等ラウドネス曲線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ISO226:2003の等ラウドネス曲線

等ラウドネス曲線(とうラウドネスきょくせん)は、音の周波数を変化させたときに等しいラウドネス(人間の聴覚による音の大きさ、騒音のうるささ)になる音圧レベルを測定し、等高線として結んだものである。

人の聴覚は周波数によって感度が異なるため、物理的に同じ音圧であっても、周波数によって感じる音の大きさが異なる。この聴感上の音の大きさをラウドネスと呼ぶ。

等ラウドネス曲線はISO 226として国際標準規格化されていたが、のちの研究により、特に1kHzより低い周波数域における誤差が大きいことがわかったため、2003年ISO 226:2003「Acoustics -- Normal equal-loudness-level contours」として修正された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]