不完全燃焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
左が不完全燃焼の火。右は完全燃焼している

不完全燃焼(ふかんぜんねんしょう、英語:incomplete combustion)とは、物質酸素不足の状態で燃焼すること。完全燃焼した場合はCO2と水が放出されるが、不完全燃焼を起こすと大量のすす黒煙)や一酸化炭素が生じる。転じて、人々が行う物事(スポーツや仕事など)が思うような結果が得られずに燻る様をいう。

排ガスとの関係[編集]

内燃鉄道車両のディーゼル機関車気動車船舶自動車(特に大型トラックバスなどのディーゼルエンジン車)などでは、発進時に思い切りアクセルペダルを踏み込んだ場合や高地で発生しやすく、加速が鈍くなる。その一方、木炭自動車では一酸化炭素を主成分とする関係で、不完全燃焼を起こす必要が生じる。 こうした未燃焼ガスが放出されると公害を引きおこすため、工場や車などでは排ガス処理装置を設置し無害化することが法律で規定されている。

関連項目[編集]