LPG車も規制の対象となる。豊能郡能勢町豊能町南河内郡太子町河南町千早赤阪村泉南郡岬町は除く。
  3. ^ ディーゼル車に限らず、ガソリン・LPG車も規制の対象となる。但し中型以下の自動車、一部の特種用途自動車は規制の対象外となる。規制地域は神戸市灘区東灘区芦屋市西宮市(山口町船坂以北を除く)、尼崎市伊丹市。ただしこれらの市区町村でも工業専用地域・臨港地区は除く。

関連項目[編集]